読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

北朝鮮からミサイルが飛んでくる前に水原サポが飛んできた件

f:id:ichirokkets:20170426231418j:plain

こんにちは、昨日のフライトでANA機内免税品のお目当て商品を購入しようと鼻息荒く搭乗したのにも関わらず、既に欲しい商品が販売していないという事実に意気消沈してしまったダメリーマンです。新デザインとして販売はされていたのですが、デザインと使い勝手が悪そうであまり興味が湧きませんでした。そんな話はさておき、今日は先日の火曜日に開催されたAFCチャンピオンズリーグ・アウェイ遠征のレポートを綴ってみたいと思います。

ACLアウェイ遠征・水原サムソンブルーウイングス戦

我が川崎フロンターレのこれまでの戦績は4戦4引き分け勝ち点4で何気に珍しい結果でグループステージ第5戦を迎えております。幸い同グループ内でも引き分けの試合結果が多く、運良く自力でのグループステージ突破の可能性が残されております。残り2試合を勝利する事で終えられれば、最低でもグループ2位通過が見えてきます。そんな大事な試合でもある今回のアウェイ遠征は色々な波乱もございましたが、何とか無事に国内へ戻ってくる事が出来ております。

アウェイ遠征に関する過去の記事

www.danganensei.com

www.danganensei.com

試合内容

前半は相手チームにパスを回される時間が多く中々チャンスらしいチャンスを作る事が出来ず攻め込まれるシーンが多かったように思えます。そんな中でもDF陣が頑張ってくれているお陰で前半を0点で抑える事が出来たのは良かったと思います。相手のシュートミスにも何度か助けられました。

後半は徐々に川崎にもチャンスが生まれてきた所で、フリーキックをDF奈良選手が頭で合わせて待望の1点をゲット。その後も何度かチャンスを演出するも追加点を奪う事が出来ずに終盤を迎え選手達の足も止まってきてピンチになる場面も増えてきました。レフリーのジャッジに対して水原サイドが不満をあらわにする場面もあり、若干荒れた終盤でありましたが最後までビッグセーブで凌いでくれたGKソンリョン選手は間違いなくこの試合のMVPだと思います。

この試合を勝利した事でまだグループステージ突破の可能性は残されておりますので、来月のホームでのイースタンSC戦を勝利で飾る事が出来ればラウンド16進出が決まります。まだまだ気が抜けない戦いが続きますので油断する事なく確り勝ってグループステージ突破してもらいたいですね。

試合終了後、水原サポが川崎サポのゴール裏へ乱入

試合終了後何だか後ろが騒々しいなぁ〜と思ったら、

ななななんと水原サポが数十人乱入してきてるではあ〜りませんか!!

突然の出来事に皆んなも事情がよく分からなく試合内容に不服で乗り込んで来たのかと自分も含め思っていたサポーターも多かったのではないかと思います。当然我々も韓国語が分からない人ばかりなので、何を訴えているのか分からない…。コールリーダーからは絶対手を出すなと皆に注意していたので大事には至りませんでしたが、あわや一触即発の場面でした。

後々の情報では乱入の原因は川崎ゴール裏で旭日旗が掲げられてた事でした。(ゴール裏と言っても中心部ではなく端の方)この問題は賛否両論ありますが、ここでは敢えて触れません。ただ地域によっては旭日旗を掲げればこのようなトラブルになる可能性は十分に考えられるのでやめておくべきでしょう。また、水原サポが乱入してくる事に関してもアウトですね。

今回はダメリーマンも現場に居合わせていたのですが、ダメっぷりが炸裂してビビリましたね。だって大声で何言ってるか分からないし、皆んなフードやマスクで素性を隠してるし、もうヤル気まんまんな雰囲気醸し出してるしで心の臓がドキドキしましたよ。幸いセキュリティの方々が駆け付けてくれて事なきを終えましたが、水原サポの投げたペットボトルが近距離でセキュリティの頭に直撃したのに何一つ顔色変えずに対応してくれていたので、これがプロフェッショナル仕事の流儀だなと思った次第です。それにしても今回の渡航で北朝鮮のミサイルよりも先に水原サポが飛んできてリアルにビビった韓国遠征でした。

まとめ

半島情勢が不安定の中、意外と渡航者は多かったと思います。特に日本のビジネスマンの方々が多く見受けられました。そんな中ダメリーマンはサッカー観戦で渡航しているわけなんで、相変わらずのダメっぷりです。ただダメなりにも企業戦士の心は持ち合わせておりますので、今日は早朝ソウルから東京までのエクストリーム出勤を敢行しました。

そしてソウル市内は何時もと変わらずな雰囲気で直ぐ近くで砲撃訓練をしているとは思えないぐらいの和やかな空気でした。

f:id:ichirokkets:20170426231610j:plain

【スポンサーリンク】