不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

UberEats【ウーバーイーツ】で毎日ランチを楽しめる

こんにちは、ダイエット中でもありながらそれなりに食べる物は食べているダメリーマンです。

最近嵌っているのがUberEats(ウーバーイーツ)で飲食のデリバリーを行ってくれるサービスです。まだ配達可能エリアは限定的ですが徐々に範囲を広げてきておりますので、あなたの街にも近い内にUberEatsでデリバリーをお願い出来る日が来るかもしれません。

今回は、そんなUberEatsを連日にように注文しているダメリーマンが利用するにあたってのメリット・デメリットを個人的見解で説明して行きたいと思います。

※2019/8/15更新:都内でコスパの良いおススメのお店「バーミヤン」を追加

Uber Eats配達可能エリアと飲食店

まず利用するにあたってどのようなお店が登録されているのか気になりますよね。

UberEatsと契約している飲食店は公式サイトや公式アプリで店舗の確認は出来ますが、普通に良くあるお店から注文を入れる事が出来ます。

例えばマクドナルドや吉野家、ファミレスのガストやカレー専門店などなど数多くの飲食店が登録されており、カフェ系からパン屋さんやスイーツ系まで幅広く取り扱っております。

そして一番重要なのが配達エリアですよね。自分の場所が配達エリア外だと注文すら入れられませんので確認しておきましょう。

・東京23区内
・横浜
・名古屋
・京都
・大阪
・神戸
・福岡

現在上記の地域で配達可能エリアとなっておりますが、場所によっては配達エリア外の地域もございますので公式サイトから自分がいる場所から注文が出来るか確認してみて下さい。

今後順次配達エリアが拡大してく予定で先月の7月30日より西東京エリアと埼玉県川口市一部と兵庫県尼崎市一部地域でサービスが開始されました。

そして今月の8月6日(火)より八王子市・町田市の一部地域と千葉県千葉市・習志野市・浦安市でサービスが開始されます。

UberEatsのメリット

営業時間内であればいつでもPCやスマホで簡単に注文をする事が出来ます。一般的なデリバリーは合計金額いくら以上から配達可能となっておりますが、UberEatsに関しましてはお店のメニュー1品から配達が可能です。

例えばマクドナルドのホットアップルパイを1個から注文を入れる事が出来ます。なので今日のお昼はケンタッキーが食べたいけど大阪王将の餃子も食べたい、そしてデザートにマクドナルドのホットアップルパイが食べたい場合は3店舗に注文を出して配達されるのを待つのみとなります。

でもこんな注文の仕方ではデリバリースタッフさんの儲けが無いように見えますが、商品代金とは別にデリバリー料金が設定されておりますので心配ご無用なのです。

このデリバリー料は日や時間帯、天候によって変動しますので安い時は1回390円~の時もあれば遠方からの配達や天候などによって1回1,000円を超えるデリバリー料金の時もございますので条件によっては高い設定の時もございます。

このように消費者が変動型のデリバリー料金を支払う事により、店舗・UberEats・消費者の三者が納得した時にビジネスが成立するwin-win-winの関係となります

UberEatsのデメリット

基本的にデメリットは変動型のデリバリー料金で場合によっては注文した商品よりもデリバリー料が高くなる事もございます。ましては3カ所からデリバリーを注文した場合は3カ所分のデリバリー料金を支払う為、それなりの出費にもなります。

まぁこのあたりは個人の価値観もございますので、手が離せない時や外に出るのが億劫だったりと、時間と労力ををお金で買うという考え方であればそれはそれでアリだと個人的には思います。

ただあまりUberEatsを使い過ぎるとダメ人間になりそな気がして少し控えた方が良いかな?とちょっとした罪悪感にかられる事もございます。

そこでデリバリー料無料のキャンペーン

UberEatsを定期的に利用していると期間内限定で全店舗デリバリー料無料のクーポンが進呈される事がございます。

このデリバリー料無料クーポンでUberEatsを2回利用すると更に無料期間が延長されるという無限ループ状態に突入し、連日のようにUberEatsで注文してしまうという中毒症状に陥ってしまいますのでお気をつけ下さい。(笑)

このキャンペーンは予告なく終了する可能性もございますのでご注意下さい。

ちなみに店舗によってはデリバリー料無料キャンペーンを店舗毎に開催している時もございます。

例えばスターバックスコーヒーは朝限定のデリバリーは現在無料となっております。そしてスタバのデリバリー料無料キャンペーンで2回注文すると、期間内限定のデリバリー料無料クーポンが進呈されると思いますので、これでUberEatsの虜になってみて下さい。(笑)

都内でコスパの良いおススメのお店

折角なので都内でコスパの良いお店とメニューを順次紹介して行きたいと思います。

最近特にハマっているお店は皆さんもご存知の中華ファミレス「バーミヤン」です。ここのサイドメニューの「唐揚げ3個入り」をここ一週間に3回注文するというぐらい好んで食べております。料金は税込み210円なのでコスパは良いです。期間中何度でもデリバリー料無料クポーン適用されていれば唐揚げだけ注文しても210円で済みますのでおススメです。

f:id:ichirokkets:20190815231941j:plain

UberEatsの楽しみ方

デリバリー料無料クーポンを手に入れたら好きな物を注文してみましょう。ちなみに私は先日、レイスケバブというお店のケバブサンドとマクドナルドのハンバーガーとケンタッキーのオリジナルチキンを注文しました。

f:id:ichirokkets:20190804234822j:plain

f:id:ichirokkets:20190804234851j:plain

内訳は・・・

レイスケバブ:ケバブサンド×1 450円(店頭価格300円)

マクドナルド:ハンバーガー×1 120円(店頭価格100円)

ケンタッキー:オリジナルチキン×1 250円(店頭価格と同じ)

デリバリー料:期間内何度でも無料クーポン

合計820円で3つの味を堪能出来ましたので非常に満足でした。

店頭で購入するよりも若干割高ではございますが、デリバリーして頂けるのでこのぐらいの価格差は全然問題ですね。

その前は、デニーズの和風ハンバーグに大戸屋のご飯大盛、マクドナルドのホットアップルパイを注文してみたりと、色んなお店でコラボしております。

最近食べた中でおススメなのが大阪王将の餃子6個入りとバーミヤンの唐揚げ3個入りです。大阪王将の餃子は店舗によって価格が異なり一番最安値が飯田橋店の300円です。バーミヤンの唐揚げ3個入りは210円でした。

まとめ

初めはデリバリー料がそれなりに高くて注文を躊躇してしまう事もあるかと思いますが、UberEatsのキャンペーンを上手く活用する事により便利に利用する事が出来ます。

PC画面、スマホアプリのマイページから下記のプロモーションコードを入力すると、初めて利用する方に1,000円分のクーポンが進呈されますのでお試しで利用する事も出来ますので気になる方は登録してみて下さい。

プロモーションコード:Eats-ichiroh7ue

【スポンサーリンク】