不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

シカゴマラソン遠征の宿泊先

こんにちは、ここ数日は気温も一気に冷え込み気持ちい毎日を過ごしているダメリーマンです。このぐらいの涼しさが一番好きな気候でもある為、マラソン練習にも精が出ます。

シカゴマラソンが終わり体力的にも普通の練習をする事が出来ており、来週末のフルマラソンに向けて良い感じ体調になってきております。ただ体重的にはまだまだ重いので中々キロ4分前半を維持出来るスピードが出せないでおります。

この状態ではサブスリーなんて全然無理な話なので、本番レースを練習の位置づけとして徐々に身体を仕上げて行きたいと思います。

さて今回は先週参加しましたシカゴマラソンの時にお世話になった宿泊先を紹介したいと思います。今回泊まった場所はホテルではなくてホステルという共同ドミトリーです。

HIシカゴホステル(HI Chicago Hostel)

こちらの宿泊先はホステルと言って相部屋で宿泊する施設でございます。私が予約したお部屋は男性専用の4人部屋となり二段ベッドが二つあるお部屋でございました。

f:id:ichirokkets:20171019005320j:plain

他にも8人部屋や2人部屋などの選択肢もありますので友達数人で泊まったり、夫婦や恋人と泊まったりも出来る客室ですので利用用途によって客層もマチマチでございます。

私が宿泊した客室では、イギリス人、韓国人、アメリカ人と全員国籍が違う4人でしたのである意味面白い組み合わせでした。それぞれ生活環境や文化も違いますが、この時は皆同じ目的でもあるシカゴマラソンに参加する為にこのホステルに宿泊しており、隣部屋の台湾人の方も全員マラソン参加者でした。

面白い事にみんな寝る時間帯から起床時間まで殆ど同じ時間で動いており、深夜に出入りする人もいなければ、早朝は皆準備をしておりますので物音を気にする事なく出来たのでとても過ごし易かったです。

また言語もアジア人の方は英語で話してくれますのでコミュニケーションも普通に取る事ができホステルならではの楽しみ方も出来ました。

多分殆どの宿泊客がシカゴマラソンに参加する為の宿として利用している感じもしましたので、とてもリラックス出来る環境でした。

フロントではマラソン参加者には無料でミネラルウォーターを配布しておりスタッフの皆さんも歓迎ムードで明るく対応して頂いてとても快適に過ごせました。

客室(バスルーム・寝室)

チェックインは夕方の16時からとなりますので、それ以前に到着した場合は荷物を預かってくれます。預かってくれると言っても自分でロッカーに入れて鍵を閉めるんですけどね。

鍵はホステル特有の自分で南京錠やダイヤル式のロックを用意しておく必要があります。また客室のロッカーも同じ物ですので、ホステルに宿泊される場合は自分で用意しておきましょう。

そして気になるバスルームですが、共同という事もあり若干気にはなりますが比較的綺麗に清掃されておりますで、慣れれば全然気になりません。ただシャワーの水圧は微妙ですが、お湯はちゃんと出ます。

シャンプーやボディーソープは備え付けの物もございますが、微妙ですので自分で旅行用の物を用意しておくと良いと思います。ハブラシ系も忘れずに準備しておきましょう。バスタオルは用意されておりますので持って行く必要はありません。

あと用意しておくと良いものとして、ダイソーなどで売っているゴムスリッパを用意しておくとお部屋の移動などでは便利です。

寝室は二段ベッドになりますので上に寝る事になると、登る時少々危ないので気を付けましょう。私は二段目でしたので降りたり登ったりで結構大変でした。

夜はシカゴ名物のループが近くを走っている為、深夜早朝と結構な煩い音が聞こえてきますので騒音が気になる方は耳栓など用意しておくと良いかもしれません。

寝巻きは季節に合わせた物を用意しておきましょう。

ホステルの立地

HIシカゴホステルはシカゴの中心に近く、オヘア空港から直通の電車ブルーラインの最寄りの駅も側にありとても便利な立地です。

最寄りの駅はブルーラインで言うとジャクソン駅(Jackson)かラサール駅(LaSalle)となりどちらも徒歩7分ぐらいです。

f:id:ichirokkets:20171019005421j:plain

まらレッドラインのハリソン駅(Harrison)とジャクソン駅(Jackson)は徒歩3分ぐらいです。

※ジャクソン駅はブルーラインとレッドラインでは駅が違いますので乗り換えは出来ません。

そしてシカゴマラソンの会場でもあるミレニアム・パークまでは徒歩5分で着きますので、朝の移動は非常に楽に出来ます。出発時間もマラソンのスタート時間に合わせて調整し易いので、マラソンを走られる方にはもって来いの立地でございます。

ちょっとした買い物は徒歩3分ぐらいの場所に24時間営業のセブンイレブンがございますので助かります。食事をする場所もハンバーガーショップやピザ屋さんなどジャンキーなお店はたくさんありますので食事には困りませんが大会前のランナーにはちと重いかもしれません。(笑)

宿泊料金

ホステルにしてはちょっと値段が高いかもしれませんが立地を考えた場合はそれ相応の相場かもしれません。

私が予約した4人部屋の宿泊代金は2泊で110ドルで1泊55ドルでした。これにホステリング・インターナショナルの会員でない方は一泊につき3ドルが必要になります。

朝食はブッフェ形式となっており、朝6時よりオープンしておりますが我々マラソンランナーはそれ以前に準備を終えて会場に向かっておりますので朝食を採る事がありませんでした。私は翌日も早朝に出発する予定でしたので結局朝食は頂く事が出来ませんでした。

まとめ

ホステルは共同部屋となりますので、一人でリラックスしたい方やホテルライフを満喫されたい方にはお勧め出来ませんが、元バックパッカーや現役の方には全然問題のない施設でございます。

同じ部屋で生活をする訳ですのでコミュニケーションもある程度は必要になりますので、積極的に取れるタイプの人でないと楽しめないかもしれません。それでもタレントの出川哲郎さんバリのノリで乗り切れる人は問題ないと思います。

どこのホステルもそうですが、女性専用のお部屋もございますのでお一人様の女性でも安心して宿泊する事が出来る施設です。

シカゴマラソン2017:完走記

こんにちは、ブログの更新頻度が若干落ちているダメリーマンです。アラフォーともなると疲労回復具合も20代の頃とは全然違って1日寝れば100パーセント復活ってなわけには行かないものです。悲しいですがこれが現実です。(笑)

先週はシカゴマラソンに参加する為にアメリカ遠征をしたダメリーマンですが、時差マイナス13時間は見えない所で大部身体に堪えたようです。

そして普段通勤電車では寝る事がないのですが、帰りの電車で座れるような事があれば眠くなり寝てしまう日もしばしば。

まぁそうは言うもののアメリカに居た期間は睡眠時間が殆ど取れなかったというか初日は全然寝れなかったという翌日マラソンを走るクセに全然調整が上手くいかなかった事も影響していたと思われます。

さてそんなシカゴマラソン2017を走ってきた完走記というものを綴ってみたいと思います。今後シカゴマラソンの参加を考えている方の参考になれば幸いです。

シカゴマラソン2017

このブログでも何度も紹介してきておりますが「シカゴマラソン」は世界六大大会の一つのマラソン大会でWMM(ワールドマラソンメジャーズ)に属する大会でございます。

日本では有名な東京マラソンもその六大会の内の一つとなり、ニューヨーク・ボストン・ベルリン・ロンドンと全6都市で年1回開催されております。

この6大会を全て完走したランナーには6スターフィニッシャーとして大変栄誉ある称号が与えられます。

そんな大会の一つでもあるシカゴマラソンは毎年10月2週目の日曜日に開催され世界各国から沢山のランナーが参加されます。

大変人気な大会でもありますので、エントリーは抽選方式ですが他の大会に比べて倍率も低い為、比較的参加し易い大会でもございます。

大会受付

大会の受付は当日は行いませんのでレースウィークの金曜日と土曜日に行っております。2017年の場所はシカゴの中心部から南に位置する「McCormick Place-Lakeside Center」でEXPOが開催されておりました。

ここでは大会受付の他に各種イベントや物販なども多く開催されておりますので受付ついでにグッズを購入したり配布物を貰ったりと楽しむ事も出来ます。

会場までのアクセスは各主要なポイントから無料送迎バスが往復で出ておりますのでこちらを利用するのも良いですし、電車でアクセスする事も出来ます。

ランナーであれば全然走れる距離でもありますので大会前日の練習がてら走って向かうのもアリだと思います。

大会当日

スタートは各自の申請タイムによりスタート時間やブロックも違いますので自分のゼッケンを確認してスタート時間とブロックを確認して下さい。

パンフレットは全て英語表記ですが、シカゴマラソン公式ホームページには日本語に対応したパンフレットガイドをPDFで閲覧・保存出来ますので英語が苦手な方はこちらで確認された方が確実に分かると思います。

WAVE1のスタート時間は7時30分となり7時20分までに列に並ぶようにしましょう。私の場合は7時前ぐらいに列整理のブロックに到着しましたが比較的空いている状態でした。ただその前にセキュリティチェックから荷物預けまでの時間が混雑しますので最低でも6時30分にはセキュリティチェックの列に並んでおくと良いと思います。

トイレの数もかなり多く設置はされておりますがどこの場所もそれなりの列が出来ておりますので、宿泊ホテルが近い方はなるべく済ましてきた方が良いかもしれません。

スタート~ゴール

私のスタートはBブロックだった為、比較的渋滞する事もなくスムーズにコースインする事が出来ました。各ブロック共に確り区分けされておりますので、違うブロックの人が紛れている事は一切ありませんでした。

ちょうど同じぐらいの走力の方々達とスタートする事が出来ましたのでペースが作り易く最高のスタートが切れたと思います。

全体的にコースはほぼフルフラットで坂を上った記憶がございません。唯一坂らしい坂と言えば、ちょっとした橋を渡る時に若干の傾斜がついているぐらいで完全フラットのハイスピードコースと呼んでも良いと思います。

沿道の応援はスタートからゴールまで途切れる事なく朝からアメリカならではのハイテンションな応援を頂けます。日本やアジアの大会もとても良いのですが、やはりここはアメリカですテンションが違います。この辺りは文化の違いもありますが、本場アメリカのお持て成しを存分に面白く楽しまさせて頂きました。

所々日本の国旗を持って応援してくれている日本人の方もいらっしゃいましたので、とても嬉しかったですね。

私自身の結果は、ベストには程遠い記録となりましたがとても良い経験をさせて頂けました。一応結果は3時間22分うんたら秒です。

ちなみにフルマラソンのスタート・ゴールは同じミレニアム・パーク内となっており、フィニッシュ後はそのまま帰宅出来るので移動は楽だと思います。

2018年大会の申し込み期間

早速2018年大会の申し込みが今月末より始まります。前回同様に私が申し込みをした優先エントリーは今年もございます。

  • 優先エントリー

2017年10月24日(火)10時(アメリカセントラル時間)より開始されます。こちらは先着順ではなく大会規定のタイムを持っている方は優先してエントリーする事が出来ます。

規定タイムの記録は2016年1月1日から申し込み現在までの記録でアメリカ陸上競技連盟(USATF)かそれ同等の大会の記録が必要です。

私は去年出場したシドニーマラソンの記録を提出して認可して頂く事が出来ました。アメリカ国内でなくても国際陸上競技連盟のゴールド・シルバー・ブロンズラベルの大会でも可能だと思いますが、シルバー及びブロンズは試していないので実際の所は分かりません。

  • 各年代毎の基準タイム

  年齢        男子       女子

16-29  3:10:00  3:30:00

30-39  3:15:00  3:45:00

40-49  3:25:00  3:55:00

50-59  3:40:00  4:10:00

60-69  4:00:00  4:35:00

70-79  4:30:00  5:10:00

80and over 5:00:00  5:45:00


仮に記録が認められなかった場合は自動的に一般エントリーに移る形となります。上記の記録を持っていると優先的にエントリーができ、記録が認められれば抽選方式ではなく確実に参加する事が出来ます。審査結果は申し込みから約一週間後にエントリー時に登録したメールアドレスに届く形となります。

  • 一般エントリー

一般エントリーは2017年10月31日(火)10時(アメリカセントラル時間)から開始されます。

締切は2017年11月30日(木)14時までになります。締切日は一般も優先も同じ日時となります。

  • エントリーフィー

エントリー代は一般も優先も変わらず、アメリカ在住者は195ドル。国外の方は220ドルになります。

まとめ

この時期のシカゴは気候的にも走り易い環境ではありますが時折日差しが強いと感じる所もありました。マラソンを走る上で若干気温が高いかな?と思いましたが、空気が澄んでいてとても気持ち良く走れました(前半は)。

後半は久しぶりのフルマラソンの大会という事もあり、かなりバテバテな展開となり苦しい時間が続きましたが終わってみれば、とても楽しい思い出でございます。

WWMの大会を東京に続きシカゴも達成出来ましたので、残り4大会目指してエントリー合戦から挑みたいと思います。

まずは来年ベルリンとニューヨークにエントリーしてみたいと思います。

f:id:ichirokkets:20171016222743j:plain

ブログを五日間放置した結果

こんにちは、昨日の朝10時よりチケットぴあにてJリーグYBCルヴァンカップ決勝のプリセールに敗れたダメリーマンです。

それでもまだ購入のチャンスは残されておりますので、本日の朝10時より再びチケット争奪戦に参加致します。昨日は販売から凡そ3分でアウェイ川崎フロンターレ側のゴール裏自由席のチケットが完売となり予想以上のスピードで瞬殺された事にショックを受けております。

私ダメリーマンは券種を選びコードを入力した所で次の画面に進む事が出来ませんでした。このままチケットを入手する事が出来ないと非常に残念な事になりますので、明日は絶対に負けられない戦いなのであります。

さて今回は、ブログ更新が滞っていた分、たくさんのネタを仕入れてきましたので順次小出しにして行きたいと思います。

5日間ブログを放置した結果

先日も書きましたが、5日間更新していなくてもアクセス数をそれなりに稼いでくれていたお陰様でブログのモチベーションも下がらずに続ける事が出来ております。

他の方からしてみれば大したアクセス数ではございませんが、記事を更新してもしなくても同じぐらいのアクセス数を5日間キープしており、毎日更新する必要性は無いのかもしれないと思い始めました。

ただブログを更新しない日が続くと何だか落ち着きませんので、やっぱり毎日更新してしまうかもしれません。まぁこの辺りはあまり気にしないで気楽に出来ればいいかな?って思います。

アクセス数を維持出来ていた要因

要因としては検索流入に助けられた形となり、最近旬な話題のルヴァンカップ決勝関連から先日開催されたシカゴマラソン。また来週よりエントリーが開始されるベルリンマラソンなどの記事にアクセスが集中しておりました。

www.danganensei.com

 

www.danganensei.com

 

www.danganensei.com

やはり旬なネタを投入するとアクセスが稼げますね。先月は東京マラソンの抽選結果の記事に関しましても一際目立つアクセス数となりました。

コンスタントにアクセス数を稼ぐ過去記事

旬なネタは時が過ぎれば一気に読まれなくなりますので一時的なアクセス増加には効果的ですが、中長期での効果は期待出来ません。

そんな中、過去記事で中長期的にアクセスを稼いでくれている記事が幾つかございます。

f:id:ichirokkets:20171015015022j:plain

バンコクのスワンナプーム国際空港のイミグレーションをストレスフリーで抜ける方法を紹介した記事はアップしてからアクセス数は以前として高い数字を記録しており、マラソンアイテムを紹介したゼッケンベルトに関しての記事もロングセラーとなっております。

www.danganensei.com

www.danganensei.com

まとめ

こうして考えてみると皆が不便に思っている事やその解決策や方法を紹介する記事は長期的にアクセスを増やせますので、自分が不便に思った事や上手く解決する方法などの記事を今後も増やして行きたいと思います。

やはりこのような記事は実際に実体験を下に紹介する必要がありますので、体験した事は成るべく気持ちが冷めないうちにアウトプットする必要がありそうです。

川崎フロンターレYBCルヴァンカップ決勝進出決定:チケットを確保せよ(セレッソ大阪サポさんも参考にして下さい)

こんにちは、一昨日日本に帰国したダメリーマンです。渡航中にブログを更新する力もなく、約5日間放置状態でございました。

そんな5日間放置した結果として、このブログのアクセスもスズメの涙にもならないかと思いきや意外と踏ん張ってくれていて正直驚いております。

最近は検索流入のアクセスが多く、ようやく平均アクセス数も3桁は当たり前の状態になり、この5日間更新していないのにも関わらずアクセスが伸びているのは、色々な要素もある事ながら、我等の川崎フロンターレがYBCルヴァンカップの決勝進出を決めたお陰様もございます。

www.danganensei.com

こちらの記事は準決勝前にアップした物で決勝進出条件を纏めたものですが、いざ決勝進出が決まってからアクセスが伸びた記事です。

実際の内容は決勝戦の情報は一切なく、準決勝の情報だけですのでアクセスして下さった方には大変申し訳ない限りでございます。

本来であれば決勝進出を決めた瞬間に決勝について纏めた記事をアップするべきなのですが、アメリカ渡航中という事もあり更新出来ませんでした。

そしてようやく一昨日帰国した分けですが時差ボケで身体が思うように動かない事もあり昨日は仕事で一杯一杯の生活をしておりました。

よって今日は一番大事な観戦チケットの入手方法だけにスポットを当てた記事にしたいと思います。

チケット発売日

本当に申し訳ないですが、実は既に抽選式チケットに関しましては全て抽選及び販売は終了しております。

が、しかし本当のチケット争奪戦がここからが勝負です。

まず明日10月14日(土)チケットぴあにて先行プレセールがAM10時より販売開始となります。こちらは全席種が一斉販売となる為、予め欲しいチケットの券種を調べておきましょう。

チケットぴあ http://t.pia.jp/

※チケットぴあ会員登録がお済でない方は会員登録しておくとスムーズです。会員登録は無料です。

念のため確認しておきますが、ホーム側(北門)はセレッソ大阪でアウェイ側(南門)は川崎フロンターレとなります。ですから間違えて自分の応援するチームとは逆側のチケットを買わないようにして下さい。

f:id:ichirokkets:20171014000253j:plain

14日に入手出来なかった方は

15日には全国のプレイガイドより一斉にプリセール販売が開始されます。14日の発売はあくまでもチケットぴあの先行プリセールであり枚数にも限りがありますので早い段階で指定枚数に達してしまうのではないかと思います。

15日にはローソンチケット他プレイガイドで販売も予定しておりますので14日入手出来なかった場合は諦めずに15日にもチャレンジして下さい。15日もAM10時より発売です。

また川崎フロンターレ後援会から会員限定の販売も予定しておりますので、後援会に入会されている方はこちらから入手される方が確実かもしれません。

後援会会員限定の発売日は、ローソンチケットと同じ発売日の10月15日(日)AM10時からです。

一般発売

上記でもチケットを入手出来なかった方は、一般発売がございます。

こちらの発売日は10月22日(日)AM10時からになります。全国のプレイガイドから一斉の販売となりますので最後の砦となりますので、ここでチケットを確保出来ないとかなり厳しい状況になりますので心して挑みましょう。

まとめ

今年のルヴァンカップは埼玉スタジアム2002での開催となりますので、観客動員数もかなりの座席があると思いますので、そこまで慌てる必要もないかもしれませんが、セレッソ大阪・川崎フロンターレ以外のサッカーファンも多く観戦に来られるかと思いますので油断は禁物です。

また転売目的に買い占める方もいらっしゃる為、余計に競争は激しくなる可能性もございます。

まずは明日のAM10時に購入出来る方はしておいた方が無難だと思います。

毎日投稿記録が途絶える可能性

こんにちは、今週の水曜日の夜にロンドンマラソン事務局より落選通知を受けたダメリーマンです。やはり中々のハードルの高さのロンドンマラソンです。来年も懲りずにエントリーはしたいと思いますが、もう全然当選する気配が感じられないのでロンドンに移住してしまおうかと思っております。←ウソ

我々海外組の抽選結果はことごとく落選通知を受け取った方ばかりで、当選通知のメッセージがどのように届くのか未だに見た事がない為、そもそも国外の人は抽選にすら参加させてもらえてないのかと勝手に被害妄想をしてしまってます。勿論ちゃんと抽選は行っているハズ。だと思います。

まぁ外れた事をズルズルと悔やんでいても仕方ありませんので、次はベルリンマラソンのエントリーに賭けて見たいと思います。

さて今回は、本日より私ダメリーマンはシカゴに向けて移動するに辺り現地でもブログを更新するべきか否かについて考えてみたいと思います。

今まで続けてきた連続投稿記録

実は連続投稿記録はそれなりに更新してきており、1記事リライトの為非公開にした記事を除いて毎日連続投稿は180日以上を記録しております。

そもそも連続投稿記録なんて自己満足に過ぎないし、別に一日二日更新しなくても良いとは思いますが、どうもここまで続けてきた事を止めてしまいたくない衝動が強く何やかんやで続いております。

f:id:ichirokkets:20171007003836j:plain

記事のストック

少し前までは1記事ぐらいのストックを用意しておりましたので、弾丸旅行の時などは何とか凌げていたのですが、5日間の渡航となるとそこまでストックを作成する時間も気力もない為、現在悩んでおります。

ここで連続投稿記録を途絶えさせてしまって良いものなのか?または、ここいらで一旦更新は止めて旅を存分に楽しめや!

と様々な葛藤の中、今回は更新を休んでしまおうかと思ってます。

毎日更新に拘る必要はあるのか?

私ダメリーマンの場合は毎日更新する半面、記事内容の薄さが課題なのは自分でも分かっているつもりです。

それなら毎日更新はしないで、記事のボリュームを増やして内容を充実させた物を公開するのもアリかと思い始めました。

恐らく毎日更新しないと私みたいなブロガーはアクセス数が稼げなくなるのは目に見えておりますが、ここいらで少し方向性を変えながらブログの更新をしてアクセスを増やせるよう努力してみようと考えてます。

なので連続で投稿する時もあれば、しない時もある。記事の質に少し拘りながら方向転換してみたいと思います。

まとめ

今日から久しぶりの5連休になりますが、5日間共全て使い切っての旅行になります。あっという間に来週の週末を迎える事になると思いますが、しっかりリフレッシュしてきたいと思います。

もしかしたら気が変わってブログを更新している可能性も無くはないので、更新しててもあたたかい目で見てやって下さい。

【スポンサーリンク】