読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

シドニーマラソン

シドニーマラソン2016

去年は衝動的にシドニーマラソン2016を走りたいと思ったら吉日で、あれよあれよでフライトからエントリーまで一瞬で済ませてしまいました。

正確な名称はブラックモアーズシドニーマラソンフェスティバルとなるのですが、あまり知らなくても良い情報です。(笑)

エントリー

そしてシドニーマラソン2017も2016の大会終了後の翌日から公式サイト(英語)エントリーが始まってます。開催日は2017年9月17日です。アーリーバードエントリーの場合はエントリー費がお安くなる特典がついてます。

  • アーリーバードエントリー

エントリー期間2017年7月30日まで

オーストラリア・ニュージーランド在住者 AUD$140

在住者以外の外国籍 AUD$180 (日本在住の日本人はこちら)

  • スタンダードエントリー

エントリー期間2017年7月31日〜9月16日まで

オーストラリア・ニュージーランド在住者 AUD$160

在住者以外の外国籍 AUD$190 (日本在住の日本人はこちら)

※参考 1AUD  85.71円  1月11日現在のレート

 

大会前日までエントリーを受付けているとは驚きですね。ちなみに募集人数制限はありません。走りたいと思えば誰でも参加出来ます。

日本語サイト

公式サイトが英語なので不安な方もいらっしゃると思いますが、日本語サイトも用意されております。ただ公式サイトに比べて情報開示が遅いデメリットもございます。日本語サイトからの申し込みも出来ますがエントリー代がやや高めとなっております。その変わり大会前日から当日まで日本語スタッフも常駐しておりますので、不安な方はこちらでエントリーする事をオススメ致します。またツアーの開催もございますので、日本語サイトでご確認出来ます。

では不真面目なダメリーマンは有給無しの土日の二日間でどうやって2016年の大会に参加したのかを記録と共にお伝え致します。

エントリーは公式サイト(英語)で行っております。出場枠は無制限ですので、不安

な方は日本語サイトで行っても良いかと思います。

フライトスケジュール

往路 ANA 9月16日(金)発 

羽田ーシドニー 22:10発ー8:30着

復路 ANA 9月18日(日)発

シドニー羽田  20:55発ー5:25着

金曜日の仕事帰りで羽田に向かい土曜日の朝シドニーに到着。

復路はマラソン大会終了後の日曜日夜発の便で月曜日の朝羽田に到着し、そのままエクストリーム出勤が出来ます。2016年9月19日(月)祝日でもありましたので、仕事がお休みの方も多いとは思いますが、仮に仕事であっても間に合うスケジュールです。そんな今年もラッキーな事に18日(月)は祝日でございます。

 2017年フライトプラン

そこで気になる2017年のエクストリームなフライトスケジュールを組んでみたいと思います。

  • ANAパターン

15日(金)往路 羽田ーシドニー  22:10発ー8:30着

17日(月)復路 シドニーー羽田  20:55発ー5:25着

エコノミークラス往復料金¥138,780(燃油サーチャージ込み)

  • JALパターン

15日(金)往路 成田ーシドニー  19:25発ー6:10着

18日(月)復路 シドニーー成田    8:15発ー17:00着

エコノミークラス往復料金¥101,960(燃油サーチャージ込み)

  • カンタス航空パターン

15日(金)往路 羽田ーシドニー  22:00発ー8:25着

17日(日)復路 シドニーー羽田  20:45発ー5:15着

エコノミークラス往復料金¥82,000(燃油サーチャージ込み)

 

※2017年1月10日現在の料金です。常に料金は変動致しますのでご了承下さい。

安さを取るならカンタス航空のプランが一番安いですね。

日系航空会社を好まれるのであれば、ANAが弾丸プランのJALは三連休をミッチリ使うプランになります。

弾丸パターンのANAの料金が高めでもありますので、航空会社に拘りが無ければ、

カンタス航空の弾丸プランが一番オススメだと思います。

 空港からシドニー市内のアクセス

シドニー中心地までキングスフォードスミス国際空港より様々な交通機関がございますが、電車が一番手っ取り早く移動出来ると思います。シドニー中心部セントラル駅を経由してタウンホール駅までは約20分ぐらいで着きます。

マラソン大会前日受付の流れ

大会受付はタウンホール駅直結に近いスペースで行われております。英語サイトから直接エントリーされた方は一般の受付でエントリーを完了された時に送られてきたメールのバウチャーを提示するとゼッケンと引き換えてくれます。受付の皆様は陽気で親切な方々なので安心して受付を済ませられると思います。日本語サイトから受付された方は日本人専用受付が設置されておりますのでそちらをご利用下さい。日本人専用ですので当然全て日本語対応です。もし当日分からない事があればこちらの受付デスクに聞く事も出来ます。

荷物預けは前日の会場でも出来ますが、前日預けた方は大会当日に預ける事が出来ません。当日荷物預けの方はスタート前に出来るだけ余裕の持ったスケジュールで動かれると混雑は回避出来ると思います。

いよいよマラソン大会当日

 マラソンスタート地点はタウンホール駅から電車で10分程のミルソンズポイント駅から歩いて3分の所にある公園になります。大会当日のアクセスはゼッケンを駅員に見せると無料で電車に乗れますので利用してみて下さい。バスやフェリーなども無料ですので大会後の観光にも利用出来ます。但し大会当日のみの有効期限です。また空港直通電車では利用出来ません。

まとめ

シドニーマラソンのコースは東京マラソンなどに並ぶIAAF国際陸上競技連盟公認のゴールドレーベルの大会になります。ゴールドレーベルの大会で抽選エントリーも無く自由に走れる大会は珍しいので、迷われている方は是非とも参加をオススメします。普段走る事の出来ないハーバーブリッジを渡り、世界遺産のオペラハウス目指してゴールテープを切りましょう。去年は生憎の曇り空でしたが、シドニーでは日本でいう春先の気候で晴れていればとても清々しいマラソンレースを体験出来ると思います。また日本との時差は+1時間なので調整もし易いです。公式ではフラットコースで走りやすいと書いてはおりますが、私は後半小刻みなアップダウンにやられました。

ここまで書いといてなんですが、今年のシドニーマラソンは10月上旬にシカゴマラソンが控えいる為パスする方向で考えております。ご了承下さいませ。

【スポンサーリンク】