不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

メトフォンCリーグ観戦記

こんにちは、海外に渡航した際にその国のプロサッカーリーグの試合が開催されていれば必ず観戦しに行くダメリーマンです。渡航の目的がサッカー観戦ではないので、毎回観戦出来るとは限りませんが、今の所コンスタントに観る事が出来ております。

今まで偶々観戦する事の出来たリーグは、シンガポールプレミアリーグ、香港プレミアリーグ、メトフォンCリーグの3つのリーグのみで、海外サッカー観戦の経験値としては、まだまだひよっこレベルでございます。

そして先日のプノンペン渡航の際に、カンボジアのプロサッカーリーグ「メトフォンCリーグ」の試合が開催されておりましたので、観に行く事にしました。

今回はその時の様子とアクセス方法などについて纏めてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

メトフォンCリーグ

2019年のカンボジア国内サッカーのトップリーグでもあるメトフォンCリーグは14クラブで構成されております。

殆どのクラブが首都プノンペンを本拠地としている為、週末プノンペンにいれば比較的高頻度でサッカーを観戦する出来ます。

シーズンは秋ごろまで行っており、リーグ以外にもフン・セン・カップというカップ戦も開催されておりますので、意外にもカンボジア国内ではサッカー文化が少しずつ根付いてきております。

有名な話でカンボジア代表監督にあの本田圭佑さんが現役選手でありながら監督に就任するなど話題にもなりました。カンボジア代表のFIFAランクは現在169位で年々少しずつですが順位を上げてきておりアジアでも頭角を現してきております。

近年東南アジア地域でもサッカー人気が過熱してきており、それに伴いタイやベトナムからもAFCチャンピオンズリーグに出場するクラブが増えてきました。

これから益々アジア地域でのサッカー熱は各国共に凌ぎを削りながら成長していく地域だと思いますので、今後アジアワールドカップ予選に関しましても激戦が予想されます。

EDC VS プノンペン・クラウンFC

今回私が観戦した試合は、「EDC VS プノンペン・クラウンFC」でどちらもプノンペンに拠点を置くクラブとなります。スタジアムはEDC側のホームグラウンドでもあるEDCスタジアムで開催されました。

f:id:ichirokkets:20190623205841j:plain

EDCは略で正確には、「エレクトリック・デュ・カンボッジFC」と長いクラブ名となっております。

開催日時は2019年6月15日(土)15:30キックオフで、東南アジアの暑い地域にも関わらず炎天下の中試合を行うわけですから非常にタフな試合になる事が予測出来ます。

それでも向こうの選手は暑さに慣れているのか前半からガンガン走りますので、正直圧巻でしたね。(笑)そして後半もそれほどパフォーマンスが落ちる事なく、飲水タイムすら設けておりませんでしたので選手自体がタフなんでしょうね。あの気温と湿度であれだけ走れるのであれば、日本でも通用しそうな気がします。

サッカーのレベルは想像していたよりも上回っており、率直な感想は上手い選手が多いです。中には外国籍の選手もいますがカンボジアの選手も良いプレイが随所に見る事が出来ました。

そしてプノンペン・クラウンFCには日本人選手も在籍しており、この春からJ3福島ユナイテッドFCから移籍した三橋秀平選手がスタメンに名を連ねておりました。後半途中交代でピッチを後にしましたが、試合中は一際目立つプレイも多く日本人らしいプレイスタイルは直ぐに分かりました。

試合結果は0-5でアウェイのプノンペン・クラウンFCが圧勝となりましたが、ゲーム全体を見てもここまで点差が開く程のレベルの差は感じませんでした。

EDCスタジアムまでのアクセス方法

EDCスタジアムはプノンペンの中心部から北側の方にあり、徒歩で行くには少し離れております。セントラルマーケットより北へ約3km行った場所になります。

中心部からであればトゥクトゥクで移動するのが一番手っ取り早いと思います。料金は距離で考えても3~4USDぐらいではないかと思います。交渉次第では2USDぐらいで行けるかも?実際自分はトゥクトゥクを利用していない為、料金はあくまでも予想ですのでご了承下さい。

ちなみに私の移動方法は走っても良かったのですが、プンペン市内は交通量も多く交通ルールがカオスなので轢かれる危険性もある事から、01番の路線バスを利用しました。路線バスの乗り方は下記の記事でも紹介しておりますので参考にしてみて下さい。

www.danganensei.com

路線バスは1回1500リエル(日本円で約40円)で乗車出来るのでコスパは最高です。ただEDCスタジアム近辺にはバス停がない為、バスを降りてから約8分歩きますがそんな遠い感じはしませんでした。

降車するバス停はトレン・サップ川を渡るチョロイチャンバー橋の手前のバス停で降りました。ここから向こう側の道路に渡るのには交通量が多くて苦労しましたが慣れればなんて事はないと思います。

f:id:ichirokkets:20190623205131j:plain
スタジアムの入り口は微妙な感じですが、入り口で係の人が「フットボール?こっちだよ」と教えてくれたので入りやすかったです。メインの入り口はそのまま素通りで50m先に進むと一応ロープで仕切られている場所がありここがチケット売り場と入場口になります。

f:id:ichirokkets:20190623205226j:plain

f:id:ichirokkets:20190623205343j:plain

f:id:ichirokkets:20190623205739j:plain

何とも適当な感じですが、チケットを購入しないと当然中には入れません。チケットの料金は5000リエルでしたので日本円で約150円ぐらいでしょうか。安いです。(笑)

f:id:ichirokkets:20190623205449j:plain

スタジアムは至って寂しく日本でいうと高校生や大学生が試合を行う規模ぐらいだと思って頂ければと思います。観戦エリアも簡易的な感じで座席数も詰めて100人ちょっとぐらいでしょうか?その為グランドと近いのでサッカーの臨場感は味わう事が出来ます。

f:id:ichirokkets:20190623205541j:plain

ボールパーソンは一応おりますが人数が少ない為サポーター近辺に転がってきたボールはサポーターが投げたりしてました。(笑)

ちなみに隣接するカンボジア王国軍競技場、通称アーミースタジアムはもう少し立派なスタジアムになります。

f:id:ichirokkets:20190623205632j:plain

この日はアーミースタジアムでも18時から別の試合も開催しておりましたが、私は翌朝が早い為1試合のみで帰る事にしました。本当は観戦したかったんですけどね。

まとめ

やっぱり異国の地でその国のサッカーを観戦出来るって良いですよね。自分はサッカー観戦を目的とした渡航は川崎フロンターレ戦か日本代表戦しか考えておりません。

偶々試合が開催されていれば行こうというスタンスなので、タイミング次第なところはあります。

去年ロンドンに行った際は代表戦ウィークだった事もあり試合開催がなかったので残念ではありましたが、今後も渡航する際は必ずその国のサッカーリーグを調べて観戦出来るものに関しては必ず行きたいと思います。

ダイエット本気でやり始めた理由

こんにちは、ここ最近体重の増加が著しいダメリーマンです。この数年人間ドックを受診する以外で体重計の乗る事が殆どなく、体重にはだいぶ無頓着な生活をおくっておりましたので、先日滞在先のホテルに丁度良い体重計があったので試しに乗ってみたら、まぁ~大変とんでもない数字を叩き出しまして、そこから本気で減量いわゆるダイエットを始めようと決意したのでした。

そんな新な決意をしたからには、ある程度のプレッシャーも感じながらでないと成果は出ませんのでこのブログを通して報告させて頂きたいと思います。

現在の自分を知る事から始めよう

ダイエットの切っ掛けって人によって様々だとは思いますが、私の場合は先程も申し上げました通り、体重計に乗って今の自分の体重を知ってしまったのが切っ掛けでした。ここでは全く隠すつもりもございませんので、先週の日曜日に計った体重は63.9kgでした。

f:id:ichirokkets:20190623204843j:plain

ほぼ64kgなのですが、理想の体重は私の身長から計算して約62kgですので2kg程オーバーしている状況です。

また自分自身で感じている理想の体重は57kg台がベストだと思っておりますので、過去の自分の体形を取り戻すべく、この度は本気で取り組みたいと思ってます。

毎日体重を計る

まだ計り始めてから三日目でございますが、意外と毎日体重を計るのは楽しいかもしれません。その日によって全然体重が違うのも謎が多い点ではございますが、続けて行くにつれれてその謎も徐々に解き明かされるものと思われます。

体重を計り始めて三日間の記録を記しますね。

初日:63.3kg

二日目:64.2kg

三日目:62.9kg

これを見て面白い点は二日目に1kg増えて三日目に1.3kg減るという何とも未知数な状態になっております。ちなみに体重を計る時は晩御飯を食べる前のお風呂上りで計るようにしております。その時は衣類は着用しておりませんので無駄な重さは全て取り除いた状態です。ようは産まれた時のままの姿というわけです。(笑)

これから毎日意識しながら続けて行きますが、毎日体重計に乗る事によって少しずつ成果が出てるとやっぱり楽しいですよね。やっぱりダイエットも楽しまないとです。

よく体重計に怖くて乗れないという人もいるとは思いますが、まずは自分を知る事です。体重計に乗らずしてダイエットを始めても数字の変化を感じる事が出来ないので、恐らくダイエットは長続きしないと個人的には思います。

カロリー制限

ダイエットに必要不可欠なのがカロリー制限ですが、無茶な制限は身体を壊してしまいますので気を付けたいと思います。

完全なる自己流ではございますが、一日の摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする事が重要ですね。消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと余分に消費されなかったカロリーは身体に蓄積されて行きますのでこれが体重増加の原因となります。

体重を減らすのであれば、当然摂取カロリーよりも消費カロリーを上げる事が必須なので身体を動かしながらカロリー制限をかけていくとより効率が良いと思います。

私は今まで間食や腹十二分目まで食事をしておりましたので、これからは間食はしないで腹八分目に抑えて行きたいと考えております。

そして運動は今まで通りランニングを行いながら消費カロリーを上げて行きたいと思います。

まとめ

マラソンでサブスリーを目指し始めて一番ネックだったのが体重でした。重いとスピードがのらない他、息も上がりやすくタイムが出ません。

一番調子が良かった時の体重は57kgでしたので、まずはこの57kgを目指しながらマラソン練習にも励みたいと思います。

目標は6kg減となりますが、健康的に減量して行く事がモットーでもございますのでくれぐれも体調は崩さないよう注意しながらダイエットを続けて参ります。

この記事を読んで思い立った方はこれを切っ掛けに一緒に頑張りましょう!!と誘ってみたり。(笑)

プノンペン国際ハーフマラソンを走ってきた

こんにちは、先週末はカンボジアはプノンペンで開催されました「プノンペン国際ハーフマラソン」に参加してきたダメリーマンです。前からこの大会は気になっており、今年はスケジュールの都合も付いたので参加する事が出来ました。

プノンペンと聞くと一見アクセスに時間がかかると思われがちですが、成田からANAの直行便が一日一往復運航しており、片道5時間30分から6時間前後で移動出来る為、意外と簡単に行く事が出来ます。

今回はそんな「プノンペン国際ハーフマラソン」に参加してた時の記録をブログに残しておきますので、今後参加される方の参考になればと思います。

プノンペン国際ハーフマラソン

今年の開催日は2019年6月16日(日)となっており、毎年だいたい6月の3週目の日曜日に開催されております。今年で9回目を迎えるこの大会は徐々に認知度も高くなっており、日本人ランナーの参加者も目立ちました。

レースカテゴリーは、ハーフマラソンを始め10kmと3kmの3種目に分かれております。(3kmに関しましては親子ファンランになります)

各カテゴリー毎の制限時間もゆるいので初心者ランナーの方も制限時間のプレッシャーを感じる事なく走れます。ちなみにスタート時間と制限時間は下記の通りとなります。

ハーフマラソン 6時スタート(制限時間3時間)

10km 6時10分スタート(制限時間1時間30分)

3kmファンラン 6時15分スタート(制限時間45分)

プノンペンは一日中暑い為、少しでも涼しい時間帯でのスタートという事で上記のような設定となっております。

日本との時差はプノンペンはマイナス2時間となります。

大会会場と受付場所

会場と受付場所は王宮前の「ロイヤル・パレス・パーク」となっており、スタート地点・フィニッシュ地点共に同じ場所となります。

大会受付はレースウィークの金曜日と土曜日の二日間のみで大会当日の受付は行っておりませんのでご注意下さい。受付時間は両日共に9時~17時までとなっております。

f:id:ichirokkets:20190620232649j:plain

f:id:ichirokkets:20190620232730j:plain

会場近辺は宿泊施設も多い為、会場近くに宿泊すればアクセスはスームズだと思います。私は約1km離れたマリオットホテルコートヤードプノンペンに宿泊致しましたので、朝の移動は歩いて10分少々かかりましたが準備運動にもなりましたのである意味良かったです。

f:id:ichirokkets:20190620233333j:plain

参加賞は大会Tシャツとドリンク・ビール・マッサージ交換券が頂けます。

レースを振り返って

東南アジアの大会って基本的に暑いので体力的には厳しいですが走り終えた時の達成感は普通のマラソンと何か違うものを感じます。

今年は曇り空という事もあり若干涼しい朝を迎えましたが、走り出せば当然のごとく滝汗状態でハーフマラソンとは言えかなりハードな大会だと思います。

エイドステーションは約2km毎に設置しておりますので心配はございません。冷たいペットボトルの水が提供されます。

スタートしてから暫くはキロ4分25秒ぐらいを刻んでおりましたが、早々に暑さにやられたのかスピードを乗せる事が出来ずにいきなり苦しい展開が待っておりました。まぁ暑いのでスピードも出ないのは分かっていたのですが、それにしても身体が重くこの先が思いやられるのかと想像しながら、少しペースを落としました。

丁度10km過ぎた辺りから身体はだいぶ堪えており、現状のペースを維持する方向で走っていたのですが、都市部から離れると犬の出現率が上がり、いたる所に犬がいます。流石に東南アジアの犬は狂犬病を持っている可能性もある為、正直犬好きの私も「怖い」が先行してしまい、なるべく目は合わせないように走り抜けました。

犬は特に何をしてくるわけでもなく、普通に走っていれば何もしてきませんので大丈夫だと思いますがそれでも怖いですね。ただ犬が苦手の方はかなりの恐怖だと思いますのでよく検討した上でご参加下さい。ちなみに10kmのコースは殆ど犬に出くわす事はないかと思います。

仮に犬に追われるような事があれば必死で走ると思いますので、記録を伸ばしたい方には良いかもしれませんね。(笑)

後半の13km以降は10kmのランナーと合流する為人口密度が上がります。カンボジア人の皆さんは10kmに参加されている方も多く、既に歩いている方ばかりですので我々ハーフマラソンのランナーは人混みを縫って走らなければならないので注意が必要です。

また、交通量が多い道路を通過しますのでスタッフやお巡りさんが交通規制をしてくれてますが、それを無視して走ってくる車やバイクがございます。極めて危険ですので後半交通量が増えてくる道路では十分に注意をしながら走らないと轢かれます。(笑)

場合によってはこちら側が止まって通過を待った方が良い時もあるので自分の命は自分で守りましょう。

残り3kmぐらいはコース幅も広く走り易いので気持ちよくフィニッシュする事が出来ますので最後の力を振り絞ってスパートをかけましょう。

そんな私のタイムはここ数年のハーフマラソンのタイムではワースト記録となり、1時間40分をオーバーしてしまう記録となりました。まぁ記録を狙う大会にしては色々とリスキーなので記録よりも記憶に残る大会の方が参加しやすいかと思います。

完走すると完走メダルを頂けます。

f:id:ichirokkets:20190620232906j:plain

エントリー方法を紹介した記事もございますので合わせて参考にしてみて下さい。

www.danganensei.com

まとめ

今回参加した「プノンペン国際ハーフマラソン」は色んな意味で非常に楽しめる大会でした。スタート時間は一応設定されておりますがハーフマラソンの号砲は5分遅れるなど、結構適当な感じである意味リラックス出来ました。

そして先程もお伝えした通り、犬の出現率と交通規制などアドベンチャー的な要素がナチュラルに満載しておりますので、今までにないようなマラソン大会を体験出来るのもこれまた魅力的な大会だと思います。

個人的にはまたチャンスがあればリピートしても良い大会だと思いますので、気になる方は来年検討してみるのもアリだと思いますよ。

DNSエナジージェルを使用してみた感想

こんにちは、今週に入り何だか慌ただしくなってきており週末渡航に向けての準備が何も出来ていないダメリーマンです。こうしてブログを書いている場合ではないのですが、多忙な時ほどブログを書きたがる非効率な性格は治したいものです。(笑)そして一番削りやすい時間は睡眠ですので、あまり良いとは言えない生活スタイルですね。

さて今回は、先日参加しました「二子玉川マラソン」の参加賞で頂いたエナジージェルを早速使ってみましたので紹介したいと思います。

DNSエナジージェル

DNSエナジージェルは株式会社ドームが販売する商品の一つです。DNSって何?まさかDo not start?みたいに見えてしまいますが、Dome Nutrition Systemの略だそうです。

そんなDNSエナジージェルを試す切っ掛けとなったのが、先日参加しました「二子玉川マラソン」の参加賞でランナー全員にDNSエナジージェルが配布されました。

f:id:ichirokkets:20190609214157j:plain

このジェルは、スタート前もしくはレース中に摂取すると良いとの事でしたので、折角なのでスタート前に摂取して試してみる事にしました。

パッケージは赤色基調で今までに見た事ないデザインでしたので、第一印象はカッコイイ!!と思いました。エナジージェルのパッケージにかっこ良さは必要なのか分かりませんが、見た目が良いので店頭に並んでいても目立つ商品ではないでしょうか。

気になる味覚

エナジージェルってこのブログでも散々紹介してきましたが、そろって出てくる感想が喉越しが悪いという事。幾つかの商品は多少マシな物もございますが、殆どの商品が喉越し悪しです。

そしてこのDNSエナジージェルも喉越しは決して良い方ではありません。なので水などの水分と一緒に摂取すると飲みやすいと思います。

今回飲んだ味は「ハニーレモン風味」でレモンよりもハチミツの味がより出ていた感じでした。なので味的には少し甘酸っぱいハチミツを直に舐めているみたいで、味は抵抗感なく飲めるジェルだと思います。

エナジージェルの成分

そして重要な内容量ですが、1パウチ41gで270円(税込)となっております。

他の代表的な成分は、エネルギー134kcal・炭水化物28.9g・マグネシウム50mg・カフェイン100mgとなっております。

我々が一番気にするカフェイン量ですが、このDNSエナジージェルには100mg入っておりますので他社の商品に比べてもカフェインの量は多いと思います。

比較対象としてパワージェルのグリーンアップル味に入っているカフェイン量は1パウチ辺り25mgになりますので、DNSエナジージェルは4倍の量のカフェインが一度に摂取出来るという事です。

使ってみた感想

私はレース前に飲んでみましたが正直レース前だとあまり体感する事は出来ませんでした。やはりカフェインが100mgも入っている物はどちらかと言うとレース中に飲む方が体感はし易いのかな?と個人的には思います。

特にマラソンで言うと30km以降の疲労対策として利用するには非常に良いジェルだと思います。カフェインは身体が悲鳴を上げてくる辺りに飲む事によって感覚的も体感し易いので、今度はフルマラソンの時に1回試してみたいと思います。

もしくは全ての補給をDNSエナジージェルにしてみても面白いかもしれません。

まとめ

今回初めてこの商品を使ってみましたが、暫く色んな物と組み合わせて今後も使用して行きたいと思います。

ここのメーカーはエナジージェルの他にもプロテイン・アミノ酸・サプリメントなどの商品も豊富に取り揃えてますので、暫く使用してみて気に入ったらプロテインとかも試してみたいと思います。

萩・石見空港マラソンで空港滑走路を走ろう

こんにちは、毎年同じマラソン大会に出場するのも自分の成長を確認する為に良い事かなぁ~なんて思っているダメリーマンですが、偶には違ったマラソン大会に出場して刺激を受けたいものです。

今年も半分以上は毎年出場しているマラソン大会に参加をする予定ですが、ちょっと気になる?いやかなり気になるマラソン大会がありましたので即決でエントリーをしました。(笑)

今回は大会概要を見ただけで刺激を受けてしまったマラソン大会を紹介したいと思います。現在もエントリー中ですので気になる方は参考にしてみて下さい。

萩・石見空港マラソン

今年で12回目を迎える「萩・石見空港マラソン」の開催は2019年10月20日(日)となっております。

このマラソン大会の何が刺激的かと申しますと、タイトルにもあるようにコースの一部に空港の滑走路が使用されます。

そうなんです!!空港の滑走路を走ってしまうんですよ!!普通は入れないエリアを堂々と自分の足で走ってしまいます。これ航空ファンには堪らないコースですよね。ましてや航空ファン+マラソン中毒者の私にとってみたら何で今まで参加しなかったのか不思議でなりません。(以前からこの大会の存在は知っておりました)

そんな萩・石見空港マラソンは現在もエントリー受付中でございます。受付期間は2019年5月1日~7月31日までランネットで行っており定員となり次第締め切りとなりますので参加したい方はお早めにエントリーをお済ませ下さい。

ちなみにハーフマラソンは日本陸連公認コースでございます。

参加カテゴリーは、ハーフマラソンと10kmの2種目でどちらのコースも空港滑走路を走るコース設定ですのでご安心下さい。

エントリー代も平均よりもリーズナブルでとても良心的で、ハーフマラソン・10km共に3,500円となります。

そして今年のゲストランナーは箱根駅伝で3回の優勝に貢献した東洋大学出身の柏原竜二さんが来場してくれる予定となっております。

萩・石見空港マラソン公式ホームページ https://www.airport-marathon.jp/

※滑走路を走る上での諸注意が公式ホームページに記載されておりますので必ずご確認下さい。特にスマホやカメラ、携帯オーディオプレイヤーなどの取り出しは禁止されております。なので残念ではございますが、滑走路内では写真を撮る事が出来ません。またポケットには何も入れずに手にも何も持たないで下さいとの事です。

会場までのアクセス方法

大会会場は島根県立万葉公園がスタート・フィニッシュ地点となっております。萩・石見空港からは約1.5kmですので徒歩で移動可能ですが、我々のような遠方から遠征するランナーは益田駅前の宿泊ホテルからの移動となりますので、大会当日の朝はどのように移動しようか迷いますね。

益田駅周辺から会場の万葉公園までは3kmないぐらいですのでタクシーなら直ぐに着くと思いますが、我々ランナー目線からするとウォーミングアップがてら徒歩もしくはジョグで会場入りしても良いぐらいの距離だと個人的に思います。とか言いつつもレース前に疲れたくないのが本音です。(笑)

大会後の当日に帰宅する方はそのまま空港に向かう方が時間も短縮出来ると思いますので、空港まで1.5kmの距離を身体をほぐしながら歩くのも良いかと思います。

ちなみに萩・石見空港から益田駅までは航空機の発着便に合わせて空港連絡バスが運行しておりますので、空港⇔益田駅間はこちらを利用すると便利です。片道330円です。

※航空機の発着便に合わせての運行となりますので一日2往復になります。

飛行機で移動される方

私も当然飛行機で移動するのですが、羽田⇔萩・石見間は一日2往復しかございません。ちなみにこれ以外のフライトはございませんので、羽田空港以外の空港からの直行便はございません。

大会が開催される10月20日のフライトスケジュールは以下の通りとなります。

ANA575 羽田10:45ー萩石見12:20
ANA576 萩・石見13:00ー羽田14:30

ANA1103 羽田15:30ー萩石見17:05
ANA1104 萩・石見17:45ー羽田19:20

前日の大会受付はございませんが羽田から行く場合はどちらにしても1泊は必要になります。帰りの便は13時か17時45分が選べますので、大会後ゆっくりしたい方は夕方の便が良いと思います。

島根県だから遠いイメージはございますが、こうして見るとスケジュール的にも組みやすく空港からのアクセスも良いので1泊2日で気軽に参加出来る大会だと思います。

まとめ

年に1回ぐらいは国内で地方遠征したいと思っておりましたので丁度良い大会を見つける事が出来ました。ここ3年間は毎年北海道に年1回行って走っておりましたので、今年は西日本を選んでみました。

来年もどこか別の場所を選んで参加してみたいと思っておりますので1泊2日で参加出来るようなマラソン大会を今後も探してこのブログで紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】