不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

胸糞悪い映画ですが航空ファンは観ておこう「Flight」(ネタバレあり)

こんにちは、シンガポールのノベナ駅直結の場所に9月オープン予定の「コートヤード・マリオット・シンガポール・ノベナ」の予約開始が今か今かと待ちくたびれているダメリーマンです。

今思えばあの近辺はいつも工事中で当時は何を建設しているのか全く興味がなかったダメリーマンでしたが、今頃になってかなりの興味が湧いてきております。既にシンガポールまでのフライトは予約済みでもありますので、ホテルの予約が開始されたら早速泊まってみたいと思っております。

ノベナはシンガポール中心部よりちょい離れておりますが、非常に環境も良く落ち着いた街ですので生活をするにはとても良い場所です。大きな病院やノベナスクウェアなどのショッピングモールも駅と直結しておりますのでとても便利です。

またシンガポールのジョリビー2号店も去年よりオープンしております。オーチャードにあるジョリビーはいつも混んでおりますので、ジョリビーを食べたくなったらノベナで行くようにしてます。

そして九州でも有名な「九州パンケーキ・シンガポール店」も駅から徒歩3分の場所にございますので、食べた事の無い方は是非足を運んでみて下さい。

さてノベナの話題でまだまだ続ける事は出来ますが、そろそろ本題に入りたいと思います。

先日アマゾンプライムビデオで視聴した胸糞悪かった映画を紹介致します。そもそも胸糞悪い物を紹介するなよ!と言われそうですが、記事にしたくて仕方ないのでご理解頂けると幸いです。

フライト(Flight)

主演:デンゼル・ワシントン

この映画は2012年にアメリカで公開された映画で、日本でも上映はされておりました。当時は全くと言っていいほど、この映画には興味がなかったので観てはいませんでしたが、やはり航空ファンの端くれでもあるダメリーマンは飛行機物のエンターテインメントは観ておく必要があるという勝手な使命を感じて、この度視聴する事になりました。

あらすじは、オーランドからアトランタに向かう飛行機が機材トラブルにより不時着する話です。主人公のウィップ(デンゼル・ワシントン)はパイロットでありながら、アル中であり、〇〇にも手を出すとんでもないヤツです。

この時点でかなり胸糞悪くなってますが、映画という事で我慢して観ました。

フライト中にもウォッカの瓶2本をオレンジジュースで割って飲んでいるという、重大インシデント級の犯罪を普通に行ってます。

そんな中、フライト中に機材が故障して急降下で墜落していく飛行機を背面飛行という荒業で被害を最小限に抑えた胴体着陸を行い、乗員・乗客102名の内、96人が無事生還するという奇跡を起こしたパイロットとして一躍有名になります。

墜落の原因

そこで厄介なのが墜落の原因です。今回の事故は完全に機材のトラブルにより、パイロットの過失では無い事が判明しております。

責任は全て飛行機側のトラブルで処理される予定でしたが、今回の墜落で負傷したウィップの血液検査から高濃度のアルコールが検出された事が判明しました。

酒気帯び飛行でありながらも、とっさの判断能力と技術力で被害を最小限に抑えたウィップの飛行を真似出来る者は誰もおらず、事故当時の状況と同じシチュエーションでのシュミレーターを使用した飛行では誰一人として乗客・乗員を助ける事が出来ない結果となりました。(生存者ゼロ)

そのような状況の中、今回の事故に関してウィップに過失がないものとして処理をしようと周囲が動き始めます。

全然反省の色が伺えないウィップ

始めは本人も自分に過失はなく飛行機の不具合を訴えており、自分がしてきた事を肯定しております。

確かにウィップの技術でなければここまで多くの人を助ける事が出来なかったとは思いますが、こいつは飛行中にウォッカ2本空けるヤバイ奴です。

こんなパイロットが処分されずにのうのうとフライトする事自体が許されない行為であり、映画と分かっていてもイライラしちゃいました。

まぁ最終的には、全て自白して刑務所送りになるエンディングですので良しとしますが、何だか腑に落ちない感じが否めませんでした。

まとめ

この映画に出てくるウィックみたいなパイロットは現実的にはいない物だと信じたいですが、世界でかなりの数の飛行機が飛んでいる中、一人ぐらいはいたりするのかな?と思ったりすると恐怖を感じます。

どこの航空会社も出発前のアルコールチェックは確り行っているとは思いますが、やはり自分が乗る飛行機は信頼と実績のある航空会社を選びたいものです。

フライト [Blu-ray]

フライト [Blu-ray]

 

 

東京ローストビーフバーガーと大阪ビーフカツバーガーを同時に注文するわんぱく代表

こんにちは、相変わらずJAFモータースポーツライセンスを更新していないダメリーマンです。今年中に更新を済ませれば特に問題ないと言う事で完全に甘えちゃっております。ここ数年はレース活動も行っていなく、ライセンスが必要になるケースがございませんので、更新は結局後回しになってしまっております。

急遽、走るような事になれば直ぐにでも更新をしなければなりませんが、特にお呼びがかかるような事はございませんのでタイミングを見て更新したいと思います。

ちなみにこのライセンスは車のレースで使用する為の資格のような物です。最後に出場したレースは「ツインリンクもてぎ」で確か4年前ぐらいだったと思います。

そんな車遊びのお話しは置いといて、先日マクドナルドで発売されました新メニューの感想を綴ってみたいと思います。

一応わんぱく代表として、現在発売している期間限定商品を分かる限りで購入してみました。

東京ローストビーフバーガー

まずこのネーミングに東京が必要かどうかは別として、この商品名だと味の想像が全く出来ませんでした。想像が出来ない商品は大抵期待ハズレの物が多いのですが、この「東京ローストビーフバーガー」は違いました。

f:id:ichirokkets:20170817235121j:plain

そもそもあまり期待が持てていなかった為、少しでも期待値を上回ると美味しく感じるあるあるです。

通常のバンズとは違い、高級感あるバンズは柔らかくてローストビーフとパティを上手く組み合わせて何とか強引に調味料で誤魔化して作りました的な感じが漂うバーガーでした。

この調味料がポイントなのですが、辛子マヨネーズなのか何なのか分かりませんが鼻にツンッときますので、辛さで味覚が分からなくなります。

トータル的には一口目の味覚が期待以上でしたので、美味しく頂く事が出来ました。

この辺りの味付けは非常にシビアなラインでの駆け引きだと思いますので、開発担当者は苦労したのではないかと思います。

大阪ビーフカツバーガー

もうこれは食べる前から味の想像は出来ており、一口目の印象も想像通りの味でした。別に何ら新しい味でもなく、良くある無難な感じの「大阪ビーフカツバーガー」です。

f:id:ichirokkets:20170817235214j:plain

東京ローストビーフバーガーと比べて、ネーミングだけで勝負すると大阪ビーフカツバーガーの方が美味しそうに聞こえますよね。

どちらも味のコンセプトは全然別物ですので、比べるよりも一つ一つの味を楽しんで食べる方が良いかと思います。

この二つのバーガーは見た目は小さく物足りない感じがしますので、わんぱくな方はサイドメニューに期間限定ソースが付いているチキンマックナゲットも追加すると良いでしょう。

チキンマックナゲット期間限定ソース

今回の限定ソースは二種類ございます。

  • 東京レモンバジルマヨソース

こちらのソースはレモンの風味が強いので若干酸っぱく感じますが、マヨネーズソースがまろやかさを引き出しておりますので、全体的なバランスは悪くないと思います。

どちらかと言うとこの手の味は苦手なダメリーマンです。美味しくは頂けましたが、リピートは無いと思います。

  • 大阪お好みマヨソース

これは読んで字のごとくお好み焼き風味のソースです。ネーミングだけでも味の想像が簡単に出来ますので、安定したソースだと思います。

ただ味が濃い為、結構早い段階で飽きます。それでも東京レモンバジルソースよりかは万人向けだと思いますので食べやすいと思います。

f:id:ichirokkets:20170817235247j:plain

ここ最近のマクドナルドは期間限定のナゲットソースをリリースしておりますが、乱発し過ぎて一つ一つの味のクオリティがやや下がっていると思います。

ナゲットソースと言えば不動のバーベキューソースとマスタードソースですので、この二つより勝るソースは当面の間は出てくる事はないでしょう。

マックフルーリーブラックサンダー

こちらは有楽製菓株式会社より発売されております「ブラックサンダー」とのコラボ商品「マックフルーリーブラックサンダー」です。

f:id:ichirokkets:20170817235359j:plain

ようはマックフルーリーに砕かれたブラックサンダーが入ってます。キャッチコピーも「冷たい雷神」と申し訳ない程度に表記されております。

f:id:ichirokkets:20170817235425j:plain

気になるお味ですが、これは意外と美味しい部類に入ります。ブラックサンダー自体が冷たいわけではありませんが、フルーリーに混ざっているブラックサンダーのサクサク感が美味しさを引き立てております。

出来れば購入してその場で食べてた方が一際美味しく頂く事が出来ると思います。

今後もこの手のコラボはどんどん開催していくべきだと思いますので、次のコラボ商品も期待したいですね。

まとめ

期間限定商品の発売期間は限られておりますので、気になる方はお早目にお買い求め下さい。特にナゲットソースは在庫にも限りがございますのでご注意下さい。

今回は「マック派」VS「マクド派」貴方はどっち?の企画でSNS上でも盛り上がっております。今回の商品は個人的に味では「マクド」になりますが呼び名ではやはり「マック」になります。

そもそも「朝マクド」って言います?「朝マック」でしょーに!「チキンマクドナゲット」って言います?言わないですね。

こんなんで揉める(←別に揉めてない)なら「マクナル」でいいんじゃないでしょうか?ダメ?

香港マラソン2018エントリー方法(2017.8.16~開始)

こんにちは、昨晩は雨の中練習していたダメリーマンです。流石に雨の中練習する人は少ないですが、昨日は3人のランナーとすれ違いました。

ダメリーマンは雨が降ろうと雪が降ろうと走らない理由にはならないので、気分が乗っている時は走るようにしております。この一日の練習が大事なレースで生きてくると勝手に信じております。

さて今回は昨日よりエントリーが開始されました「香港マラソン2018」のエントリー方法について纏めてみたいと思います。

香港マラソン2018

昨日8月16日(水)香港時間の10時(日本との時差は-1時間)より香港マラソン2018のエントリーが一斉に開始されました。今回のエントリー開始日は全カテゴリー同日に開始されておりますのでご注意下さい。

開催日は2018年1月21日(日)となります。

f:id:ichirokkets:20170817012125j:plain

カテゴリーは以下の5つに分かれおりますので、自分の参加するレースを確認の上申し込みして下さい。

  • フルマラソン
  • ハーフマラソン
  • 10km
  • 10km(車椅子)
  • 3km(車椅子)

エントリー方法

エントリーは香港マラソン公式ホームページより申し込む事が出来ます。毎年参加希望者が多くこの数年は抽選方式になっておりますので、まずは申し込みを行います。

申し込み期間は2017年8月16日~9月6日までとなっております。香港と日本の時差はマイナス1時間ですのであまり気にしなくもよいと思いますが、参加を希望される方は早めに申し込みを済ませておきましょう。

エントリー先公式ホームページ:Standard Chartered Hong Kong Marathon

我々日本人は外国人となりますので、「Overseas」からお進み下さい。エントリーフィーは全てのカテゴリー共に60USDとなります。(日本円で約6,600円)

過去の大会記録を記入する欄もございますので過去3年で10km以上のレースの大会名と記録を記入します。(記録証の提出は必要なし)特に抽選結果に影響する事はないと思います。またパスポート番号の入力もございますので事前に番号は控えておきましょう。

当選発表は9月21日以降に登録したメール宛に届きますので確認して下さい。見事当選された方は、そこから決済画面に移り参加費のお支払いに進んでください。

プライオリティエントリー

各カテゴリーの基準タイムをクリアしている記録をお持ちの方は抽選ではなく優先的にエントリーする事が出来ます。基準タイムは以下の通りです。

  • フルマラソン 男子:3時間30分以内 女子:3時間50分以内
  • ハーフマラソン 男子:1時間35分30秒 女子:1時間43分30秒
  • 15km 男子:1時間06分30秒 女子:1時間12分30秒
  • 10km 男子:43分 女子:47分30秒

こちらの基準タイムは2016年1月~2017年7月までに開催された大会のIAAF/AIMS(国際陸上競技連盟)及びHKAAA(香港アマチュアアスレチックアソシエイション)の公式記録の提出が必要です。

ちなみに2016年と2017年の香港マラソンで上記の記録を達成されていて、こちらの記録でエントリーされる方は記録証の提出は必要ありませんが、リザルトは忘れずに記入しましょう。

日本で開催されているIAAF/AIMS公認レースは以下の通りで、ゴールド・シルバー・ブロンズのどの大会結果でも受付出来ます。(順不同)

  • 東京マラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン
  • びわ湖毎日マラソン
  • 福岡国際マラソン
  • 別府大分毎日マラソン
  • 香川丸亀国際ハーフマラソン
  • 大阪国際女子マラソン
  • 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン
  • さいたま国際マラソン
  • 長野マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北九州マラソン
  • 京都マラソン
  • 神戸マラソン
  • 富士山マラソン
  • 奈良マラソン
  • とくしまマラソン
  • 大阪マラソン

エントリー期間は2017年8月16日(水)~8月23日(水)までですので一般エントリーよりもエントリー期間が短くなっておりますので注意して下さい。

エントリー後の流れは、事務局で記録等を精査して問題がないようでしたら参加確定のお知らせが8月30日(水)に登録したメールアドレスに届きます。そして9月4日(月)までにエントリーフィーの支払いを行って下さい。お支払いを忘れるとエントリーが取り消されます。

確実にエントリーが出来る方法

香港マラソンは正規のルートで申し込むと抽選になりますが、香港マラソン日本事務局より申し込みを行うと確実にエントリーする事ができ出走権を得られます。

www.hkmarathon.jp

エントリー方法は香港マラソン日本事務局のホームページから日本語ですべて出来ますので、英語が不安な方や当日のホスピタリティを必要とされる方はこちらからのエントリーをお勧めします。

参加者へお知らせメールから、レースウィークも受付からレース当日まで全て日本語で対応してくれるスタッフがいらっしゃるみたいですので、より気軽に参加出来ると思います。

エントリーフィーは全てのカテゴリー14,000円となりますので、公式よりも倍以上の価格になりますが、確実にエントリーする事が出来ます。

但し日本人枠も人数制限がございますので先着順での締切となりますのでご注意下さい。定員人数は以下の通りです。

 

 

  • フルマラソン(定員500名)
  • ハーフマラソン(定員400名)
  • 10km(定員100名)

また各旅行代理店より香港マラソンツアーの商品が販売されておりますので、個人手配に抵抗がある方は旅行代理店をご利用下さい。現在H.I.S.からツアーが発売中です。

まとめ

一般エントリーは先着順ではございませんので抽選から参加される方は受付期間までに申し込みを済ませておいて下さい。

日本事務局より申し込まれる方は先着順となりますので参加される方は早めに申し込みをして下さい。毎年早い段階で定員になっております。

プライオリティの方は受付期間が一週間しかございませんので、お間違いのないようこちらも早めに申し込みを行って下さい。

毎年大人気の香港マラソンは世界各国からもランナーが集まります。日本からも時差が1時間しかなく移動距離も短い為、週末だけでも気軽に参加出来てしまう大会です。

暫くしましたら旅行プランも幾つか組んでみたいと思いますので、ご参考して頂けると幸いです。

オランジーナを飲んでエールフランス航空公認グッズをゲットしよう

こんにちは、そう言えばこのブログでも紹介した「東京マラソン」のエントリーをまだ完了していないダメリーマンです。申し込み期限が8月31日までですので、まだの方は忘れずに申し込みましょう。

どうせ当選はしないとは思いますが、一応抽選の申し込みだけはしておきたいものですよね。そして安定の落選通知を頂かないと何だか腑に落ちない感じになりそうですので。(笑)

さて今回は、皆さんもご存知のフランス系炭酸飲料の「オランジーナ」からキャンペーンの告知がされました。エールフランス航空とコラボしたキャンペーンとなりバーコードを集めて応募する抽選型のタイプと4本買って必ず貰えるグッズの紹介をしたいと思います。

オランジーナとエールフランスは過去にもコラボキャンペーンを行っており、この手のキャンペーンは航空ファンの中でも有名な企画となっております。以前はB-777やコンコルドなどのミニチュアが付いてきたりする商品もありましたね。

キャンペーン内容

まず懸賞応募のタイプはオランジーナを購入したペットボトルに付いているバーコードを切り取って4枚(420ml,450mlの場合)集めて1口応募する事が出来ます。

420mlと450mlのペットボトルは1バーコードにつき1ポイントで1.2Lタイプは1バーコードにつき2ポイントとなります。合計4ポイントで1口となります。

応募締め切りは2017年9月27日(水)当日消印有効です。

抽選で1000名様に以下の商品が当たります。

 

f:id:ichirokkets:20170816001628j:plain

こちらは一応、エールフランス航空公認機内グッズ5点セットになります。

  • ネックピロー
  • スリッパ
  • マルシェトート
  • アイマスク
  • ブランケット

機内で快適に過ごす為のグッズですが、この中のマルシェトートだけは機内での使い道が謎ですね。(笑)何か収納しておく袋とかで使用するのでしょうか?

oranginacp.jp

 

必ず貰えるアイテム

抽選以外でも必ず貰えるアイテムもございます。オランジーナ製品を4本同時に購入すると、マルシェトートが必ず貰えます。(在庫に限りがございます)

f:id:ichirokkets:20170816001510j:plain

このマルシェトートは全部で4種類のデザインに分かれており、好きなアイテムを選ぶ事が出来ます。

f:id:ichirokkets:20170816001551j:plain

特に1番のエールフランス機のデザインの物は人気が高く1番だけがないお店も多数ございます。

購入する際にはオランジーナの商品前にマルシェトートが設置してありますので4本と一緒にレジに持って行って下さい。設置されていない店舗は在庫切れか、もしくはキャンペーンを行っていない店舗になります。

マルシェトートの使い道

結局こういうアイテムって航空ファンは勿体なくて使えない人も多いかと思いますが、ダメリーマンはここぞとばかり使うタイプの人間です。

マルシェトートの使い道は、国内・海外旅行などでお買い物をする際に商品を入れるエコバック的な要素で使えそうです。

良く経験するのが海外で買い物袋を持っていなくて困る事ありませんか?まぁ会計時に袋を購入すれば済む話なのですが、何だか申し訳ない気持ちになってしまいます。そんな時このお洒落なマルシェトートを持参するのもアリですよね。

後は飛行機の機内でここぞとばかりに周囲に見せびらかす程度ですかね。(笑)

まぁ使い方は人それぞれだと思いますので、様々なシチュエーションで使ってみて下さい。

まとめ

オランジーナは定期的にエールフランス航空とコラボレーションをしてプロモーションを展開しております。定期的とは言え頻繁にキャンペーンを行ってはいないので、エールフランス航空公認グッズが欲しい方は締切までにまだ日数もありますので応募してみて下さい。

また必ず貰えるマルシェトートもございますので4種類の絵柄をコンプリートするのもアリですね。コンプリートしたら4口応募出来ますよ。

ザ・マミーを面白く可笑しく観れた(ネタバレあり)

こんにちは、この夏も適度に日焼けして黒くなっているダメリーマンです。お陰様でタイ人に間違われる頻度が余計に高くなっております。

そしてタイ人と言えば、先月から北海道コンサドーレ札幌に移籍をしてきたチャナティップ選手。ここ数試合テレビで観戦してますが、非常にテクニックのある選手です。ポジション取りもさることながらパスの精度も高く、周りを活かしながらプレイ出来る選手です。チャンスがあれば自分でシュートにまで持って行けるテクニックもありますので、今後も期待出来る選手です。

ただ良いポジションを取っていてもパスが回ってこない場面も多く、札幌のチーム自体がまだチャナティップを活かし切れていない感じがしますので、何だか勿体ない気もします。まだ公式戦では数回の出場しかしていませんので仕方ないのかもしれませんが、これからフィットしてくると間違いなく苦戦する相手にもなると思います。

そんな札幌の次の相手は我等の川崎フロンターレになりますので、とても楽しみな試合の一つでもございます。

さて今回は先日映画館で観たトム・クルーズ主演「ザ・マミー」の感想を綴ってみたいと思います。

ザ・マミー:呪われた砂漠の王女(The Mummy)

主演:トム・クルーズ

この映画は2017年6月にアメリカで公開となり、日本では同年7月に公開し現在上映中でございます。

トム・クルーズ主演のこの手の映画はあまり期待出来ない作品も多く、観る前からあまり期待はしていなかったのですが、映画の始めのシーンが激しい銃撃戦から始まるというダメリーマンが大好きな展開からのスタートでしたので、トムがCIAエージェントのイーサンに見えてしまって映画上映中は終始イーサン視点として見る事になってしまいました。

イーサン・ハント=トム・クルーズ主演の映画ミッション・イン・ポッシブルの役名です。

しょっぱなから敵陣に乗り込みハチの巣になってしまう主人公ニック(トム・クルーズ)。どうにもこうにも脱出する方法が見つからず無人爆撃機で空爆の指示を出す相棒。数分後に激しい爆撃の後、敵は撤退し残されたニック達。

無人爆撃機が打ち込んだミサイルが地面に大きな穴を開け、そこには古代エジプトの女王アマネットが生きたまま埋められた棺が眠っておりました。

その棺をニック達は輸送機で運搬するも、生き埋めにされたアマネットの呪いでニックの相棒が蜘蛛に噛まれてアンデットとなりニック達を襲います。その後、ニックもアマネットの呪いにかかっている事に気づき呪いを解くためにアマネットを始め生気を吸い取られてアンデットとなってしまった人間達とミイラとの戦いに挑む形となります。

大まかなストーリーはこんな感じです。輸送機が墜落して死んでいてもおかしくないニックが蘇ったりしてますので、ちょっと無茶な構成です。(笑)

アンデット集団

この映画で出て来るアンデット(ゾンビ)はアマネットに生気を吸い取られた人間がアンデットとなって襲ってきます。映画を観ている限りですと、このアンデッドに噛まれたり引っかかれたりしてもゾンビになる事はなさそうです。

バイオ・ハザードやウォーキング・デットなどのゾンビはちょっと違う感じですね。基本ゾンビになってしまうのはアマネットに生気を吸い取られた人間と蜘蛛に噛まれた人間になります。

そして古代のミイラもアマネットの力で復活し、ニック達を襲います。水の中でも人間並みの速さで移動するゾンビはかなりヤバい感じですね。

イーサンでもゾンビには勝てなかった

実際はイーサンでもなくCIAエージェントでもないニックですが、始めからイーサンとして観てしまっているのでゾンビとの戦いは非常に面白く見れました。元々軍所属のニックですからそれなりの戦闘力はあります。

ただイーサンも複数のゾンビには勝てなかった・・・。←だからイーサンじゃないって!

それにしても、ゾンビと戦っているシーンはバイオ・ハザードにトム・クルーズがイーサン・ハントして出演している感じで三つの映画が混ざってしまって、ある意味究極のエンターテインメント化してしまったダメリーマンの思考は完全に麻痺してしまいました。(笑)

まとめ

客観的に観たらやはりこの手のSF映画は自分自身ちょっと苦手なんですが、見かたや視点を自分の都合の良いように変えるだけでとても楽しく観れる事に気づけました。

映画制作者や出演者には大変失礼な観賞の仕方で申し訳ないですが、観賞の仕方は自由という事でお許し頂けると幸いです。

そして10月にはトム・クルーズ主演の映画最新作も公開する予定です。

f:id:ichirokkets:20170814234037j:plain

この話の内容は実話に基づいたストーリーでCIAの捜査に協力しながらも、運び屋や麻薬取締局の協力をしたりと、予告を見る限りだとかなりブッ飛んでいる内容だと思います。この手の映画は大好きですので今からとても楽しみです。

【スポンサーリンク】