読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

シンガポール普通観光客が行かない見どころ

こんにちは、先日のフライトでお目当てにしていた機内免税品を購入出来なくてちょっと落ち込んでいたダメリーマンです。そして今週は絶対に購入するんだもんね!と鼻息荒く搭乗する予定です。今回の作戦はシートポケットにある免税品注文シートを書いてCAさんに手渡す予定です。WEBからでも事前に予約出来るサービスもあるそうですが、やっぱり機内で注文したいんですね。さてさて今回は観光客があまり行きそうもないシンガポールの魅力あるスポットを紹介したいと思います。

シンガポールで有名なスポット

ここ数年で大きな観光地として変貌を遂げ注目されているシンガポール。ひと昔前までは今ほどの人気もなく、ちょっと微妙でした。近年ではF1も開催され、世界的にも知名度を上げて来ているシンガポール。定番スポットはガイドブックを見れば一目瞭然でマリーナベイサンズ、ナイトサファリ、チャイナタウン、リトルインディア、ユニバーサルスタジオと様々な見どころの詰まった観光大国です。そんな定番スポットとは別にあまりガイドブックなどには掲載されていない隠れ家的なスポットを一部ご紹介します。ぶっちゃけ全然隠れてませんけど・・・。(笑)

クランジファームリゾート

シンガポール西の果てのクランジにある「クランジファームリゾート」はファームと言うだけあって自然豊かな場所に存在します。ここでは牧場や農園・釣り堀と一日で全て見て体験するには時間が足りないので、何日かに分けると良いかもしれません。リゾート内にホテルもございますので、こちらを利用するのもアリですね。農園体験や牧場での餌ヤリなど子供がいる家族連れにはもって来いの場所だと思います。そもそもシンガポール観光にここまで求めている人は殆どいないと思います。都会の喧騒から離れ地元の人達やシンガポール在住者が訪れる憩いの場なのかもしれません。

クランジファームリゾート公式ホームページ:Kranji Countryside

アクセス

出来れば車で移動したところですが、クランジ駅より送迎バスも出ております。主要場所をループしているバスでチケットは1日券で3SGDです。

f:id:ichirokkets:20170423153342j:plain

このチケットで一日に何度乗り降りしても大丈夫です。紙切れのチケットですので無くさないようにしましょう。仮に無くなっても3SGDです。(日本円で約260円)ループバスは1時間~1時間30分おきにクランジ駅より出ております。バスの時刻表を調べてからアクセスする事をお勧めします。1本乗り遅れると全てのスケジュールが台無しになる可能性もございますので注意して下さい。

※(クランジ駅までは赤いノースサウス線のオーチャード駅から約40分。)

クランジエクスプレスバスの時刻表はこちらからPDFでダウンロード出来ます。

kranjicountryside.com

f:id:ichirokkets:20170423153426j:plain

おススメしたいスポット

クランジファームリゾート内にJurong Frog Farmという場所があります。フロッグファームと言う事は、そうここは蛙の養殖所です。

f:id:ichirokkets:20170423153453j:plain

蛙がところ狭しと水槽にいる風景は見ていてあまり気持ちが良いものとは言い難いです。この蛙にエサを上げたり、蛙を捕まえるアトラクション?もございますので、是非ともチャレンジしてみて下さい。また、捕まえた蛙をその場で調理もしてくれます。基本、唐揚げのメニューになりますので調理後は蛙と思わなければ食べれると思います。

f:id:ichirokkets:20170423153539j:plain

f:id:ichirokkets:20170423153600j:plain

※蛙が嫌いな方はご遠慮下さい。

フロッグファームの公式ホームページ:Jurong Frog Farm

まとめ

シティ観光なシンガポールにはまだまだ色々なスポットが存在します。シティ観光に飽きてしまった方や、ちょっと人とは違った旅行や観光がしたい方にはお勧めの場所だと思います。今回紹介したクランジファームリゾートの他にも面白い場所を今後も小出しに紹介して行きたいと思います。

【スポンサーリンク】