不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

かすみがうらマラソン2019エントリー期間

こんにちは、我等の川崎フロンターレが2018年J1リーグチャンピオンとなり上機嫌なダメリーマンです。先週の土曜日の試合では、アウェイでセレッソ大阪に敗れはしたものの、2位につけていたサンフレッチェ広島が敗戦した為、残り2試合を残して川崎フロンターレの優勝が決まりました。

川崎フロンターレJリーグ二連覇達成おめでとうございます!!

敗戦して優勝が決まるという何とも腑に落ちない状況ではございましたが、優勝セレモニーが行われる頃には、二連覇達成という喜びが込み上げてきましたね。

リーグは一年間通しての結果でもございますので、ここまで積み上げてきた物が結果として優勝という形になったという事で結果オーライでございます。

さて今回は、来年開催される「かすみがうらマラソン2019」のエントリーについて纏めてみたいと思います。

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2019

来年開催予定のかすみがうらマラソンの開催日は2019年4月14日(日)となります。

f:id:ichirokkets:20181112225334j:plain

参加カテゴリーは、フルマラソン・10マイル・5kmの三つのカテゴリーに分かれておりエントリーは先着順となっております。

各カテゴリーのスタート時間は以下の通りです。

  • フルマラソン(16,000人)9時50分スタート
  • 10マイル(6,000人)9時20分スタート
  • 5km(2,000人)10時30分スタート

制限時間はフルマラソン6時間10分・10マイル2時間・5km40分に設定されておりますので比較的完走率の高い大会の一つだと思います。

エントリー時期

一般エントリー期間は2018年12月5日(水)10時から12月11日(火)17時までとなっております。

エントリー方法はインターネットの場合はLAWSON DO SPORTSから申し込みを行います。またローソン・ミニストップ店頭のLoppiでの申し込みも可能です。

電話での受付も行っておりますが平日の10時~17時までですのでご注意下さい。

エントリーは先着順となりますので参加される方はお早めにエントリーをお済ませ下さい。かすみがうらマラソンは関東でも人気のある大会ですので毎年エントリー枠は直ぐに埋まってしまいます。

茨城県民の方は先行エントリーに参加出来ますのでそちらを利用すれば比較的簡単にエントリーする事が出来ます。

茨城県民先行エントリー期間は2018年11月21日(水)10時から11月30日(金)17時までとなっております。申し込み方法は、かすみがうらマラソンの公式ホームページより行う事が出来ますのでご確認下さい。

会場までのアクセス方法

大会会場は茨城県土浦市川口運動公園J:COMフィールド土浦になります。最寄りの電車の駅はJR常磐線の土浦駅より徒歩5分の立地にございますので移動は楽に出来ると思います。また都心からもアクセスがし易い事もあり人気のある大会です。

東京駅からJR上野東京ラインを利用すると乗り換えなしの1本で土浦駅まで到着する事が出来ます。乗車時間は凡そ1時間10分程度です。

大会当日は受付は行っておりませんので、事前に送付されるゼッケンや計測チップを用意して会場へ向かって下さい。

まとめ

エントリー時期が近い為、参加される方は忘れないようにして下さい。特に茨城県民先行エントリーは来週の21日(水)から開始されますのでカレンダーにでもチェックを入れておきましょう。

毎年大会当日は気温が高い為、熱中症で搬送される方もいらっしゃいますので体調には十分に注意をしてレースに参加するようにして下さい。

第28回坂東市いわい将門ハーフマラソン完走ブログ

こんにちは、香港往復航空券を6万円台で購入したダメリーマンです。少し前なら比較的安く買えていたチケットも最近は燃油サーチャージ代の値上がりも影響して近距離路線でも、お財布が痛い出費となりました。

そもそもエコノミークラスで往復6万円って中距離路線の相場のような気もしますが、今後はLCC航空も視野に入れて航空券を選びたいと思います。

さて今回は、昨日走ってきました「第28回坂東市いわい将門ハーフマラソン大会」のレポートを綴って行きたいと思います。

坂東市いわい将門ハーフマラソン

今年で28回目を迎えるこの大会は茨城県は坂東市で開催されております。坂東市ってどこよ?って毎回そんな話にもなりますが、茨城県の県南地域で常総市と利根川を挟んで千葉県野田市に隣接する街です。

少しアクセスに難はありますが、大会当日はつくばエクスプレス線守谷駅より無料シャトルバスも運行しておりますので、北は北海道、南は沖縄までと、都心からも多くのランナーが参加しております。勿論、駐車場もございますので自家用車でのアクセスも可能です。

茨城県最大のマラソン大会「つくばマラソン」の二週間前の大会という事で調整レースで出場する方も多くいらっしゃいますので、人気を集める大会でもございます。

レース結果

昨日は晴天に恵まれ絶好のマラソン日和となり、会場入りした時はひんやりとした空気で良かったのですが、スタート時間の10時頃は日差しも出てきて汗ばむ陽気となりました。

f:id:ichirokkets:20181111204840j:plain

日陰を走る分には気持ちが良いのですが、陽のあたる場所を走る時は少々しんどい感じで給水ポイントでは毎回水分補給をしないとパフォーマンスを維持する事が出来ません。

入りの1kmは混雑もあり4分20秒でその後はコンスタントに4分5秒~9秒ぐらいを刻む事が出来ました。当初決めていたペースよりもやや速いぐらいでしたが、身体的には無理なく走れておりましたので、このままフィニッシュ出来れば良いかな?と思っておりました。

ただ今回のレースで失敗した事は、エネルギージェルを持参するのを忘れてしまい補給は全てエイドステーションの水分補給頼りとなり、残り5km辺りから明らかにエネルギー切れが分かるぐらい失速しました。その時の1kmペースは4分25秒~30秒で身体的にもかなりしんどい状況で、これ以上ペースを上げる事も出来なかなったので、このスピードを何とか維持しながらフィニッシュする事が出来ました。

そして案の定、前回の水戸黄門漫遊マラソンのフィニッシュ後と同じように気持ち悪くなりましたが、今回はハーフという事で前回程の気分の悪さではなかったので、幾分マシな感じです。

たかがジェル1本されどジェル1本。ジェルが1本無いだけでこんなにもレース展開が崩れるとは思っておりませんでしたので、今回はある意味良い勉強になったと思います。ホント今後は忘れ物には注意しないとです。

まとめ

いわい将門ハーフマラソンは毎年参加している大会でもあり、つくばマラソンに出場する限りは毎年参加しております。

コースはアップダウンも少なく走り易いので、時期的にも記録は出やすいコースだと思います。

参加賞は、大会Tシャツと地元の農家で収穫されたレタス一玉、レース後にはアクエリアスと無料豚汁サービスがございます。完走者には完走メダルが頂けます。ハーフマラソンの大会で完走メダルが配られる大会は珍しいかもしれません。

都心からでも意外とアクセスはし易い場所ですので、気になる方は来年エントリーしてみて下さい。

第3回水戸黄門漫遊マラソン完走ブログ

こんにちは、先週末は「水戸黄門漫遊マラソン」を走ってきたダメリーマンです。今年の天候は去年の大雨とは違い絶好のマラソン日和となりました。

今年で3回目を迎えるマラソン大会ですが、約12,000人が走る大きな大会でもあり全国から多くのランナーが集まります。同日で開催される大会では、千葉県の「手賀沼ハーフマラソン」や神奈川県の「横浜マラソン」などもございますので参加者はある程度分散されているのかもしれません。

来年から「横浜マラソン」の開催日が11月2週目の日曜日になりますので、第4回大会はエントリー締切日も早くなりそうな予感もします。

さて今回は、そんな「水戸黄門漫遊マラソン」を走ってきた記録を記事にして行きたいと思います。

第3回水戸黄門漫遊マラソン

水戸黄門と大会名に付いている通り茨城県水戸市で開催されているマラソン大会です。茨城県の三大マラソン大会と言うと、「つくばマラソン」「かすみがうらマラソン」「勝田マラソン」ですが、今年で3回目を迎える「水戸黄門漫遊マラソン」は同じぐらいの規模の大会でもございます。

来年からは茨城四大マラソン大会と言われても良いかもしれません。ってか既に呼ばれている可能性もあるかもしれません。

参加カテゴリーはフルマラソンを始め5km・3kmの部がございますので、マラソンを始めてみたい方にも5km・3kmから挑戦出来るよう誰でもエントリーが出来るようになっております。(3kmは小・中学生のみとなります。)

そんな今年の水戸黄門漫遊マラソンは晴天の中、最高のコンディションでスタートする事が出来ました。

f:id:ichirokkets:20181029223527j:plain

水戸黄門漫遊マラソンを振り返る

朝はそれなりに冷え込んでおり、着ていく服装に悩むぐらいの気温でしたがスタート前は日差しが出るとやや汗ばむぐらいの気温まで上り、後半の粘りが重要なレース展開になりそうな予感はしてました。

この大会は第1回から参加しており、現在のPB(パーソナルベスト)を記録した大会でもございますので、比較的相性の良いマラソン大会だと自分自身は思っております。

ただ今回は練習不足という事もあり記録は狙える状態ではありませんでしたので、飽くまでも練習で追い込んで行く方向でペースを刻んで行く方針でした。

スタート前での放送でアドバイスがあったように、このコースは後半が勝負と言われておりましたので前半は極力ペースを抑えて、後半に脚を残す作戦でスタートしました。

入りの1kmは参考になりませんが2km以降はキロ4分30秒~40秒近辺でラップを刻む事が出来ており、予定通り走る事が出来ております。前半から中盤までは割りと起伏もありませんのでペースが掴みやすいのも良かったかもしれません。

ハーフ地点通過後も多少脚が重くなり始めてきましたが、全然押して行ける状態でしたので、まだ脚は使わないで後半10kmでネガティブスプリットを決め込んでやろうと思っておりそのままのペースで32kmまで走っております。

※ネガティブスプリット=前半のラップよりも後半のラップが速くなる

ただ30km以降はやはり壁がチラホラ顔を除かせており、恐らく顔面の表情も険しくなりはじめた頃だと思います。

結局は32km以降の残り10kmは徐々にペースダウンしておりネガティブスプリットを記録する事は出来ませんでした。前半から中盤のラップタイムと比べて1km辺り約8秒~10秒遅れるラップとなり苦しい展開となりました。それでもこの苦しさが必ず次の大会に活かせると信じて、自分なりに結構追い込みました。

それでも最後1kmの坂はかなりヘロヘロな感じで走っておりましたので、3回目にしてあの坂を攻略出来ていないので、どうすればスイスイ上れるのか誰かに教えてもらいたいものです。

結果としては、3時間19分??秒(グロス)でしたので、練習に重きを置いて参加した割りには良い結果だったのかもしれません。

今大会の反省点

どんな大会に出場しても毎回反省は付き物ですが、今回はフィニッシュ後に気分が悪くなり吐きそうになりました。(実際は吐いてませんが)

原因は後半から気温も上り若干脱水ぎみだったかもしれません。後半は喉が渇くことが多く、走っていても気分があまり良くなかったので、今後は体調の変化も考えながらレースに臨みたいと思います。

殆どの給水所で水分は採っていたのですが、気温の上がる大会の難しさでもあり勉強になりました。

まとめ

今回の水戸黄門漫遊マラソンは前回大会に比べて、私設エイドの数が多くございました。各メーカー企業様や地元企業様が各々エイドを設置してくれていたお陰様もあり、ランナーとしては大変有り難かったです。

またボランティアスタッフの方々から沿道の応援の方々まで沢山の方が協力して頂いたお陰様で無事完走する事が出来ました。

第3回大会は水戸ならではの「おもてなし」を感じる事が出来た大会でしたので、参加を検討されている方にはおススメの大会です。

勝田マラソン周辺のホテルをご紹介

こんにちは、未だに時差ボケが治らないダメリーマンです。普段の通勤電車で寝る事はないのですが、急激に眠くなって一瞬にして落ちてしまう事もしばしばあり、早く通常サイクルに戻って欲しいと願うばかりです。

またトイレ(大)のサイクルもズレており、朝に出る事はなく夕方に出したくなる日がここ三日間続いております。何とかこの週末で全てリセット出来ると良いのですが、果たしてどうなるでしょうか。

さて今回は、昨日「勝田マラソン」の記事に引き続き、遠方から遠征されるランナーの方々にJR勝田駅周辺の宿泊施設をご紹介したいと思います。

JR勝田駅東口周辺の宿泊施設

勝田駅周辺に比較的多くのビジネスホテルがあり、勝田マラソン会場に近い為立地も良い場所にあります。

特に立地抜群のホテルは、表町商店街の通り沿いにある「ホテルクラウンヒルズ勝田表町店」で勝田駅より徒歩約7分で、会場の「石川運動ひろば」までは徒歩で約3分の立地となります。

スタート地点の前なので、ギリギリまで部屋で準備も出来ますしトイレや荷物預けの時間も気にせずにストレスフリーでレースに臨める最高の場所だと思います。

ホテルクラウンヒルズ勝田 表町店(BBHホテルグループ)

当然立地が抜群なだけにお部屋も満室になりますので、お早めにご予約下さい。仮に満室の場合は勝田駅前に「勝田2号元町店」がございますので、こちらも合わせてご確認下さい。

ホテルクラウンヒルズ勝田2号元町店(BBHホテルグループ)

JR勝田駅西口周辺の宿泊施設

一番便利な通りは東口側になりますが、「ライフイン勝田駅西」は西口から徒歩約1分の場所にございます。線路を挟んで向こう側にはなりますが、大して変わらないと思いますのでこちらのホテルも参考にしてみて下さい。

ライフイン勝田駅西

マラソン大会当日は各ホテル共に満室の可能性が高いので、こちらのホテルも恐らく満室になるかと思います。

上記で紹介したホテルの他にも少し離れた場所にも幾つかホテルはございますので合わせて参考にしてみて下さい。

JR水戸駅周辺の宿泊施設

勝田駅周辺のホテルが全て満室で予約が取れない場合は、一駅離れたJR水戸駅周辺でホテルを探すのもアリだと思います。水戸駅から勝田駅の移動はJR常磐線で一駅ですので移動は意外と便利だと思います。

水戸京成ホテル

「水戸京成ホテル」はJR水戸駅より徒歩約3分の立地にあり、周辺にはコンビニや飲食店も多く便利なホテルです。ここのホテルは「水戸黄門漫遊マラソン」開催時にも、とても便利な立地のホテルですので、おススメのホテルでもございます。

水戸駅周辺には「東横イン」や「アパホテル」もございますので、勝田駅周辺が満室で予約が取れない場合は水戸駅周辺で探してみて下さい。

まとめ

遠方から飛行機や新幹線で遠征される方はどうしても現地で一泊は必要になりますので、マラソン大会に参加する方はお早めに予約をお済ませ下さい。

新幹線の場合はJR小山駅よりJR水戸線での移動となり、時間的にちょっとアクセスに難はありますが、飛行機の場合は茨城空港から水戸・勝田方面行きのバスの発着もございますので飛行機でのアクセスも検討してみて下さい。

第67回勝田全国マラソンエントリー開始

こんにちは、つい先日までロンドンに渡航していたダメリーマンです。なのでこの数日間はブログを更新する事が出来なかったので、今日は久しぶりの更新となります。まぁ何かと面白い事が多かったロンドン渡航に関する記事はうんざりする程のネタを仕入れてきましたのでお楽しみにしていて下さい。

さて今回は、ロンドン旅行記の前に既にエントリーが始まってしまっている「第67回勝田全国マラソン」について纏めてみましたのでエントリーの参考にしてみて下さい。

勝田全国マラソン

来年で67回目の開催を迎える勝田マラソンは歴史ある大会の一つでもあります。開催日は、毎年1月最終週の日曜日となっており、第67回大会は2019年1月27日(日)となっております。

一般エントリーは2018年10月15日(月)より始まっており、先着順となっております。数年前までは人数制限を設けていなかったのですが、近年のマラソンブームにより参加人数も急激に増加してきた為、人数制限を設ける形となりました。

茨城県内の大会で3本の指に入る人気の大会でもあり、「つくばマラソン」「かすみがうらマラソン」「勝田全国マラソン」と茨城三大大会の一つでもあります。

その中でも比較的エントリーがし易いのが勝田全国マラソンであり、エントリー開始日に定員になる事はここ数年ございません。

2018年10月18日(金)現在でもエントリー枠は残っておりますので、参加を検討されている方はお早めにエントリーを済ませて下さい。

参加カテゴリー

カテゴリーは大きく分けてマラソンの部と10kmの部になっており、この中でも男子と女子で分けられます。

  • マラソン男子(10時30分スタート)
  • マラソン女子(10時30分スタート)
  • 10km男子(11時10分スタート)
  • 10km女子(11時40分スタート)

マラソンの部の定員は男女合わせて15,000人で10kmの部の定員は10,000人となっております。近年マラソンの部に関しましては定員締め切りになっておりますので参加される方はお早めに申し込みをしておきましょう。

マラソンの部の制限時間はスタートから6時間制限となっているので、通常の市民マラソンの平均的な制限時間だと思います。

アクセス方法

大会会場の最寄りの駅はJR常磐線の勝田駅より徒歩約10分の所にある、「石川運動ひろば」になります。駅をおりてから沢山のランナーが歩いているので一緒について行けば迷う事はないと思います。

また勝田駅より無料シャトルバスも運行しておりますので、こちらも利用する事が出来ます。

フルマラソンのスタート時間が10時30分という事で他の大会に比べてスタート時間が遅いのも遠方の方にとっては有り難い事でもございます。

都内からJR常磐線でアクセスしてもスタート時間には間に合う電車で移動出来ますので日帰りで遠征出来る大会です。

JR東京駅からJR勝田駅に向かう場合はJR上野東京ライン(宇都宮行き)の6時51分発の電車に乗れば9時15分に勝田駅に到着します。

東京駅(JR上野東京ライン)ー上野駅(JR常磐線に乗り換え)ー勝田駅

そして歩いて会場まで向かう時間を考えたらスタート1時間前には会場入りする事が出来ます。

当日の受付はなく事前にナンバーカードと計測チップが送付されますので当日忘れる事のないようお気を付け下さい。

私は長年勝田マラソンに参加をしておりますが、大体スタート1時間前ぐらいに到着すれば問題なく準備が出来ております。仮設トイレに関しましてもいたる場所に設置しており、常に並んではおりますが比較的回転率が速いので特に問題はないかと思います。

荷物預かりの列に関しましてもそんなに時間がかかった記憶はございませんが、不安な方はもう少し早めの電車で移動する事も出来ますのでご確認下さい。

※荷物預かりは100円が必要ですので予めご用意しておいて下さい。

まとめ

勝田は水戸の次の駅となっており、アクセスに時間はかかりますが都内からも多くのランナーが参加しております。上野駅から特急ひたちを利用すれば更に早く到着しますので、早く会場入りしたい方は特急ひたちを利用すると便利だと思います。

ちななみ特急ひたちを利用した場合の上野ー勝田間の移動時間は約1時間40分となります。

年明け早々フルマラソンの大会ですが、気候も良くベストコンデョションの時期ですので勝負レースに設定するのも良いかもしれません。また2月・3月の大会に向けた調整レースとして参加するのもアリだと思います。

【スポンサーリンク】