不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

香港マラソン2019エントリー期間が発表になりました

こんにちは、今週はモチベーション高く追い込み練習が出来ているダメリーマンです。先月に比べれば夜もだいぶ涼しくはなってきましたが、まだまだ大量の良い汗をかいております。

スピード練習は気温が高いせいか精神的にもキツイので1km~2kmぐらい追い込みながらインターバル走を意識して徐々に1kmあたりのタイムを上げて行きたいと思います。9月に入れば全国各地でもマラソン大会が増えてきますので、まずは10月までにはある程度まで身体を仕上げておきたいものです。

さて今回は、今月中旬に発表予定でもありました「香港マラソン2019」のエントリー開始日程が発表になりました。今年も前回大会同様にプライオリティエントリー(優先枠)と一般エントリーに分かれておりますので纏めてみたいと思います。

香港マラソン2019エントリー開始日

香港マラソン2019の開催日は2019年2月19日(日)の予定でございます。フルマラソンのスタート時間はウェーブ方式の3段階に分かれており、6時10分・6時35分・7時00分となっております。

そして肝心のエントリー開始日は2018年9月12日(水)10時00分(香港時間)からとなっております。日本と香港の時差はマイナス1時間ですので、日本では11時00分からのエントリーとなります。

全カテゴリー同じ9月12日(水)からのエントリーとなりますが、締切日が異なりますのでご注意下さい。

f:id:ichirokkets:20180816235051j:plain

一般エントリー(Public Ballot)

今年も恐らくエントリーが殺到致しますので一般エントリーは抽選になる可能性がございます。エントリー期間は2018年9月12日(水)~9月29日(土)19時まで(香港時間)となっております。先着順ではございませんので慌ててエントリーする必要はございません。参加される方は上記の期間内に申し込みを行って下さい。

エントリーフィーは我々外国人は香港在住者とは異なりますのでご注意下さい。

  • フルマラソン:70USD
  • ハーフマラソン:65USD
  • 10km:60USD

抽選発表は2018年10月15日(月)10時より申し込み時に記入したメールアドレス宛てに抽選結果が届きます。

支払い期限は2018年10月22日(月)23時59分までに決済を行って下さい。これ以降は出場権が無効になりますのでご注意下さい。

第二抽選の結果は2018年10月26日(金)10時より申し込み時に記入したメールアドレス宛てに抽選結果が届きます。

支払い期限は2018年10月31日(金)23時59分までに決済を行って下さい。これ以降は出場権が無効になりますのでご注意下さい。

※チャリティーエントリーの申し込み期間は2018年11月5日(月)10時から12月31日(月)19時までとなっております。

プライオリティエントリー(優先エントリー)

毎年香港マラソンはプライオリティ枠が設定されており、規定のフィニッシュタイム(ネットタイム可)の記録を保持していれば抽選に参加しなくても優先的にエントリーする事が出来ます。エントリーフィーに関しましては一般エントリーの金額と同じになります。

エントリー期間は2018年9月12日(水)10時から9月17日(月)17時までとなっており、一般エントリーに比べて期間が短いのでご注意下さい。

プライオリティエントリーの規定タイムは年齢毎に分かれておりますので自分が対象になるかどうか確認を行って下さい。また香港マラソン事務局が認める大会の記録でないと受付ておりませんので自分が完走した大会が対象の大会であるかも合わせてご確認下さい。

プライオリティエントリーの結果は9月21日(金)12時から登録したメールアドレスに届きますので必ずご確認下さい。支払い期限は9月26日(水)23時59分までとなっております。

性別・年齢別の規定タイムは下記を参照して下さい。(フルマラソンの場合)

34歳まで:男性3:30・女性3:40
35歳~39歳:男性3:35・女性3:55
40歳~44歳:男性3:40・女性4:00
45歳~49歳:男性3:50・女性4:10
50歳~54歳:男性3:55・女性4:15
55歳~59歳:男性4:05・女性4:25
60歳~64歳:男性4:20・女性4:40
65歳~69歳:男性4:35・女性4:55
70歳以上:男性:4:50・女性5:10

タイムは全て以内となります。

プライオリティエントリーに必要な記録書は、IAAF公認競技でもあるゴールド・シルバー・ブロンズラベルの大会であればどの大会の記録でも提出可能です。

またAIMS公認の大会であれば全ての大会が対象となります。

その他には香港国内で開催しているHKAAAが主催している大会が対象となっております。

そしてこのスタンダードチャータードマラソンに関しましても当然対象となっておりますので、去年参加された方で上記の記録を持っている方はプライオリティでエントリーする事が出来ます。

※プライオリティエントリーの方法につきましてはエントリー開始日に自分自身で一度エントリーを行いますので、翌日にはエントリー方法の記事をアップさせて頂きますのでご参考にしてみて下さい。言語は英語もしくは中国語のみとなります。

まとめ

一般エントリーで参加される方は恐らく抽選となりますが、確実にエントリー出来る方法として「香港マラソン日本事務局」経由でエントリーする事が出来ます。こちらのエントリー期間は香港マラソン公式サイトとは異なりますが、全て日本語でのエントリーとなり、先着順でもございますのでエントリー開始時に申し込みを行えば高い確率でエントリー権を取得する事が出来ます。

ここ数年は直ぐに定員になる事はございませんが、香港マラソン日本事務局よりエントリーを予定されている方は早めに済ませておきましょう。

詳細については2018年8月17日(金)本日以降にホームページ上で発表となりますのでご確認下さい。

※香港マラソン公式ホームページと香港マラソン日本事務局のホームページは異なりますのでご注意下さい。

アミノバイタルパーフェクトエネルギーを使用してみた感想

こんにちは、お盆休み期間は電車も空いていて毎日の通勤が快適ですが、明日ぐらいから皆様もお仕事の方も多いのではないでしょうか。徐々に通勤電車も混んできて何時もと変わらない日常が戻ってくると思うと、ちょっと憂鬱な気持ちにもなりますね。

と、まぁそんな事も言ってられませんので世の中の流れに乗りながら日々を楽しく過ごして行きたいと思います。

さて今回は、先週末に参加した「千葉30K」の参加賞で頂いたアミノバイタルを紹介したいと思います。

アミノバイタル

今回参加した「千葉30K」では、味の素さんが協賛に入っており参加者全員にアミノバイタルグッズが提供されました。

アミノバイタルは味の素さんの商品のブランドでもあり、アスリートにも愛用者が多く、運動パフォーマンスを向上または維持する為のアイテムとして幅広い層で人気のある商品です。

この度参加者に提供された商品は、受付時にアミノバイタルパーフェクトエネルギーとアミノバイタル(粉末タイプ)、レース中のエイドでは1人1回分のアミノバイタルパーフェクトエネルギー、レース後にはアミノバイタルのドリンクとアミノバイタルゴールド(粉末タイプ)が配布され、アミノバイタル祭り状態でした。(笑)

その中でも今回初めて使用する事になったアミノバイタルパーフェクトエネルギーについて、使用して感じた事をお伝えしたいと思います。

アミノバイタルパーフェクトエネルギー

こちらの商品の使用目的は運動前もしくは運動中の補給に適している商品でございます。運動前の30分前ぐらいに補給すると良い言われておりますが、これは個人差もありますので運動直前でも問題ないようにも思えます。

飲んでみた感想ですが意外と飲みやすいゼリータイプの物で、味はグレープフルーツ味で後味もスッキリしていて非常にすんなり飲めるタイプの商品です。

この手の商品って他のメーカーからも沢山販売しておりますが、味にクセがあって何かと飲みづらい感じがございますが、アミノバイタルパーフェクトエネルギーは美味しいと思えるゼリーでしたので、サプリメントの味が苦手な方にもおススメ出来る商品です。

そして一番重要な運動中の身体の変化ですが、スタート前に飲んだ時よりも運動中に飲んだ時の方が変化を感じる事が出来ました。いつも自分が使用してるパワージェルに比べて飲んでから直ぐに身体が反応したのか、疲れた身体にムチを打つかの如くブースト感と力強い走りをする事が出来ました。

ただ疲れた身体は正直なもので、このブースト感も長くは続かないのでレース中はいざと言う時に使用すると良いかもしれません。例えば残り5km~3kmで一気にペースを上げたい時に適しているかもしれません。この方法はまだ試した事がないので、今度機会があったら試してみたいと思います。

アミノバイタルパーフェクトエネルギーの成分

内容量は130gで気になるアミノ酸は5.0g、炭水化物41g、入っております。カロリーは1本辺り180kcalでバナナ約2本分となります。

ゼリータイプですので空腹も補え運動中のサプリメントとしては万能タイプな商品だと思います。

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個

 

まとめ

今回初めて使用した商品でしたが運動中に飲んだ時の変化が分かり易く今後も使用してみたい商品でした。また味も非常に飲みやすく喉も同時に潤してくれるので、万能型アイテムとしては非常に優れていると思います。

上記で説明した内容は全て個人的な感想ですので、個々によって感じ方は違うと思いますのでご了承下さい。

川崎フロンターレJリーグアウェイ遠征第23節サンフレッチェ広島戦

こんにちは、先日の千葉30Kに於いて不甲斐ない結果となった為、昨日より本格的に練習する姿勢を変えたダメリーマンです。最近は暑さからの甘えかダラダラ惰性で走っておりましたので、心入れ替えたダメリーマンは腕ふりを意識しながらポイント毎に集中しながら昨日の練習を終えました。

走り始めは暑くて身体の動きもキレが無かったものの暫く意識しながら続けていると幾分楽に走れるようになり、いつもより少し多めの距離を走る事が出来ました。少し意識を変えて走るだけでも充実した練習が出来ましたので、今後もモチベーションを高く持って練習に取り組んで行きたいと思います。

さて今回は、かなりギリギリになってしまったJリーグアウェイ遠征のサンフレッチェ広島戦について纏めてみたいと思います。まだ遠征するか迷っている方も今からでも間に合いますので参考にしてみて下さい。

Jリーグ第23節サンフレッチェ広島戦

ホントにギリギリの更新となって申し訳ございませんが、今週末に開催するJリーグ23節サンフレッチェ広島戦のアウェイ遠征情報を纏めて行きます。

第23節 サンフレッチェ広島 VS 川崎フロンターレ

開催日:2018年8月19日(日)19時キックオフ予定

開催場所:エディオンスタジアム広島(広島県広島市)

観戦チケットは現在もプレイガイドにて発売中で全席種空席がございますので、チケットに関しましてはまだ余裕はございます。

前売り券の発売日は試合前日の8月21日(土)までとなりますのでご注意下さい。購入しそびれた方は、現段階での売れ行きであれば当日券の販売もあると思いますので当日チケット売り場で購入して下さい。

フライトチケット

広島ともなると恐らく殆どの方が飛行機の移動もしくは新幹線になると思います。試合当日は19時キックオフですので試合終了時間が21時前後となり日帰りは出来ない時間となりますので必ず一泊が必要となります。(夜行バスを利用の方は除く)

また翌日から仕事の方も多いと思いますので、日曜日ナイターアウェイの試合は中々遠征出来ないのも仕方ありませんが、月曜日の午前中お休みを申請出来れば直行で出勤する事も出来ますので、まだ休日申請が間に合う方は検討してみて下さい。

今からフライトを予約する方におススメのプランをご紹介致します。

まず21日(月)の午前中を休日申請出来る方はこちらをご参考にしてみて下さい。

ANAの国内線旅作を利用する事で国内往復航空券+ホテルを同時に購入する事で費用を少し抑える事が出来ます。現在旅作で検索した最安値の料金は下記の通りとなります。

往路 ANA671 羽田ー広島 7:00-8:25
復路 ANA672 広島ー羽田 7:35-9:00
ホテル1泊:ユニゾイン広島(広島電鉄女学院前より徒歩3分)

2018年8月14日現在の最安値は、¥37,000となります。

上記を航空券のみで検索かけると往復運賃だけで¥35,980となりますので一泊ホテル付きのプランをセットで予約した方が断然お得になります。

そして21日(月)に全休取得出来る方は成田発着となりますが春秋航空より比較的安いチケットが現状まだ残っております。

往路 IJ621 成田ー広島 9:30-11:10
復路 IJ622 広島ー成田 11:50ー13:20

こちらはホテルはございませんが、往復運賃で¥21,220となりますので別でホテルを押さえてもANAに比べれば安く遠征費用が抑えられると思います。

※ANAの広島始発便7:35発に搭乗される場合は広島空港行きのリムジンバスを広島駅新幹線口5番ホームより5:55発の始発バスに乗車しないと間に合いませんのでご注意下さい。始発バスの広島空港到着時刻は6:40ですので事故渋滞や予期せぬ渋滞に巻き込まれた場合は多少のリスクはございますのでご了承下さい。

エディオンスタジアム広島までのアクセス

アクセス方法は去年書いた記事もございますので合わせてご確認下さい。

www.danganensei.com

エディオンスタジアム広島の最寄りの駅はアストラムラインの広域公園前駅より徒歩約10分となります。広島空港から向かわれる方は、広島空港よりリムジンバスを利用して中筋駅で下車してアストラムラインにお乗り換え下さい。

所用時間は空港からスタジアムまで順調に行って約1時間15分程度かかります。

f:id:ichirokkets:20180814001315j:plain

まとめ

今週末のJリーグは上位対決となりますので、首位のサンフレッチェ広島との勝ち点差を縮めるチャンスでもございます。この直接対決で勝ち点3を取れないと後半厳しくなりますので、是が非でも勝たなければなりません。

去年は大雨の中でのアウェイ遠征で見事な勝利を掴んだ良いイメージもあるスタジアムですのできっと選手達もやってくれると信じております。

そして広島遠征を悩んでいらっしゃる方は上記の方法なら行けるかも?と思った方は参考にしてみて下さい。ただし飛行機の遅延や他交通機関の遅延に関しましては全て自己責任の下で動いて下さい。

千葉30K夏参加してきました

こんにちは、先週末よりお盆休みに突入した方も多いとは思いますが、私ダメリーマンはダメリーマンらしく連日お仕事でございます。この時期お仕事のメリットとして、まずは通勤電車が空いており、電車がダイヤ通りに運行しているという事。座席に座る事も出来るし、慢性的に遅延している電車がちゃんと動いているという何とも快適な通勤が出来る時期でもございます。東京は観光客は多いものの日中の街も空いているので、色々快適な部分が多いですね。

もうこれだけで得した気分になれますので、この時期のお仕事も悪くはないですね。別の日にしっかり休暇は取得出来ますので、飛行機の運賃が安い時期を狙って旅行に行く事も出来るので全てをポジティブに捉えております。

さて今回は、先週末の土曜日仕事帰りに立ち寄って「千葉30K」のマラソン大会?に参加してきましたので、ちょっと記事にしてみたいと思います。

千葉30K

このイベントは大会というより練習会というイメージを持って頂けると良いと思います。参加人数も限られており、比較的少人数で各自のペース毎に走る事が出来ますので30kmの練習をするには非常に効果的なイベントだと思います。

今回は仕事帰りに参加したのですが、スタート時間が土曜日の15時という事もあり半ドンで上がれる予定でしたので参加する事にしました。

開催場所は、千葉県柏市にある「千葉県立柏の葉公園」にある陸上競技場がメイン会場となっており、公園内を周回するコースとなります。1周3kmのコースを10周して丁度30kmです。

最寄りの駅は、つくばエクスプレス線の柏の葉キャンパス駅から路線バスもしくは徒歩でアクセスする事が出来ます。徒歩の場合は駅から約25分ぐらいみておくと良いと思います。

この時期の15時は結構日差しも強いのですが、スタート前に雨が少し降った事もありすごく蒸し暑い中でのイベントとなりました。

f:id:ichirokkets:20180814001225j:plain

参加人数とエントリーフィー

マラソン大会というよりかは練習会に近い30Kのイベントですが、参加人数の定員は500人となっており比較的少ない参加人数です。基本的には公園内を周回するコースですので、一般の方もいらっしゃる中を走るわけなのであまり参加者が多くても事故の原因にもなりますので、このぐらいの人数が限界なんだと思います。

各個人のレベルに合わせてペーサーも配置してくれておりフルマラソンフィニッシュタイムが3時間・3時間30分・4時間・5時間と分かれており自分に合ったペースで走る事が出来ます。

ペーサーと一緒に走るのも良いですし、自分勝手に走るのものアリですが出来れば参加する目的を持って走る方が良い練習になると思います。

各ペーサーに必ずついて行かなければ行けないというルールはございませんので、自分の体調に合ったレベルでその都度変更しても問題ございませんので、気軽に参加出来る大会です。

エントリーフィーは1人4,500円(事務手数料別)となります。参加賞に大会Tシャツと協賛に参加してくれている味の素さんからアミノバイタルが配られました。レース中とレース後もアミノバイタルの商品が配られましたので、レース後のケアもバッチリでした。

真夏の30K走ってみて

スタート前の雨でやや曇った中でのレースとなりましたが、兎に角蒸し暑くて1周しただけでかなりの発汗量でした。2周終えた頃(約6km)でペース的にもキツくなり自らペースを落としております。5周終える頃には、各エイドステーションで歩きながら補給するなど、かなりヘロヘロな状態でした。

参加する前はフルマラソン3時間30分のペーサーに付いて行くつもりでしたので、キロ5分なら全然余裕と思っていたのですが、全然余裕じゃなくて自分の実力ってこんなもん?みたいな感じでかなりショックを受けた大会でもございました。

まぁ振り返ってみるとここ最近は練習不足という事もあるので、仕方のない事かもしれませんが、自分の実力がメキメキ落ちている感が否めません。

やはり練習しないと走れませんし、折角この大会で得た物もございますので気持ち切り替えてブログばっかり書いてないで練習しようと思います。(笑)

結局の所、15時にスタートしてフィニッシュしたのが18時ですので、ほぼキロ6分前後で走ってた事になりますね。←本気で練習しないと・・・。

まとめ

全国各地で30Kのイベントが開催されるようになり、今後も行けそうな大会には参加したいと思います。主に関東地方では、東京・横浜・千葉・茨城・栃木・群馬などでも開催されており年間を通して全国でも20大会以上のイベントが開催されております。

このような大会は練習として参加するにはもってこいの大会で、1人で30K練習をするよりも周りと一緒に走る事によって、追い込めるのでとても良いイベントだと思います。

9月には茨城県水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で30Kのイベントが開催されます。まだエントリー受付中ですので、興味ある方は是非参加してみて下さい。

MINATOシティハーフマラソン2018再エントリーは8月17日20時から

こんにちは、最近歯が痛いダメリーマンです。一年前に治療したばかりですが、今度は違う箇所が痛んでおり、恐らく虫歯ではないかと思っております。とは言うものの一瞬シミてその後は全く痛くなくなるので良く分からないのが現状です。(笑)勝手な素人判断はしないで、ちゃんと歯医者で治してもらいたいと思います。

さて今回は、エントリー時から少しトラブルを抱えてしまった第一回のマラソン大会「MINATOシティハーフマラソン2018」の情報を纏めてみたいと思います。

MINATOシティハーフマラソン2018

この大会はMINATOシティと言う事で、東京都港区内で開催される第一回の大会でございます。東京の中心部でもある港区が舞台となるので全国各地からも参加される方は多いと思います。

開催日は2018年12月2日(日)となっております。そして既にエントリー期間は定員の為終了していたのですが、システム上のトラブルで一般エントリー枠に関しましては再度エントリーやり直しという事で、2018年8月17日(金)20時~もう一度エントリーが行われます。

ですのでエントリー出来なかった方はもう一度チャンスが巡ってきましたので、忘れずにエントリー合戦に参加しましょう。

ハーフマラソンの部の定員は5000人となります。

※港区民先行エントリーで申し込みをされた方は変わらずエントリーはされておりますので再度エントリーする必要はございません。

レースカテゴリー

この大会名の通りハーフマラソンの大会となりますが、それ以外にもファンランの設定もございます。レースカテゴリーは以下の通りになります。

・ハーフマラソン 定員5000人 エントリーフィー 5,000円(税込)

・ファンラン(1.5km)定員500人 エントリーフィー 500円(税込)

ハーフマラソンのスタート時間は8時30分よりブロック毎のウェーブスタートとなり申告タイム順に区切られたブロック毎に混雑緩和の為、時間差でスタートします。一方ファンランは8時50分の一斉スタートとなります。

ハーフマラソンのコース

スタート地点は港区立芝公園の日比谷通り側となります(増上寺の手前)。会場までのアクセスは都営三田線の芝公園駅より徒歩2分の場所になります。

コース図を見る限りですと殆どのコースがフラットなのですが、神谷町から赤羽橋までのコースはアップダウンがございます。ちなみにこちらは復路コースでも通るルートになっておりますので神谷町→赤羽橋・赤羽橋→神谷町の二回のアップダウンがございます。3km地点から上りだして飯倉まで上ったら後は赤羽橋まで下ります。下りきった場所が4km地点になりますので上り下りで約1kmの区間となります。

その後は芝浦・品川を巡り殆どがフラットなコースとなりますが最後に神谷町からフィニッシュ地点の東京タワーまでは上りが続きますので、最後の力をふり絞ってフィニッシュラインを目指しましょう。

全体的に大通りを走るルートですので走り易いコース設定だと思います。ただ最後の坂はハーフマラソンですが、堪えると思いますので一度徒歩でも良いので見ておくと良いかもしれません。

まとめ

エントリー時点から何かと問題になってしまったMINATOシティハーフマラソン2018ですが、都市型ハーフマラソンとして今後も定着すると他の地域でもハーフマラソンの大会が増えると思いますので、是非成功して欲しい大会の一つでもございます。

ハーフマラソンとファンランを組み合わせる事により、より初心者の方も安心して参加出来る大会が増えるのは良い事ですので、誰でも気軽に参加出来る大会が今後も全国各地で開催されると嬉しいですね。

【スポンサーリンク】