不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

シンガポールプレミアリーグが熱い

こんにちは、今日は朝から話題のサッカースペイン代表のイニエスタ選手(元バルセロナFC)がヴィッセル神戸へ移籍するという事で日本へ来日したニュースで持ち切りでしたね。

大変申し訳ない事に、私自身イニエスタ選手のプレーを見た事がないので、どのぐらい凄い選手なのかも分かりませんので正直今回の大型移籍がどのぐらい凄い事なのか分かっておりません。ただ今回の契約は三年となっており、年棒32億円の契約ですのでこの金額を見ただけでも凄い事なんだとある程度は予測する事が出来ました。

今回は会見の為に来日しその後スペイン代表合宿に入り、ロシアワールドカップ後に合流すると見られてますが、ヨーロッパリーグの開幕が8月下旬である事から恐らく8月下旬もしくは9月より合流するのではないかと予想します。

いずれにせよ、今後はJリーグで今話題のイニエスタ選手のプレーが見れるという事で新たな客層も狙えると思いますので益々Jリーグ及びアジアのサッカーが発展して行く事を期待したいですね。

さて今回は引き続きサッカーネタで推して行きますが、先日シンガポールに渡航した際に時間があったので、「シンガポールプレミアリーグ」のサッカー観戦をしてきました。そんなちょっとローカルなサッカーネタを今回は記事にしてみました。

シンガポールプレミアリーグ

シンガポールのサッカープレミアリーグは全9のクラブで構成されており、内2チームは日本チームのアルビレックス新潟SとブルネイダルサラームのブルネイDPMM FCが参加をしております。

f:id:ichirokkets:20180525001234j:plain

シンガポールではサッカーそのものの人気はヨーロッパクラブや日本代表などのファンの方が多く、自国のリーグにあまり関心がないのが非常に残念な所でもあります。

今回のロシアワールドカップの予選の時もシンガポール代表との対戦もございましたが、シンガポール人の中にも日本代表を応援したりする人が居たりして少々驚きました。自国応援しろよな、と・・・。

まぁシンガポールに限らずタイのバンコクでもタイ人の日本代表サポーターにも声を掛けられ握手を求められたりと、アジアでも日本代表人気があるのだと思った次第でございます。

言い換えれば、日本人でもドイツ代表やアルゼンチン代表が好きな方も多い事からすると、実の所あまり珍しい事ではないのかもしれませんね。

と、話がだいぶ逸れてしまいましたが、まだまだこれからのシンガポールプレミアリーグは簡単に観戦する事が出来ます。

今回観戦した試合

現在リーグ開催中でございますので週末の土日の夜は試合が開催されております。私が観戦した試合は2018年5月20日(日)に開催されました、タンピネスローバース VS アルビレックス新潟Sの試合を観戦しました。キックオフ時間は20時30分です。

f:id:ichirokkets:20180525001057j:plain

観戦チケットはインターネットからかもしくは当日チケットセンターで購入する事が出来ます。

試合会場は、ホームのタンピネスローバースが所有するタンピネス・スタジアムになり、収容人数は約5,000人となります。スタジアムはショッピングモール内に併設されておりますので買い物帰りやイベント帰りにサッカー観に行く?みたいな感覚で入場出来る辺りも気軽にサッカー観戦が出来る環境はある意味素晴らしいと思います。またこのような構造はシンガポールらしいエンターテインメントが詰まっていてとてもワクワク出来るスタジアムでした。

座席はメインスタンドのみですが前方席はピッチと物凄く近いのでサッカーの臨場感を味わう事も出来ます。また観戦チケットを購入しなくてもゴール裏で営業している飲食店などで食事をすれば窓から試合を観戦出来ますので、食事中にちょっと観る分にはアリかもしれません。

f:id:ichirokkets:20180525001148j:plain

そもそもチケットは大人1人6SGDと相当お安いので購入して観戦する事をおススメします。

シンガポールプレミアリーグのサッカー熱も差ほど高くないので座席はキックオフ30分前に入場しても好きな場所で観戦する事が出来ますので、時間も有効的使う事が出来ます。

今回の試合は3-4でアルビレックス新潟Sの勝利で終わりましたが最後までどちらが勝ってもおかしくない試合内容でした。

AFCチャンピオンズリーグで対戦する可能性

過去にも鹿島アントラーズとシンガポールのクラブが対戦する事もありましたので、今後も勝ち残るクラブがシンガポールから出てくると対戦する可能性が高くなります。

今年のACLはタンピネスローバースが第1戦のプレーオフラウンドで出場しておりましたが敗戦した為、予選リーグには進出出来ませんでした。

シンガポールの枠は1チームのみでしかも第1戦からの出場となりますので、勝ち残って行くには結構難しい状況かもしれません。

2016年2017年のシンガポールプレミアリーグの優勝クラブはアルビレックス新潟Sとなりますが、日系クラブという事でAFCチャンピオンズリーグに出場する事が出来ない為、2位のタンピネスローバースが選ばれました。

今後どのぐらいシンガポールプレミアリーグのレベルが上がって行くのか未知数ではありますが、この数年アジア地区タイ・ベトナムを筆頭にレベルが格段に上がってきておりますので、近い将来川崎フロンターレもシンガポールに試合をしに行く可能性があるかもしれませんね。

まとめ

そんなシンガポールプレミアリーグは意外と簡単に観戦する事が出来ますので興味のある方は是非観戦して見て下さい。きっと楽しめる事間違いないですよ。

次回は観戦チケットの購入方法やスタジアムのアクセス方法などについても記事にして行きたいと思いますので、是非参考にしてみて下さい。

JWマリオットホテルシンガポール・サウスビーチに宿泊

こんにちは、先日のシンガポール遠征の疲労もあり昨日からようやくマラソン練習を再開したダメリーマンです。昨晩は雨が降っておりましたが、ここで休んでしまうとレース後、中三日空いてしまうので走る事にしました。一度走りだしてしまえば雨は気にならなくなるので、最後まで良い練習が出来たと思います。

これから梅雨時期に入りますので、雨の日を避けていては練習もまともに出来なくなるので、少しぐらいの雨であれば走るつもりでいたいと思っております。

さて今回はシンガポール遠征の時に利用した宿泊先のホテルを紹介したいと思います。やや割高ではありましたが、とても満足出来たホテルでございました。

JWマリオットホテルシンガポール・サウスビーチ

今回このホテルを選んだ理由としてサンダウンマラソンシンガポールに参加する為に会場に近い立地のホテルを探していた事もあり、丁度良さげな立地がこちらJWマリオットホテルとなりました。更に近い立地ではリッツカールトンホテルもございましたが、流石に金額的にもきつかったので、こちらのホテルに泊まる事にしました。

f:id:ichirokkets:20180524000022j:plain

サンダウンマラソンの会場のF1・PIT Buildingまでは徒歩で約10分ですので非常に良い立地だと思います。フィニッシュ後も疲れた足をほぐすには丁度良い距離だと思います。

JWマリオットホテルの場所はMRT(地下鉄)サークルライン(黄色)のエスプラネード駅と直結しており雨の日などでも濡れずにホテルに入る事が出来ます。

また地下街がラッフルズ・シティと繋がっている事もあり同じMRTのイーストウエストライン(緑色)のシティ・ホール駅とも繋がっております。徒歩にして約5分でシティ・ホール駅にもアクセスする事が出来ます。

空港からMRTで移動する場合は、サークルラインでエスプラネード駅まで行くのが主流かもしれませんが、一度パヤレバー駅で乗り換えなければならない為、エスカレーターや階段などの登り降りがめんどくさいかもしれません。

そこでパヤレバー駅よりMRTではなく70・70Mのバスで移動するのも良いかと思います。自分はバス移動でホテルに向かいました。降りる場所はサンテック・シティ前になりますが、ホテルは道路の反対側になりますのでサンテック・シティ経由で歩道橋を渡る必要があります。バスでの移動はパヤレバー駅より約15分です。

もしくはイーストウエストラインでシティ・ホール駅で降車して地下街を通ってアクセスする方法もありますが、地下のフードコート内を通過する事もあり荷物が多いとちょっと邪魔になるかもしれません。身軽な方はシティ・ホールからアクセスするのが一番良いかもしれません。

ホテルの立地はマリーナエリアでもございますので、どこに行くにも非常に便利な場所だと思います。

客室

今回の客室は有り難い事に通常の部屋からアップグレードされており、広めのお部屋がアサインされ、部屋からの景色はラッフルズプレイスの金融街のビルが見える位置で夜景も楽しめる事が出来ました。

f:id:ichirokkets:20180524000155j:plain

部屋のアメニティ関連は必要な物は全て揃っておりますが一応念のため紹介しておきますと、ドライヤー・セキュリティボックス・冷蔵庫・ガウン・ハブラシ・バスソープ・石鹸等。

そして気になる水回りですが、トイレはTOTOのウォシュレット付きの便座となっております。大きなバスタブが設置してあり、シャワーブースも別でございます。全て別の配置となっており、水回りは非常に広いスペースが確保されており使用し易かったです。

f:id:ichirokkets:20180524000250j:plain

f:id:ichirokkets:20180524000320j:plain

ただ一つ残念だったのがシャワーの水圧があまり強くなかった事です。自分はシャワーの水圧を弱から強まで調整出来るシャワーヘッドが好きなので今回のシャワーヘッドはとても残念な水圧でした・・・。

ベットはキングサイズが用意されており、寝心地は抜群に良かったです。マリオット系列のホテルのベッドはいつも快適に睡眠が取れるので大変お気に入りでもあります。

ウェルカムドリンク4本(水)・ウェルカムフルーツ・チョコレートが用意されてました。

エグゼクティブ・ラウンジ

2018年5月現在では、マリオットゴールドエリート会員はエグゼクティブ・ラウンジの入室が出来ますが、2018年8月1日以降はspgとの統合により、ゴールドエリートでもラウンジが利用出来なくなりますのでご注意下さい。

そんな私はゴールド会員ですので8月1日以降は利用出来ない為、今回は大いにエグゼクティブ・ラウンジを堪能させて頂きました。

営業時間は朝6時から夜の24時までオープンしております。場所はエレベーターで2階で降りて廊下を進んで行くとラウンジがございます。朝は朝食・午後はティータイム・夜は軽食と楽しむ事が出来ます。ただ夜は食事らしい食事は出来ませんので、どこか外で済ませてくる方が良いかもしれません。

朝食

f:id:ichirokkets:20180524000551j:plain

ティータイム

f:id:ichirokkets:20180524000454j:plain

f:id:ichirokkets:20180524000522j:plain

近場ではエスプラネード駅に入ると直ぐ脇にホーカーがあったり、ラッフルズ・シティの地下には沢山の飲食店がございますので参考にしてみて下さい。

まとめ

JWマリオットホテルは立地的にも非常に良い場所にあり拠点にするにはとても良いと思います。ホテルのスタッフも感じの良い方ばかりで非常に話し易いオーラが出ております。分からない事があればなんでも教えてくれますので、遠慮する事なく聞いてみて下さい。

自分はチェックアウト後に部屋にiPhoneのイヤホンを忘れてしまい取りに戻ったところ、親切にご対応して頂きました。無事イヤホンもピックアップ出来て一安心でした。

ちなみにベッドの上に白いイヤホンを置くのは止めておきましょう。ベットの色と同化してしまい見落としてしまいます・・・。(苦笑)

サンダウンマラソンシンガポール2018参加してきました

こんにちは、先週末よりシンガポールに渡航していたダメリーマンです。ブログの更新もロクに出来なかったので、やや中毒症状が出てきております。(笑)今回もシンガポールでは時間がない中での活動でしたので、あまりのんびりする事は出来ませんでしたがそれなりに楽しんできました。

そして今回シンガポールに渡航した目的は去年も参加したマラソン大会「サンダウンマラソンシンガポール」のハーフマラソンの部に参加して来ました。

サンダウン=陽が落ちる 所謂、夜走るマラソン大会です。シンガポールでは毎年開催されており徐々に認知度も高くなってきているマラソン大会の一つです。そんなサンダウンマラソンの魅力も含め紹介して行きたいと思います。

サンダウンマラソンシンガポール2018

夜中に走る大会(ナイトラン)としてシンガポール国内でも認知度の高いマラソン大会です。カテゴリーはフルマラソン~5kmランまで走力に合わせて参加が出来る大会ですので、ベテランランナーから初心者ランナーまで皆が楽しめるイベントです。

過去の記事でも幾つか紹介しておりますので合わせてご確認下さい。

www.danganensei.com

www.danganensei.com

去年2017年大会はフルマラソンの部に参加をしたのですが、非常にツラかった経験から今年はハーフマラソンの部に変えて参加をしました。兎に角この時期でも夜は暑いので身体に負担はかかりますし、おまけに寝ないで走っているわけですから普通のマラソンに比べてペース配分も含めて難しいレースです。毎年ただツライだけのレースよりかは折角海外に来て参加しているわけですから、少しでも楽しみたい気持ちもあり今回はハーフマラソンを選択しました。

f:id:ichirokkets:20180522235346j:plain

ハーフマラソンの部

今回参加したハーフマラソンのスタート時間は23時45分で制限時間は4時間30分の設定となっております。制限時間は比較的緩い大会ですので誰でも気軽に参加出来る辺りがこのマラソン大会の良い部分でもございます。

ちなみにフルマラソンの部は深夜1時スタートで制限時間は8時間設定です。東京マラソンの制限時間が7時間ですので、暑さも考慮すると丁度良い設定かもしれませんね。

さてそんなハーフマラソンを走ってきたわけなのですが、ハーフだからと言って気持ち的にもだいぶ余裕が出来ており、全然睡眠を取りませんでした。←これダメな例です。

金曜日の深夜便でシンガポールに移動したのにも関わらず飛行機内でも睡眠を取る事なくスタート前当日の夜1時間ぐらい仮眠した状態で参加しました。当然身体的にもややしんどい状態でしたがハーフマラソンだし何とかなるでしょ!と思っていたのが間違いで、睡眠不足+暑さは身体にだいぶ堪えました。

そもそも今回は楽しく走るをモットーにして参加していたので辛ければスピードを落としたりして調整をしていたのは内緒の話です。ナイトランと言う事もあり、夜景を楽しむにはもって来いのマラソンコースなのでただ辛いだけでは勿体ないですよね。

そんなこんなでフィニッシュタイムは1時間41分前後だったと記憶しております。

コース設定

スタート・フィニッシュ地点はF1・PIT Buildingとなります。シンガポールフライヤー(観覧車)がある所です。MRT(地下鉄)の最寄りの駅はサークルライン(黄色)のプロムナード駅にから徒歩約5分の場所になります。

ハーフマラソンの前半部分はカラン方面に走り、スポーツハブ(国立競技場)近辺を周るコースになっております。後半はマリーナイーストのゴルフ場の脇を走りながらガーデンズ・バイ・ザ・ベイに向かいます。この辺りの夜景は凄く綺麗なので身体的には辛い部分ではございますが、景色を楽しむ余裕を持ちながら走る事をおススメします。

その後はマリーナベイサンズの周りを走りながらラッフルズ方面に走りマーライオンを通り過ぎて最後はエスプラネード手前をシンガポールフライヤー向かって走り切ってフィニッシュとなります。

今回はハーフマラソンという事もあり余裕を持ち過ぎたことに反省です。やはり睡眠時間はとても大切ですし、身体を良い状態に持って行かないと身に危険が及ぶ可能性もございますので、この辺りは本当に注意が必要です。ただでさえ暑い環境で身体が慣れていない状態なので今後は気を付けたいと思います。

この大会は本気で走るというよりかは夜のお祭り感覚で走った方が絶対楽しめますし、夜景も十分に堪能出来ると思いますので、一見ベテラン向けの大会にも見えますが初心者ランナーの方でも全然問題ない大会だと思います。現地の方々もベテランから初心者の方まで幅広い層で参加されてます。

最後に気になるフィニッシュ後の移動ですが、当然深夜ですので街の公共交通機関は動いておりませんので大会専用のシャトルバスが運行しております。またタクシーを利用したり、徒歩圏内にホテルも多くございますので、夜の移動も安心して参加出来る大会です。

まとめ

この大会は日本では馴染みが薄い為、旅行代理店などのツアーはございません。また代理でのエントリーも行っていないので全て個人で手配する事になります。公式ホームページは英語サイトのみとなりますのでご注意下さい。

来年の大会要項などのお知らせはギリギリまで発表にはなりませんが、エントリーは恐らく年末辺りから始まりますので、その時はこのブログでもエントリー方法を含めて紹介して行きたいと思います。

この大会について分からない事や質問がある方はメッセージを残して頂ければ分かる範囲でお答え致しますので気軽にお問い合わせ下さい。

柴又100K ウルトラマラソンの開催日は2018年6月3日

こんにちは、最近楽天市場で買い物しまくっているダメリーマンです。そしてあれよあれよで楽天のダイヤモンド会員までランクが上がってたみたいでして、これはこれで嬉しいですね。ただダイヤモンド会員の特典内容とかも把握しておりませんので、どのぐらいメリットがあるかも分かっておりません。今度時間がある時にでも調べてみたいと思います。←結局調べないヤツ。(笑)

さて今回は来月6月3日に開催される「柴又100K」ウルトラマラソンについて纏めてみたいと思います。

柴又100K

今年で6回目を迎える「柴又100K」の開催日は2018年6月3日(日)になります。既にエントリーは締め切られておりますので、参加されたい方は来年2019年の大会エントリーしましょう。

f:id:ichirokkets:20180518002245j:plain

東京都内で開催されるウルトラマラソンは非常に珍しく日帰り出来る大会としても非常に人気を集めている大会でもございます。

スタート地点・フィニッシュ地点は柴又公園河川敷となっており、一応東京開催ではありますがコースは埼玉県・茨城県を通るルートとなっております。

会場の最寄りの電車の駅は、京成金町線の柴又駅もしくは北総鉄道の新柴又駅より徒歩約8分となります。

こんなにもアクセスの良いウルトラマラソンは珍しいので、ウルトラ初心者の方にも気軽に参加出来る大会の一つでもあります。

カテゴリー

参加カテゴリーは全部で5つに分かれております。

  • 100kmの部
  • 100km・壮年完走チャレンジ15Hの部
  • 60km
  • 親子1kmペアラン
  • キッズラン2km

100km壮年完走チャレンジ15Hの部は女性40歳以上・男性60歳以上の12時間~15時間以内で完走出来る方がエントリーする事が出来ます。

親子1kmペアランは未就学児と親御さんのペアで参加する事が出来ます。

キッズラン2kmに関しましては小学生限定となっております。

カテゴリー毎にスタート時間が異なる為、自分が走るカテゴリーを確認の上スタート地点にお集まり下さい。一番早いスタートは6時の100km壮年完走チャレンジで、その次に6時30分スタートの100km一般の部となります。

60kmに関しましては9時30分スタートとなり、親子ペアが10時15分、キッズラン2kmが10時45分となっております。

コース設定

私が参加した第1回大会と殆どコースは変わっておらず、ひたすら河川敷を走るコースです。景色はどこまでも河川敷でゴルフコースがあったり野球場があったりと変わり映えしないので精神的にツラかった事を思い出します。(笑)

コースの起伏は河川敷ですので少し上ったり下ったりする箇所もございますが、ほぼフラットだと思って頂いて問題ないかと思います。

スタートの柴又公園から50km地点のエイドステーション五霞町ひばりの里で折り返して再び柴又公園に戻ってくる合計100kmのコースです。

個人的な感想は100kmでサブテン目指している方はこのレースをターゲットにすると良いかもしれません。所々でコース幅が狭い所もございますがウルトラにしては比較的走り易いのでパーソナルベストが出やすいコースだと思います。

またウルトラ初心者の方が初めて参加する大会にしても良いかと思います。100kmはちょっと無理という方は60kmの部もございますのでチャレンジしてみて下さい。

まとめ

第1回大会を参加して以来参加していない「柴又100K」ですが毎年この時期になると当時を思い出しますね。兎に角日帰りで参加出来るウルトラマラソンって凄く魅力的でしかも都内の電車でアクセス出来るわけですから、朝から夜まで走って次の日仕事に行く事も普通に出来ますのでスケジュールも調整し易いですね。

また帰りも食事をしたり銭湯に入ったりする時間も作れますので、疲れた身体をリカバリーする上でも最高の環境だと思います。

今年のエントリーは締め切られておりますが、ウルトラマラソンにチャレンジを考えられている方はまず柴又100Kから挑戦してみては如何でしょうか。

サロモントレイルランニングシューズを紹介

こんにちは、早速昨晩よりマラソン練習を再開したダメリーマンです。ハーフマラソン後でも中1日では身体の疲労は抜け切れておらず常時重たい走りとなりました。週末にはシンガポールにてハーフマラソンも控えている為、今週はリカバリーしながら練習を続けて行きたいと思います。

さて今回は、トレイルランニングの時に使用しているお気に入りのメーカーのシューズを紹介したいと思います。ここ最近はトレイルレースに殆ど参加をしておりませんが、過去幾つかの大会に参加した時のパフォーマンスが最高に良かったので参考にしてみて下さい。

サロモン(SALOMON)

サロモンはご存知の方も多いかと思いますが、ウインタースポーツ(スキー・スノーボード)や登山靴などを専門に販売しているメーカーです。

そしてトレイルランニング用のシューズに関しましては、トレイルランニングが流行る前から販売しており今では普通のランニング用シューズも合わせて販売しております。

サロモンは現在フィンランドのスポーツ用品メーカー「アメアスポーツコーポレーション」が経営しており、日本法人はアメアスポーツジャパン株式会社としてサロモン製品を販売しております。

サロモンのトレイルシューズ

サロモン製品の商品ラインナップは多く、ランナーの脚力に合わせたシューズを選ぶ事が出来ます。軽量サイズの物からゴアテックス仕様のシューズまで幅広く対応しておりますので、自分のカテゴリーを確認しながらチョイスしてみましょう。

現在発売されている代表的な商品を掲載してみました。それぞれのシューズに特徴はあり一番上の「XA PRO 3D GORE-TEX」はゴアッテクス仕様となっておりますので防水性が非常に高い商品になります。トレイルランニングは雨の中でも開催されますので、靴まで濡れてしまう事もありますので、少しでも靴の浸水を防ぎたい方にはおススメです。ただ大雨や川を渡らなければならないコースなどではいくらゴアテックス仕様であっても踝から上まで水に浸かれば意味がなくなりますのでご了承下さい。

初めて購入される方はサロモン専門店などに行くと店員さんが丁寧に説明してくれますので、サイズ等も合わせてから購入する事が出来ます。なので初めての方は店頭で購入する事を強く勧めます。

サロモンのトレイルシューズはここが凄い

私が初めて使用したトレイルシューズは海外から取り寄せたアシックスの逆輸入品でした。このシューズは散々履いて練習や大会に参加しておりましたが、どうもグリップ感に不安があり攻める走りが出来なかったと今では思ったりもしております。最後は富士登山競走の山頂コースを走り切って引退させたシューズなのですが、色々な思いでがあり未だに捨てる事の出来ないシューズです。

そして新たに慎重したトレイルシューズがサロモンになるわけなのですが、練習の時には感じなかった本番でのガチなレースでは非常に安定感のある走りをする事が出来ました。特に凄いと感じた瞬間は山の下りの安心感はハンパなく向上しており、足首周りのフィット感も柔らかく急こう配でもそれなりのスピードで駆け抜けられます。この辺りの開発技術は流石だと思いました。

またサロモンのトレイルシューズは靴紐は結ぶタイプの物ではなく、締めるタイプの物で靴紐がほどける事はありません。シューズの中に小石が入っても直ぐにシューズを脱いで、履く事も出来るのでとても便利だと思います。

この辺りも含めてサロモン製品は自分の中で非常にお気に入りのトレイルシューズでもございます。

まとめ

この数年トレイルレースに参加をしておりませんが、かつて参加したキタタンと言われる北丹沢12時間耐久レースや道志村トレイルレースでは活躍してくれたサロモンのシューズです。

キタタンでは練習の成果もありますがシューズをサロモンに変えて出場してみたら1時間以上もタイムが短縮されるなど、自分自身の成長を感じられるシューズでもございました。

現在トレイルレースは自分の中で休止しておりますが、また何時か走りたいという願望はございますので、その時は新しいサロモンのトレイルシューズを新調しようと思っております。

【スポンサーリンク】