不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

AFCチャンピオンズリーグ2018アウェイ遠征情報:川崎フロンターレ

こんにちは、先日購入出来ましたスーパーファミコンクラシックをまだ開封していないダメリーマンです。中々プレイする時間を捻出するのが難しく、何時になったらプレイ出来るのか正直分からないのが現状です。

まぁブログを書く時間を削れば出来るとは思いますが、自分の中では「ブログ>ゲーム」の構図になっておりますので暫くは開ける事なく放置していると思います。もしかしたら一生開封されないんじゃないかと、自分自身で不安になったりもしております。←だったら何で買った!?(笑)

さて今回は昨日のブログの中で一部記事にした2018年AFCチャンピオンズリーグについて現在の状況を纏めてみたいと思います。 

AFCチャンピオンズリーグ2018

先日組み合わせ抽選会がクアラルンプールで開催され各国クラブの代表が出揃いました。まだ代表が決まっていない国もございますが進出が決まった段階で入るブロックが決まりました。

f:id:ichirokkets:20171208010014j:plain

我等の川崎フロンターレはグループFとなり、現在決まっているクラブはメルボルンヴィクトリー(オーストラリア)・蔚山現代(韓国)の3チームとなります。

残りの枠はプレーオフ3で勝ちがってきたクラブが入る予定となっております。

2018年の開催期間は今年ワールドカップイヤーという事もありW杯開催中は一時中断となります。よって例年と若干日程が違う部分もございますが、概ね変更はありません。

※開催期間:2018年1月16日~11月10日

グループFに入る可能性のあるプレーオフ3のクラブ

2018年1月16日よりプレミナリーラウンド(予選)が始まります。グループFの枠に入る為の予選ラウンドになります。対戦クラブは既に決まっており最後の一枠をかけた戦いが行われます。

一次予選の対戦カードは、
バリ・ユナイッド(インドネシア)VS タンピネス・ローバーズ(シンガポール)となります。

一次予選の勝者が二次予選に勝ち進む事になり、二次予選シードのチェンライ・ユナイテッド(タイ)と対戦する事になります。二次予選の開催日は1月23日になります。

チェンライ・ユナイテッド(タイ)VS 一次予選の勝者

そして二次予選で勝ち残ったチームはプレーオフラウンドに進出しプレーオフシードクラブの上海上港(中国)と対戦します。プレーオフラウンド開催日は1月30日になります。

上海上港(中国)VS 二次予選の勝者

このプレーオフラウンドを勝ち進むとAFCチャンピオンズリーグ2018のグループFの枠に入れる形となります。

現在一番の有力候補としてACL2017年シーズンでベスト4に進出した上海上港が最後の一枠に入る可能性が高いと誰しもが予想しております。ただサッカーは何が起こるか分からないスポーツでもありますので絶対はありません。

川崎フロンターレの初戦の対戦相手

既に開催日は決まっておりますが、対戦相手はプレーオフラウンドから勝ち残ってきたクラブとなりますので1月30日までは対戦クラブは分かりません。

ACL初戦の開催日は2018年2月13日(火)ホーム等々力競技場となります。キックオフ時間は未定です。

その前に2月10日(土)にゼロックススーパーカップが開催されますので川崎は中二日でACL初戦を迎える事となります。

グループFの日程

2月13日(火)川崎フロンターレ(H)VS プレーオフ3勝者(A)

2月20日(火)蔚山現代(H)VS 川崎フロンターレ(A)

3月7日(水)川崎フロンターレ(H)VS メルボルンヴィクトリー(A)

3月13日(火)メルボルンヴィクトリー(H)VS 川崎フロンターレ(A)

4月4日(水)プレーオフ3勝者(H)VS 川崎フロンターレ(A)

4月18日(水)川崎フロンターレ(H)VS 蔚山現代(A)

※(H)はホームゲーム・(A)はアウェイゲーム

2017年12月8日現在:キックオフ時間は未定です。

まとめ

リーグ優勝の余韻も冷めやらぬ中、既にACL組み合わせ抽選会は行われ2018年の戦いは始まっております。川崎フロンターレの公式戦は2018年2月10日のゼロック杯から始まりますので、今から開幕までたったの二か月しか日にちがございません。

年明けからチームが始動してフィットするまでに時間もかかると思いますので、ACL初戦前のゼロックス杯に参加出来る事は良かったかもしれません。ここで勝利する事が出来れば次の試合にも繋げられる事も出来ますし賞金も5000万円獲得する事が出来ます。

何はともあれ初戦は大事な試合になりますので是非勝利を収めて欲しいと思います。

今後も2018ACLアウェイ遠征情報は移動手段・チケット確保まで記事にして行きたいと思いますので出来る限り参考になる情報をアップしてまいります。

川崎フロンターレJ1リーグ初優勝おめでとうございます!!

こんにちは、先週のシンガポール遠征に伴い中々ブログが更新出来ない日も続いておりましたが、ようやく落ち着きを取り戻しましたので徐々に更新頻度を上げて行きたいと思うダメリーマンです。

やはり毎日更新しないと書きたいネタが溜まり過ぎて熱が冷めてしまいそうでソワソワしてしまいます。かと言って一日に二回投稿するとかはちょっと出来なそうなのでマイペースで更新してまいります。←結局更新頻度上げれないじゃん。

さて今回は先週の土曜日開催されましたJリーグ最終節で見事奇跡の逆転優勝を飾りました我等の川崎フロンターレJ1リーグ初優勝と来年の予定について記事にしたいと思います。

悲願の初タイトル

このブログは今年の年明けより開設し、川崎フロンターレアウェイ遠征情報を含む様々な遠征について更新して参りました。今年はきっとやってくれるだろうと期待も込めてのブログ開設でもありましたので、見事最後にリーグ優勝を決めてくれました。

f:id:ichirokkets:20171207000538j:plain

巷のメディアではシルバーコレクター汚名返上と揶揄されておりますが、この二十年間の内にリーグ・カップ戦を含め8回も準優勝しているクラブってありますか?実はこれも結構凄い事なんじゃないかと個人的には思っております。

またJ2リーグは2回優勝しておりますので、今回はJ1リーグでの初タイトル獲得という事になります。

と何やかんやと言ってしまいましたが、率直に言いますと今回のJリーグタイトルは非常に嬉しく、最後優勝が決まった瞬間は自然と涙がこぼれるダメリーマンでした。今回はスタジアム観戦ではなくシンガポールに遠征していた為、現地からのテレビ観戦ではございましたが、テレビの中で歓喜する選手・スタッフ・サポーターを見ていたらしばらく涙が止まりませんでした。

川崎を応援するようになってから数十年が経ちますがリーグ優勝ってこんなにも素晴らしいものなんだと、初めて体感出来た事に感謝したいと思います。

天皇杯準優勝から始まった2017年

インタビューで小林選手も言っておりましたが、今年の元日は天皇杯決勝で鹿島アントラーズに延長戦の末敗退し、とても悔しい年明けのスタートとなりました。

二月からACLとリーグが開幕し怪我人も多くなる中でも勝ち点を取こぼすことなく積み上げていく川崎を見ていたら、今年は勝負強さを感じる試合が幾つもございました。もしかしたら今年は行けるんじゃないかと思うぐらいのパフォーマンスを見せてくれました。

そんな中、YBCルヴァンカップに於いても順調に勝利を収め4度目の決勝の舞台に立つことが出来ました。今年こそはと誰しもが思っていたなかでの敗戦は流石に心が折れかけたかもしれませんが、残りのリーグ戦はチーム全体が諦める事なく戦う事により厳しい試合が続きましたが全ての試合に勝利出来た事により、リーグ優勝というタイトルを獲得する出来ました。

来シーズンの予定

2017年をリーグ優勝で締めくくる事によって来シーズンの開幕日が決定されました。毎年前年のJ1リーグ優勝クラブと天皇杯優勝クラブが対戦する、「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」の出場が決定しました。

日時:2018年2月10日(土)13時35分キックオフ

会場:埼玉スタジアム2002(日本テレビ系列で生中継)

川崎フロンターレ VS 第97回天皇杯優勝クラブ

そして翌週にはAFCチャンピオンズリーグのグループリーグが始まる予定です。昨日クアラルンプールにて抽選会が開催され、川崎フロンターレはFグループに入る事になりました。フロンターレだけにFグループみたいな。(笑)

そして気になる対戦相手はメルボルンヴィクトリー(オーストラリア)と蔚山現代(韓国)が決まっております。もう一クラブはプレーオフから進出してくるクラブとなりますので一月の結果次第で全ての対戦相手が決まります。

川崎フロンターレの初戦の相手はホーム等々力で2月13日(火)プレーオフを勝ち進んできたクラブと対戦する事が決まっており、続く二戦目は2月20日(火)アウェイで蔚山現代と対戦します。Jリーグが始まる前に早くも過密日程となっておりますので、厳しい戦いが予想されます。

このブログでもACLアウェイ遠征に関しましては逐一更新して行きたいと思いますのでご参考にしてみて下さい。

ちなみにアウェイの日程は…

  • 2月20日(火)蔚山現代
  • 3月13日(火)メルボルンヴィクトリー
  • 4月4日(水)プレーオフ3の勝者

恐らくプレーオフ3の勝者は順当にくると上海上港になる可能性が高いと思います。

まとめ

まだリーグ優勝の興奮が冷めないとは思いますが、今年中はずっと優勝に浸ってても罰は当たらないかと思います。これがリーグ優勝という物なのかもしれません。

ただ来年は更に厳しい戦いが予想されますし、サポーターからの期待も更に強くなるものだと思います。また追われる立場にもなりますので、今まで以上にプレッシャーも感じる場面は多くなるかと思いますが、これがチャンピオンの宿命でもあります。

来季も当然連覇を狙っていると思いますし、アジアチャンピオン・カップタイトルなど狙えるタイトルは全て取る勢いで良いシーズンが見れる事を願います。

川崎フロンターレに関わる全ての皆様へ
J1リーグ優勝おめでとうございます!!

2017Jリーグ最終節:川崎フロンターレがリーグ優勝する為の条件

こんにちは、昨日ようやくスーパーファミコンミニを購入する事が出来たダメリーマンです。このまま一生買えないのではないかと思っておりましたが、偶々タイミング良く楽天ブックスで入荷しておりましたので無事購入出来ました。その後直ぐに売り切れ状態となっており、またもや早い段階で完売されていた模様です。

ただ今回は入荷のお知らせが届いてから約20分後にアクセスした私が購入出来たわけですので比較的在庫も多く入ってきたのかもしれません。何時もであれば販売開始より2~3分程度で瞬殺になっておりましたので、そろそろ在庫状況も回復してきたのかもしれません。またamazonでも入荷件数が増えておりますので、今月辺りは今まで買えなかった人にもチャンスの可能性が広がるかもしれませんね。

さてファミコンの話はこのぐらいにしておいて、今回は先日水曜日に開催されたJリーグ第33節:浦和レッズ VS 川崎フロンターレの結果に伴い最終節まで縺れ込んだ優勝争いの行方について纏めてみたいと思います。

Jリーグ第33節 浦和レッズ VS 川崎フロンターレ

先日11月29日(水)に開催されたJリーグ第33節は、川崎が引き分けか負けた場合に鹿島アントラーズの優勝が決まる大一番の試合でもございました。

f:id:ichirokkets:20171130235543j:plain

我等の川崎フロンターレは後がない状況ですのでこの試合は何としてでも勝たなけらばならない中、前半に1点を取り最後の最後まで守り抜いて何とか勝利を収める事が出来ました。

浦和レッズは先日のアジアチャンピオンズリーグで出場していたメンバーを大幅に入れ替えておりましたが流石はアジアチャンピオン、選手層の厚さに川崎も苦戦を強いられました。それでもどんな形であれ勝ち点3を取る事ができ優勝争いも最終節まで引き延ばす事が出来ましたので鹿島アントラーズにはある程度のプレッシャーも与える事が出来たのではないかと思います。

川崎フロンターレがリーグ優勝する為の条件

ここまで来ると残り一試合という事もあり、優勝する為に必要な条件は分かり易いと思います。

最終節の対戦クラブ

川崎フロンターレ(69) VS 大宮アルディージャ(25)

ジュビロ磐田(57) VS 鹿島アントラーズ(71)

※カッコ内は現在の勝ち点

現在首位の鹿島アントラーズと2位の川崎フロンターレの勝ち点差は僅か2点となっております。勝てば勝ち点3を獲得する事が出来ます。一試合の結果次第では順位が入れ替わりますので川崎にも優勝する可能性が残されております。ただし自力優勝は出来ない状況でございますので、ジュビロ磐田 VS 鹿島アントラーズの結果次第の所もあります。

まず川崎が優勝に必要な条件は最終節大宮戦に勝つ事が第一条件です。それでも鹿島アントラーズがジュビロ磐田に勝利した場合は順位は変わらず鹿島アントラーズのリーグ優勝となります。

仮に鹿島が磐田に負けて川崎が大宮に勝てば、川崎が逆転優勝となります。また鹿島が引き分けの結果となり、川崎が勝った場合は勝ち点が72で並び得失点差で優位な川崎が優勝する事になります。

※得失点差:鹿島22 川崎34

鹿島が負けて川崎が引き分けても鹿島の優勝となりますので、川崎は次節勝たなければ優勝の可能性はございません。

鹿島の場合も川崎が勝つ事を前提に考えた場合には、引き分けだと優勝が出来ませんので勝つしかありません。

よってどちらのチームも勝たなければ優勝の可能性が薄いという事になりますが、敢えてどちらが優勢かと言われると鹿島アントラーズの方が若干ですが優位な立場でございます。

鹿島は勝てば必ず優勝出来ます。川崎は勝っても鹿島の結果次第で決まります。

鹿島のアドバンテージは勝てば優勝出来る。これだけです。

まとめ

Jリーグ最終節は2017年12月2日14時より全試合同時キックオフとなります。他会場の結果も気になる所ですが、川崎には勝ちに拘って勝利を収めてくれる事を信じております。その結果鹿島がどのような結果になろうとも最終的な結果は受け止める覚悟も出来ております。

また鹿島と対戦するジュビロ磐田にも頑張って頂きたい所ではありますが、ジュビロはジュビロの為に戦い一つでも順位を上げたい気持ちも強いと思いますので、川崎の為にとかそういう事はあまり言いたくありません。

各クラブ色々な思いが渦巻く中、見応えのある最終節いよいよ明日です。今年最後のJリーグとなりますが来季に繋がるよう良い終わり方が出来る事を願います。

川崎フロンターレ:ルヴァンカップ準優勝

こんにちは、先週の土曜日は諸事情により落ち込んでいたダメリーマンですが、翌日には完全復活を遂げました。まぁ大体お察しがつくと思いますが横浜ベ、あ、いや違う川崎フロンターレがルヴァンカップ決勝で敗退してしまった事で土曜日は大人しくしておりました。

f:id:ichirokkets:20171105230534j:plain

一日経てば頭もすっきりしてしまうわけですが、当然悔しさは残っておりますがダメリーマンは薄情なものです。翌日には気持ちを切り替えて仕事しているわけですから、選手に比べれば気楽なもんですよホントに。

選手の気持ちを考えれば痛い程分かりますし、後もう少しの所で優勝を逃してしまったわけですから暫く立ち直るのに時間は掛かると思います。でもプロとして考えると既に気持ちも切り替わっているのではないかと思います。

ダメリーマンもダメなりに20代の頃は車の競技に出場しておりましたのであと一歩の所で優勝を逃してしまった大会は今でも記憶に残っております。

あれは雨の日の大会でしたが、1本目は雨が降りしきる中でクラストップタイムを叩きだし、このまま2本目が終わればほぼ優勝は間違いない状況でしたが、天候が急激に回復し路面もウェットからハーフウェットに変わり他の選手は軒並みタイムを上げてきた事により順位は落ちて行き何とか表彰台には上がれたものの優勝を逃してしまった経緯がございます。

自分で言うのも何ですが雨の大会にはめっぽう自信もありましたので、一日雨が降っていれば恐らく優勝していたと思います。

ってお前の昔話なんか聞きたくないわ!って言われているかもしれませんので、ここいらで終わらせますが、ようは優勝するしないって結構紙一重の部分もあるし運もかなりあると思っております。ダメリーマンが一番言いたい所は「運」だって事。

準優勝だっていいじゃない?

ダメです!1位じゃないとダメなんです。これ結構重要で何の競技をするにも楽しむだけの物であれば順位は気にしないで自己満の世界で頑張ればいい。ただプロの世界に入るとこれ1位目指さないで何処目指すって事です。

良く発言が叩かれているサッカーの本田選手もワールドカップ優勝を掲げておりますが、これは決して可笑しい事ではなくプロとして当然の事だと思います。優勝するつもりで日々を過ごすのと、まぁそこそこの順位または予選突破出来ればいいや的な考え方で日々の生活や練習に取り組むのでは、練習の質や態度も大きく変化する物だと思いますし、目指す部分が大きければ大きい程そこに向かって努力する姿勢や質も変わってきます。

準優勝でもいいんです!

さっきから1位じゃないとダメだとか、準優勝でも良いだとか、「お前の言っている事は支離滅裂だぞ!」と思われているかもしれませんが、中途半端な目標を掲げての結果よりも、チームが一丸となって優勝するぞ!って一年間戦ってきた結果ではチーム力においても大きな差が生まれるものだと思います。

我等の川崎フロンターレは決して強豪クラブではないものの、あと一歩の所で優勝を逃す経験を何度もしておりますので、今後続くであろう長いクラブの歴史においてもかけがえのない経験だと思います。

優勝出来なかった事は悔しくてたまらないものですが、決勝の舞台に立てるだけの実力はある訳ですから、後はちょっとした運も勝敗を左右しますので、今までやってきた事を考えると準優勝でも立派な事だと個人的には思います。(だって皆頑張ってんだもん)

まとめ

何かの目標を掲げてそれ向かってやって行くプロセスって非常に大事でもあり、川崎フロンターレがやってきた事は決して間違ってはいないという事。

カップ戦においては決勝まで残れるチームはたったの2チームで、去年の天皇杯も先日のルヴァンカップも決勝に残れるまでの実力はあるという事。

シルバーコレクターと言われようと気にする必要もないし、寧ろ誇りに思う。だってこんなにワクワクする試合を毎年観れる事ってサポーターとして結構幸せだと思う。

リーグは残り3試合、まだリーグ優勝は諦めていない!!

最後にセレッソ大阪の皆様ルヴァンカップ優勝おめでとうございます。この勢いで天皇杯も優勝しちゃって下さい。リーグ戦は残り3試合負ける予定はないので3位キープで。

川崎フロンターレ:ルヴァンカップ決勝当日の朝

こんにちは、休日に入ってから急激にルヴァンカップに向けてテンションが上がっているダメリーマンです。そうです今日はいよいよ13:05よりキックオフのJリーグYBCルヴァンカップ決勝です。

我々川崎フロンターレはこの決勝の舞台に立つのは本日で4回目となります。過去3回は全て決勝で敗れておりカップ戦の優勝トロフィーを掲げた事がございません。

さて今日はそんな大事な試合が控えており、川崎フロンターレサポーターもソワソワしている事と思います。過去に何度も悔しい思いをしてきたからこそ今日の試合に対する思いは強いと思いますが、変に力む事なくいつも通りのプレイが出来るよう我々サポーターがしっかりサポート出来る雰囲気を作れると最高ですね。

決勝戦で心がけたい事

選手達は我々のちょっとした変化を感じる事が出来ると思いますので、サポーターの声や雰囲気でスタジアムの空気も一瞬で変化すると思っております。選手が良いプレイやゴールを決めると一気に湧き上がる歓声は流れを引き寄せる為の大きな起爆剤でもあります。

例え難しいゲーム展開になろうともサポーターの声が諦めない気持ちと選手を後押し出来る歓声にスタジアムが包まれれば、必ず選手にも伝わり力になれると思いますので結果はどうであれ最後まで力強くサポート出来るように心がけたいと思います。

過去の結果は飽くまでも過去の出来事

他のサポーターからはシルバーコレクターと言われている事はフロントを始め選手やサポーターも分かっております。別にシルバーが悪いわけでもなく、偶々多いだけの事。変にシルバーコレクターという言葉は気にする必要はありませんし、全て過去の出来事。この先、川崎フロンターレの歴史を作って行く上での通過点でしかありません。

我々は最後の1秒まで全力でサポートするのみです。

様々な思いを胸に

過去優勝経験がないと言われておりますが、我々はJ2リーグを2回優勝しております。J1クラブになってから優勝経験がないだけの話。実際他のクラブでも優勝経験がないところは結構多いです。

Jリーグ準会員に承認されてから20年の月日が経ち、過去戦ってきた選手・スタッフは殆どが移籍・引退を繰り返し一歩ずつ強くなってきたと思います。

我々は決して強豪と言えるクラブではなく、何時まででもチャレンジャー精神を持っているクラブだと思っており、そんな直向きさも魅力の一つでもあります。

そんな川崎フロンターレに関わる全ての人達の思いが今日の埼玉スタジアムで歓喜の瞬間を期待しております。

f:id:ichirokkets:20171103201704j:plain

そして川崎のバンディエラに対する思いも皆同じ気持ちだと思います。

まとめ

当然今日は勝つ事しか考えておりません。セレッソ大阪も当然そう思っていると思います。決勝一発勝負はやはり難しい場面も多いと思います。ゲーム内容も観ている側からするとあまり面白くないかもしれません。

決勝戦は内容どうこうより勝ちに拘るゲームプランになりがちですので大量得点や打ち合いになる事はあまりないとは思いますが、我々サポーターの気持ちはどんなゲーム内容でも構わないので勝ち拘って欲しいと思います。

さぁ行こうぜ川崎!!いざ埼玉スタジアムへ!!

【スポンサーリンク】