不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

ドレスデンからチェコの国境を渡し舟で入国【プレビッシュトアーを目指す】

こんにちは、今年1月のフィリピン渡航を最後に今後渡航の予定がないダメリーマンです。国内移動ですら個人的には自粛しておりますので、そろそろ気持ち的にもリフレッシュしたくなってきました。

毎回このような冒頭の出だしで何だか暗い感じになりがちなので、もっとポジティブに気持ちを切り替えて行きたいものです。

さて今回は、去年ドイツに渡航した際にベルリンとドレスデンとチェコを周遊した時の観光スポットとそのアクセス方法について紹介して行きたいと思います。

まずはドイツとチェコの国境を船で渡ってから向かう「プレビッシュトアー」をご紹介致します。

ドレスデンからチェコの国境まではSバーン

ドイツはドレスデン観光の計画を立てながらグーグルマップを見ていたらドレスデンからチェコまでは意外と簡単に行けるのでは?と思い調べてみたらやはり近い事が判明し、折角なのでチェコにも行ってみる事にしました。

チェコと言ってもプラハなどの都市部ではなく山奥の辺鄙な田舎街なので大自然に囲まれております。その自然を肌で感じる為、山頂にある観光スポット「プレビッシュトアー」を目指しました。

下の地図で見るとドィツとチェコの国境付近の国立公園になります。

まずドレスデンからプレビッシュトアーに向かう場合はドレスデン中央駅からSバーンに乗車します。乗車する鉄道は「S1」のSchona(シェーナ)行きになります。プレビッシュトアーの最寄りの駅もシェーナ駅になりますのでS1の終点まで行く事になります。

f:id:ichirokkets:20200322150254j:plain

チケットは券売機でも購入出来ますが、今回初めてのドレスデンという事もあり有人窓口で購入致しました。購入の仕方もいたって簡単で「シェーナ駅まで行きたいのですが往復チケット下さい。」と説明するとドレスデンの公共交通機関で利用出来るお得な1dayチケットを勧められました。

f:id:ichirokkets:20200322150430j:plain

このチケットは1日ドレスデンの鉄道・バス・トラムなどが乗り放題となるチケットで価格は14ユーロです。この1dayチケットでシェーナ駅まで行けますし、途中下車もし放題なので迷わず1dayチケットは買いですね。

運行ダイヤは30分から1時間毎に1本となっておりますので乗り遅れると時間帯にもよりますが1時間待つ事もありますので、事前にダイヤを確認しておきましょう。

f:id:ichirokkets:20200322153317j:plain

駅にはそれぞれの鉄道に合わせた時刻表が用意されておりますので1部貰っておくと便利です。ドレスデン中央駅からシェーナ駅までの直通S1の乗車時間は約40分~50分です。

プラットホームにチケットの打刻機がありますので乗車前に忘れずに打刻しておきましょう。

f:id:ichirokkets:20200322151557j:plain

f:id:ichirokkets:20200322151701j:plain

車窓の風景も最高なので見ていて飽きないのでシェーナ駅まで意外とあっという間の時間でした。

ドイツとチェコの国境を渡し舟で渡る

終点のシェーナ駅に到着するとラベ川沿いに渡し舟の桟橋がございます。

ここで渡し舟に乗ってドイツとチェコの国境を越えてチェコに入国します。ここの国境は出入国審査や手荷物検査などはございませんので自由に行き来は出来ますが、我々外国人旅行者なのでパスポートは持っておきましょう。

渡し舟は鉄道のダイヤに合わせて行き来しておりますが、桟橋に船が到着していなくても向こう岸から直ぐに来れるので待ち時間は長くても10分ぐらいだと思います。

f:id:ichirokkets:20200322150626j:plain

f:id:ichirokkets:20200322150549j:plain

渡し舟の料金は片道1.5ユーロでチェコの通貨クローナでも乗船する事が出来ます。乗船時間は5分程であっという間にチェコに到着です。

プレビッシュトアーを目指します

難なくチェコに入国していざプレビッシュトアーを目指します。

f:id:ichirokkets:20200322150927j:plain

基本ハイキングコースというか軽い登山になりますので靴はスニーカーを用意しておきましょう。また山頂付近は風が強いので夏場でもない限りはウインドブレーカーなど用意しておくと良いと思います。私は10月前半に行きましたが山頂は風も強く寒かったです。

プレビッシュトアー含めこの地域はフジェンスコという街で山に向かって小さな集落となっております。所々にペンションのような宿泊施設が立ち並んでおり、自然豊かな観光スポットになっております。

f:id:ichirokkets:20200322151039j:plain

山に向かって行くにつれて大きな岩肌が見え隠れしており、岩の大きさは規格外のサイズのものばかりで圧巻です。

登山道までは歩いて行きましたがバス停もあったのでバスで行く事も出来そうです。ただゆっくり歩きながら自然を満喫したいなら登山道までそれほど距離もないので徒歩がおすすめです。小川のせせらぎや鳥の鳴き声、風が通り抜ける音など雄大な自然を楽しむ事が出来ます。

f:id:ichirokkets:20200322151143j:plain

f:id:ichirokkets:20200322151332j:plain

登山道まではアスファルト舗装の歩道となっており、登山道に入るといよいよ山らしくなってきます。勾配はそこまで急な斜面もなく日本で例えるなら高尾山ぐらいのレベルだと思いますので重装備は必要ありません。

f:id:ichirokkets:20200322151458j:plain

f:id:ichirokkets:20200322152126j:plain

f:id:ichirokkets:20200322152213j:plain

途中案内看板などを見ながらゆっくり登っても山頂まで1時間ぐらいで到着出来ます。山頂に到着して更に先に進みたい方は入場料が3ユーロかかります。ここではレストハウスなどの施設もあり食事休憩も出来ます。周囲の散策も出来ますので折角ここまで来たなら入場しておきましょう。但し営業時間が10時からとなっておりますので朝早く行っても開いてませんのでご注意下さい。私は9時30分頃到着してオープンするまで周囲を探検していました。(笑)

f:id:ichirokkets:20200322152254j:plain

山頂がオープンしてから周囲を散策しますが兎に角風が強いので持ち物や足元に注意しながら歩きましょう。所々で断崖絶壁となっておりますのでくれぐれもご用心下さい。

f:id:ichirokkets:20200322152345j:plain

f:id:ichirokkets:20200322152446j:plain

一通り散策が終わってレトロ雰囲気のレストハウスでティータイムです。冷えた身体を温めてから下山します。

f:id:ichirokkets:20200322152553j:plain

f:id:ichirokkets:20200322152642j:plain

時間が経つにつれて登山客もちらほら登ってきますので、挨拶を交わしながら下山します。当然登りよりも下りの方が早いので約30分で下山する事が出来ました。

丁度お昼前の時間という事もありフジェンスコの街もカフェやレストランがオープンしておりましたが、次の目的地に急ぐ為お土産のみ購入して渡し舟を利用してドイツ側のシェーンに戻りました。

f:id:ichirokkets:20200322152808j:plain
時間に余裕のある方はフジェンスコの街でチェコ料理のメニューなどもありましたのでゆっくり食事を楽しんでみては如何でしょうか。

まとめ

ドレスデンに行くならついでにチェコにも行ってしまおうと思ってしまうぐらい、国境を越えるのが好きなので今回も国境越えの思いが叶いました。(笑)

過去にも色々な地域で国境を越えてきたのですが、ドイツからチェコはイミグレーションが無かったので国境を越えた感はありませんでしたが、中々の僻地でしたので十分に楽しめたことは間違いないです。ましては登山までしましたから。(笑)

本当であればもう少しチェコでゆっくりしたかったのですが、次の目的地のバシュタイゲビートに行く予定なので、午前中でチェコのフジェンスコ観光は終了となります。

午後はドイツ側に戻ってバシュタイゲビートの山に登ってきました。こちらの記事も近日中にブログで公開致します。

ジャワカレーは絶品の美味しさ【キーマカレーがおすすめ】

こんにちは、最近無性にMac Book Airが欲しくなっているダメリーマンです。現在の在庫状況は分かりませんが、仕事関連でMac系の発注をする場合は新型コロナウイルスの影響で中国の工場が閉鎖している為、納期が遅れるという情報が入ってきております。色んな所で影響が出てきているので本当に早く収束してもらいたいものです。

さて今回は、家で引き籠っている方も多いと思いますのでおススメのカレーライスのルーをご紹介したいと思います。

カレーライス

カレーと言えばもはやインド人だけの食べ物ではなく、日本でも比較的上位に入る食べ物だと思います。カレーライスさえ出しておけば大人も子供黙る最強メニューだと思っておりますので、寿司や天ぷらに続く日本の国民食と言えるのではないでしょうか?←ちょっと言い過ぎ?(笑)

カレーと言っても外食で食べるカレーからレトルトカレーまでレパートリーも沢山ありますので、今回は個人的にお気に入りでもある自宅で調理出来る用のカレールーを紹介して行きたいと思います。

ジャワカレー

個人的には家庭で作るカレーライスのルーはハウス食品さんから販売されている「ジャワカレー」一択なんですね。当然様々なカレーライスのルーは試してきましたが、私の口に合うのがこのジャワカレーになります。

ハウス ジャワカレー 中辛 185g

ハウス ジャワカレー 中辛 185g

  • メディア: 食品&飲料
 

お気に入りのポイントは辛さのレベルが比較的スパイシーでありながらカレーの風味と濃くが効いており辛さ以上にカレーの味が楽しめるところがポイントです。また食欲をそそる香りが季節を問わず感じられます。

他社のルーや他の商品とくらべて少しスパイシーですが、辛いのが苦手な方でも結構イケるのではないかと思います。商品ラインナップも甘口・中辛・辛口・スパイシーブレンドの4種類ございますので、辛いのが苦手な方は甘口でも十分ジャワカレーを楽しめるかと思います。

ハウス ジャワカレー 甘口 185g×3個
 

ちなみに辛口や更に上のスパイシーブレンドは結構辛いのでお気を付け下さい。自分は辛口までならなんとか大丈夫でしたが、スパイシーブレンドは非常に辛くてカレーの味を楽しむよりも辛さが全面に出てしまい辛いの一言です。(笑)

ただ激辛カレーなどが大好きな方は、楽しめるカレーなので是非一度試してみて下さい。

ジャワカレー キーマカレー

そしてもう一つお気に入りの商品が同じくハウス食品さんから販売されている「ジャワカレーキーマカレー」です。

ハウス ジャワカレー キーマカレー 中辛 176g

ハウス ジャワカレー キーマカレー 中辛 176g

  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 食品&飲料
 

こちらの商品は辛さ設定が中辛しかございませんが、普通のジャワカレーの中辛に比べても少し辛さは控えめな感じもします。玉ねぎのみじん切りも入れている関係で少し辛さも和らいでいるのかもしれませんが、普通のジャワカレーとは全然違う風味と濃くが楽しめますので、個人的にはイチオシのカレーライスです。

あと私的にはあまりおススメしたくない「ごちレピライス」という商品があります。こちらもキーマカレーになるのですが、何やら香辛料の香りが微妙で食べていて時折顔を除かせる風味がちょっと苦手です。美味しくなくはないのですが、普通のキーマカレーに比べるとちょっとクセが強いです。

まとめ

ハウス食品さんと言えば看板商品の「バーモントカレー」「こくまろ」などの人気商品もございますが「ジャワカレー」も劣らずの美味しさです。

ジャワカレーはどちらかというとスパイシーで大人の味かもしれませんが辛さも甘口の設定がありますので、少し辛いのが食べてみたいという方には甘口が良いかと思います。

他社からもたくさんのカレーのルーが販売されている中、ハウス食品さんのジャワカレーは個人的には絶品クラスの美味しさだと思っております。

JAL成田ーマニラ線の機内食をご紹介【エコノミークラス】

こんにちは、毎度旅行ブログを書いているダメリーマンですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い旅行も自粛されている方も多く、旅行ブログ書いても需要なない事は分かっておりますが書かずにはいられません。(笑)

今、観光業をはじめとする観光地・ホテル・旅館や移動で使うバスや飛行機などありとあらゆる場所で経済的打撃が深刻状況となっております。この事態が収束した頃に一気に日本経済含め世界経済が良くなる事を祈りつつ、旅の参考になるような記事を書き続けて行きたいと思います。

さて今回は、先月フィリピンへ渡航した際に利用した日本航空の機内で提供されたエコノミークラスの機内食を紹介したいと思います。

成田ーマニラ

日本航空ことJALでは成田ーマニラ線は一日2往復飛んでおります。フライトスケジュールも午前中と夕方の便で分かれておりますので、スケジュールも組みやすいのが日本航空を利用する一つの選択肢でもございます。

また移動時間もそれほどかかりませんので身体的にも楽に移動する事が出来ます。成田ーマニラの所要時間は約3時間30分で、マニラー成田の所要時間は約4時間になります。日本とマニラの時差はマイナス1時間になりますので時差ボケ等の心配もございません。

今回私が利用したフライトは往路が午前便で復路を午後便にしました。去年のセール時期に予約した為、価格は往復燃油サーチャージ込みで4万円ぽっきりで予約する事が出来ました。このように予約がセール期間であればかなりお得に航空券を購入する事が出来ますのでマニラは意外とおススメの場所だったりもします。

ちなみに現在の往復運賃の価格は(日本航空公式ホームページ参照)最安値で49,390円となっておりますので、これでも比較的安い方ではないでしょうか。

そんな気軽に行けるマニラ線で提供されました機内食を往路便・復路便共に紹介したいと思います。

往路マニラ線JL741の機内食

機内食は毎月変わりますので全く同じものが提供される事はありませんが、大体三ヶ月のローテーションが組まれております。私が往路便を利用したのは2020年1月ですのでこの時の機内食をご紹介致します。

マニラ線では機内食を選ぶ事がなく一択になりますので、チキンが良いとかビーフが良いとか我が儘は言えません。(笑)

そして今回提供された機内食は「チキンイエローカレー」です。カレー好きの私としては嬉しい限りで、出発前のラウンジでもカレー、機内でもカレーと既に1日で2回カレーを食べる事になりました。(笑)

f:id:ichirokkets:20200315184652j:plain

今までJAL国際線でのイエローカレーは初めてでしたので凄く楽しみだったのですが、味はいたって普通と言うよりこれが?イエローカレーか?と思う程の味でした。別に美味しくないわけでもなく、敢えて言うならばパンチが足りないというところでしょうか。それでも美味しく頂く事が出来ました。

復路成田線JL742の機内食

復路便の出発が14時台の時間という事でラウンジで小腹を満たしつつも機内食にも期待したい時間帯です。成田到着が丁度20時前後ですので機内食のタイミングもバッチリな感じです。

f:id:ichirokkets:20200315184736j:plain

メインは照り焼きチキンとなっており、しっかりお米が食べられるメニューなので往路に比べて満足度は高かったです。また、お茶菓子で大きめのクッキーが美味しいです。このチョコチップの入ったクッキーはマニラ線に限らず他の国際線でも提供されている事が多いのもありお気に入りです。

メイン食以外の付け合わせのメニューはいつも美味しく頂けるので、日本航空さんの努力が感じられます。

食後のハーゲンダッツアイスクリームも最高ですよね。

まとめ

マニラ線は中距離というよりは近距離に近いので機内でも時間を持て余す事なく満喫する事が出来ます。機内食を頂いてから、映画を1本見終って暫くすると着陸準備に入るので、沖縄に行くぐらいの感覚で到着します。実際はもう少し長いのですがね。(笑)

国際線の距離で比べると香港ぐらいが分かり易いかと思います。気軽に行けるマニラはまた機会があったら行きたいと思いますが、その前にセブ島に行きたいと思っております。一刻も早く新型コロナウイルスの収束を願うばかりです。

エアリアルが絶品の美味しさ【ヤマザキビスケット】

こんにちは、毎週週末は特に予定がなく走ってばかりいるダメリーマンです。そのお陰様で良い練習が出来ているので恩恵もあるのですが、どうにも不完全燃焼なのは否めません。早く通常通りの生活が出来るようになる事を願いばかりです。

さて今回は日本国内自粛モードの中で少しでもお役に立てる情報を発信しようと考えていたところ、超絶美味しいスナック菓子を紹介したいと思います。この際、家で映画を観ながらカウチポテト状態でお楽しみ下さいませ。(笑)

YBCヤマザキビスケット

皆様の中でもご存知の方はいらっしゃると思いますが、今回紹介したい超絶美味しいスナック菓子「エアリアル」はYBCことヤマザキビスケット株式会社さんから発売している商品です。

実はこの商品今年で10周年なんですよ。知ってました?自分もですが殆どの方が10年前に発売されていた商品だと思ってないですよね。そもそもヤマザキビスケットさんって良い商品がたくさんラインナップされているのにも関わらず、広告戦略が微妙でメディア露出度が低いのも原因の一つだと思っております。←偉そう言ってすみません・・・。

日本のサッカーファンに関しましては、カップ戦のメインスポンサーという事もあり「ルヴァンカップ」で周知されていると思いますが、一般的にはまだヤマザキナビスコだと思っている方も多いと思います。

ナビスコブランドは2016年9月で締結しておりリッツやオレオの商品はヤマザキでは生産しておらず、現在店頭に並んでいるオレオなどの商品は中国で作られた製品が並んでおります。そしてヤマザキビスケットの看板商品でもあるチップスターは自社製品という事でそのまま引き継がれており、エアリアルもその一つの商品でございます。

ちなみにオレオやリッツの生産はしておりませんが「ノアール=オレオ」「ルヴァン=リッツ」と類似した商品は発売しており、美味しいのでおススメです。

話が逸れてしまいましたが、ヤマザキビスケットさんの超絶美味しいエアリアルを全面的におススメして行きたいと思います。(笑)

エアリアル

何故にそこまでエアリアルを推すのかと言われても美味しいの一択なんですよね。スナック菓子の王道ってポテトチップだと思うのですが、私はポテトチップをも凌ぐ美味しさだと思っております。

初めて食べたのが3年前のJリーグYBCルヴァンカップの決勝にて頂いたエアリアルの塩味でした。この時の食感に衝撃が走り、それ以降家にはいつもエアリアルがストックされている状態なんです。(笑)

その美味しさの秘密がエアリアルの個体の構造がミルフィーユのような四層構造となっており、今までに食べた事のないような食感を生み出しております。スナックも一口サイズで小学生ぐらいの子供でも一口食べられるサイズとなっております。

また味に関しましてもスタンダードな塩味とチェダーチーズ味、焼きとおもろこし味があります。ちなみに焼きとおもろこし味はトンガリコーンの味に近いです。

そして私が超絶に絶賛している味でもある新しいフレーバーの「バター味」です。これは衝撃でしたね。バターとはちみつを配合しているのですが、これがむちゃくちゃ合うのですよ。しかも四層ミルフィーユの食感にもマッチして一口食べたら本当に止まりません。これマジです。なので是非おススメしたい逸品でもあります。

YBC エアリアルバター 70g ×10袋

YBC エアリアルバター 70g ×10袋

  • 発売日: 2020/02/17
  • メディア: 食品&飲料
 
ヤマザキビスケット エアリアル濃厚チェダーチーズ 70g×10個
 

私が好きなフレーバーを順に上げると以下の通りになります。

1位:バター味

2位:チェダーチーズ味

3位:塩味

4位:焼きとおもろこし味

当然人によって好みもありますので飽くまでも個人的な感想です。

まとめ

中々外出も出来ずに家で引き籠って家族でモンモンとされている方や偶には違った食感のスナック菓子が食べたいとお思いの方は是非「エアリアル」試してみて下さい。恐らく食べた事のない方は、殆どの方がリピートされる商品だと思います。

マニラの観光地イントラムロスに行こう【アクセス周辺情報】

こんにちは、3月の楽しみでもありました鹿児島マラソン開催が中止になっても鹿児島には行こうと思っていたダメリーマンでしたが、出発の朝当日に急遽行くのを止めてしまいました。

日に日に新型コロナウイルスの感染情報が上がってくるなか、今回は安全をみて鹿児島行きの中止を決定しました。

鹿児島は未踏の地という事で行きたかったのですが苦渋の決断の上、来年開催予定の鹿児島マラソンまでのお楽しみという事にしたいと思います。

さて今回はこんな世界情勢の中、旅行ネタのブログをアップしてもアクセスは見込めないかもしれませんが、フィリピンはマニラの観光地を粛々と紹介して行きたいと思います。(笑)

マニラの観光地と治安

マニラの観光地と聞くと、これと言って沢山あるわけでもなく意外と限定されてしまいます。なので1回の旅行である程度は周れてしまいますのでマニラ観光のリピートは多くても3回ぐらいでしょうか。

もちろんディープな場所を探索される方には、まだまだ魅力が多いマニラではございますが、治安もやや心配だったりもしますので深入りは禁物ですね。

所謂一般的なマニラの観光場所に関しましては、昔に比べてだいぶ治安も改善してきておりますので、極度に警戒する必要はありませんが注意は必要です。

我々のような観光客が一番注意する点としてはスリや引ったくりなどの犯罪に巻き込まれるケースが多いので、この辺りは何処の国に行っても同じような警戒具合で良いかと思います。

イントラムロス

まず押さえておきたい観光場所は「イントラムロス」です。この地域はスペイン統治時代に建築された建物や歴史的建造物がございます。

この辺り一帯が観光スポットになっているので徒歩で色々な場所に周れる利点がございます。

イントラムロス地域の観光スポットを羅列しておきます。

・マニラ大聖堂
・サン・アグスティン教会
・イントラムロス博物館
・菲華歴史博物館
・カーサマニラ博物館
・サンタ・ルシア門
・バルアルテ・デ・サンディエゴ
・フィリピン国立美術館
・リーサル記念像
・国立自然史博物館
・人類学博物館

その中でもマニラ大聖堂やサン・アグスティン教会は人気の観光スポットでもありますので是非訪れてみて下さい。

f:id:ichirokkets:20200308202222j:plain

f:id:ichirokkets:20200308202350j:plain

ここまでのアクセス方法は滞在場所にもよりますが、LRTのLine1を利用してセントラル駅より徒歩で約15分になります。

移動方法や治安が気になる方はGrabを利用しても1,000円未満で移動出来ますので複数人で移動する場合はGrabはお得ですね。

初めてGrabを利用される方は下記の記事も参考にしてみて下さい。LRT・MRTで移動される方は乗車方法の記事も合わせてご確認下さい。

www.danganensei.com

www.danganensei.com

またLRTを利用して南側からアクセスする場合はユナイテッドネイション駅で下車して向かう事も出来ます。この辺りにも幾つか観光スポットがございますので、地図を見ながら一番良いルートを探してみて下さい。

ちなみに南側からアクセスする場合は、国立自然史博物館や人類学博物館、リーサル記念像などを周りながら行くと効率的に移動が出来ます。

国立自然史博物館・人類学博物館(入場無料・定休日:月曜日)

こちらの博物館はLRT/LINE1のユナイテッド・ネイション駅より徒歩約5分でアクセス出来ます。駅から歩くと手前側が国立自然史博物館で公園の向かい側にあるのが人類学博物館になります。どちらの博物館も入場が無料ですので是非お立ち寄り下さい。

入場する際には荷物チェックと名前・国籍の記載で入場する事が出来ます。

f:id:ichirokkets:20200308202442j:plain

博物館の中はとても広くて国立自然史博物館だけでも、全て見るには結構な時間が掛かりますので、ゆっくり見たい方はある程度時間を取っておいた方が良いと思います。

フィリピンの島々に生息する野生動物や火山帯などの模型やデータなど興味が湧くような展示物も多く見ていて飽きません。また深海魚のホルマリン漬けっぽいのもあり見入ってしまいます。

f:id:ichirokkets:20200308202534j:plain

f:id:ichirokkets:20200308202653j:plain

f:id:ichirokkets:20200308202748j:plain

フィリピンは火山に囲まれた国でもあり、火山に関する資料も多く展示されており自然地理学に興味がある方や学ばれている方にはとても良い博物館だと思います。

開園時間:10:00~17:00

まとめ

上記で紹介したマニラ観光は一日で見て周るには時間が足りないと思いますので、2日に分けてみるのも良いかもしれません。各スポットが徒歩で周れる範囲にあるので歩く距離は増えますが、充実した観光が出来ると思います。

暗くなってからの観光は危険ですので、観光は日中の内に済ませておきましょう。

【スポンサーリンク】