読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

オーバーブッキングは何故起こるのか?騒動になっているユナイテッド航空について

こんにちは、シンガポールの出入国が多過ぎて税関に止められるダメリーマンです。自分でも何回出入国したか覚えてませんが、決して怪しい者ではありません。ホントに。さて今朝方のニュースでユナイテッド航空がトレンドとして上がってきましたね。今回のニュースはユナイテッド航空がオーバーブッキングを捌く為に取った行動が火種となりCEOまでコメントを出す事態まで発展し、騒ぎは広がっております。そもそもオーバーブッキングってなんなのさ?

f:id:ichirokkets:20170411234452j:plain

オーバーブッキング

これ何処の航空会社でも平気でやってます。日本のJAL,ANAでもやってますオーバーブッキング。提供座席数よりも多く予約を引き受ける事を航空業界でもオーバーブッキングと呼びます。大体どの便でも過去のデータを分析してキャンセルが出る事を見越して座席数よりも多めに予約を入れちゃってます。これ法律的にも禁止されておりません。キャンセルが出て席が埋まらなかった為のリスクヘッジみたいな物ですかね。空気だけ運ぶのも勿体ないですし、出来れば満席で飛ばしたいのは何処の航空会社も一緒。それでも大抵キャンセルが出て上手く座席の調整が出来てしまうんですね。

それでも上手く座席を調整出来なかった場合

今回のユナイテッド航空の件ではキャンセルされた方が少なく実際に当日座席が足りなくなる事態が発生。実はこれも良くある話なのです。こうなってしまう事も予め航空会社は予測しています。良く搭乗口でこんなアナウンス聞いた事ありませんか?「この便は満席の為、現在この便から後の便へ変更して頂けるお客様をお探ししております。変更して頂いたお客様にはこの後の便の手配と謝礼として●万円ご用意させて頂きます。」日本の空港でも良く聞くアナウンスです。逆にこのような事態を予測して待ってました!ハイ!ハイ!みたいな人もいるとかいないとか?このような形で各社オーバーブッキングを捌いております。これで特に問題になったケースは日本ではあまり聞いた事がありません。

今回のユナイテッド航空のケース

ネット上では様々な情報が交錯しており何が事実なのか分かりずらい部分もありますが、今回の炎上騒ぎは力ずくで無理矢理乗客を降ろした事にスポットが当たっており、これだけ見てもとんでもない事ですよね。当然オーバーブッキングが発生した際に、恐らくですが●ドルで便の変更などのアナウンスもされていたと思います。それでも席が調整出来ないと最終的にこうなってしまうのか!?みたいな印象をユナイテッド航空は世界に与えてしまっています。こうなる前にもっと出来る事は無かったのでしょうか?交渉金額を上げるだけでも名乗りを上げてくる乗客もいるとは思います。オーバーブッキングで座席が足りなくなる事態は飽くまでも航空会社の責任として多少の赤字でも交渉金額を上げて穏便に済ませ安全に運航する事が責務だと私見では思います。

乗客の言動と行動

ネットに上がっている映像を確認した限りだと、無理矢理降ろされた乗客の言動や行動に少し違和感があります。実際現場に居合わしたわけでもないので、推測にもなるのですがパニックを起こされているようにも思えます。そうのような場合のマニュアルはあるのかどうかは知りませんが、ちゃんと適切に対応をしていればここまで大きな騒ぎにはならなかったと思います。前にこんなニュースもありました。タイガーエア函館発ー台北行きの機内でパニックを起こされた乗客に対して機長含めキャビンクルーの適切な対応に乗客が感動して機内は拍手喝采になるというニュースが上がってました。航空会社の対応一つでこうも変わってくるので、現場での対応能力が問われます。

まとめ

今回のニュースで感じた事は、公共で何かハプニングが起きた場合に誰かしらが録画をしている事に少々怖さを感じます。特に海外では何かあると直ぐにスマホなどで録画している場面をテレビやニュースでよく確認出来ます。事実を伝える事も大切だと思いますが、やっぱり何か違和感が残るダメリーマンでした。

 

【スポンサーリンク】