不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

尿酸値が気になるランナーへ

こんにちは、今朝のNHKニュースの天気予報はいつもの平井さんではない方が担当しておりました。という事は恐らく平井さんは夏休みに入り、今週末の富士登山競走に出場する為の調整に入ったと勝手に思っているダメリーマンです。

今年もいよいよ日本一の山岳レースがやってまいりました。去年は富士山頂の天候が不安定だった為、レースは五合目で打ち切りとなってしまい悔しい思いをされた方も多いはず。今年は今の所、天気も大きく崩れる事はなさそうですが山の天気は不安定ですので、後は運に任せるしかありません。

参加される方は死に物狂いで山頂を目指して無事完走出来る事を願います。ん?私?あ、ダメリーマンは今年も参加しません。既に前回完走してから参加していない為、五合目コースからやり直さないと行けないので、当分は出場する予定はないかと思います。それよりもまずはマラソンでサブスリーとウルトラでサブ10を成し遂げて「グランドスラム」を達成したいと思います。

グランドスラムとは・・・?

  • フルマラソン 3時間以内の完走
  • ウルトラマラソン 10時間以内の完走
  • 富士登山競走 山頂コース完走

この三種目を達成出来ると巷では「グランドスラム」と言われております。ダメリーマンはまだ富士登山競走しか完走しておりませんので、残り二種目を達成する必要があります。今の所フルマラソンのサブスリーを目標に日々練習に励んでおります。

さて今回もダラダラとなが~い前置きでしたが、今日は尿酸値についてお話し致します。

尿酸値が気になる

加齢と共に健康診断などで気になる数値の一つが尿酸値です。特に我々ランナーの中でも比較的尿酸値が高い人も多いかと思います。

健康診断の基準では成人男性は7.0以下の数値であれば許容範囲内であり、特にお咎めはないのですが7.0以上の数値を記録してしまった方は痛風予備軍として医療機関よりご指摘があります。7.0以上だからと言って直ぐに痛風が発症する訳でもなく、7.0以上の数値が何年も続くと身体の中で溶かし切れなかった尿酸結晶が関節に付着してそれが剥がれ落ちた時に激痛が走るのです。

尿酸値が上昇する理由

これには様々な要因があり特に現代社会における生活スタイルが尿酸値を上昇させるリスクを引き起こしている可能性は大きくございます。その理由を幾つか上げてみたいと思います。

 

  • 日常生活でのストレス
  • 運動不足
  • 暴飲暴食
  • 激しい運動
  • プリン体の多く含む食品やアルコールの摂取
  • 遺伝

この中でランナーが気にしなければならない「激しい運動」です。これは特に無酸素運動などでスピード走など息がゼェハァゼェハァする事により一時的に尿酸が上昇する事が一つ考えられます。ただこのような練習はランナーで当たり前のように行う練習なので、中々コントロールする事が難しいのが現状です。

また筋肉トレーニングなどでも尿酸値が上がり易い状態となりますので注意が必要です。

 

どうすればいいの?

良く言われているのが・・・

 

  • 一日2リットル以上の水を飲む
  • プリン体の多く含む食品・アルコールは飲まない
  • 適度な運動を心がける
  • ストレスを溜め込まない
  • 暴飲暴食はしない

これらの事に注意をしながら生活するればある程度尿酸値を下げることが出来るらしいのですが、現代の世の中で全てを実行するのは難しいですし、実際尿酸値の高いダメリーマンは上記の事柄を全て実行しましたが全く検査結果が変わらないという事でやはり遺伝の力には勝てないと思い少し挫折しました。

 

実はダメリーマンも尿酸値が高い方で色々と悩んだ時期もありました。アルコールは嗜む程度で食生活も特に偏りがある方ではないと思っております。そんなある日実家に帰った時「尿酸値が高いんだよねぇ」なんて事をポロっと言ったら「だって家の家系は皆高いから遺伝だよ」と言われて口ぽかーん状態になりました。

なので遺伝で高くない人は、ある程度努力すれば尿酸値は下がると思います。痛風は発症してしまうと完治は難しいと言われている病気でもありますので痛風が発症する前に何とかしておきたいですね。

そこで救世主の登場です。

尿酸値の高い人への救世主

明治から販売されているヨーグルトPA3は尿酸値の高い人にお勧めのヨーグルトです。これを毎日飲んだからと言って直ぐに結果が出る訳ではございませんが、ダメリーマンが試した結果、7.8だった尿酸値が基準値内の6.8まで下がりました。これは奇跡としか言いようがありません。大体飲んだ期間が三ヶ月ぐらいですが、毎日定期的に飲んだわけでもありません。凡そ週に3~4個ぐらいです。これには個人差もありますので、人によっては0.5下がる人もいれば1.0下がる人もいますし、変化がない人もいると思います。

メーカー的にも「尿酸値が下がります」とは直接的に言えない事情もありますので商品の知名度も薄いかもしれませんが効果はある程度期待出来る商品だと思います。

ランナーが注意をする事

これはランナーである以上永遠の課題となるわけですが、尿酸値の高いランナーは上手く付き合っていくしかありません。

以前内科の先生と相談させて頂いたのですが、やはり激しい運動や暑い時期の運動では沢山汗をかくので、小まめに水分補給をする事だそうです。成るべく身体の中の水分量を多い状態に保っておいておけば、血液中の尿酸も薄くなりますので結晶が出来にくい状態になります。また尿意がある場合はトイレに行くようにして身体の中の尿酸を外に排出するように心がけましょう。

練習後はたっぷり水分を取るようにしてサラサラ血液の状態にしておく事がポイントです。

PA3ヨーグルトと併用して水分補給を心がける事によって今では尿酸値も安定しており、日々充実した練習が出来ております。

まとめ

痛風と聞くと昔は贅沢病と言われていた時期もありましたが、決して贅沢病と言えるものではなく、実は食品から摂取するプリン体は微々たるものだそうです。どんな食品にもプリン体は存在しており、良く言われているのが魚卵や干物などの食品に多く含まれております。これらの食品を晩御飯のおかずに食べたからといって急激に尿酸が上がるわけではないらしいのですが、成るべく控える程度に思っておけば良いと思います。

※PA3ヨーグルトを飲んからと言って確実に尿酸値が下がるとは限りませんのでご了承下さい。また確実に尿酸値を下げたい方は病院から処方される薬を飲む事で一気に正常値まで下げる事が出来ます。

【スポンサーリンク】