読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

ロイヤルブルネイ航空に乗ってみた

こんにちは、週末の雨意外と悪くないと思っているダメリーマンです。季節の変わり目、天候不安定上等です。まぁこんな日は家でコツコツとブログの更新に限るですよね。8日ぶりの休日という事で起床に時間が掛かりましたが、今日という一日を満喫しております。

さて今回は去年ブルネイダルサラームというバブリーな国に行った時に利用した「ロイヤルブルネイ航空」についてお話ししたいと思います。普通の飛行機とは一風変わった雰囲気を十分に楽しんできました。

ブルネイダルサラーム

ブルネイはASEAN加盟国でもあり、アジアではシンガポールに次いで国民総所得が高い国でもあります。そうなんです、我々日本よりも国民の総所得が高いのです。もう誰しもオッケーバブリー状態なのです。(←言い過ぎ)大体平均しての数値なので、やはり多少の格差はあります。殆どの家庭では大きな家に住んでおり車は2台所有している家庭が多いですね。

f:id:ichirokkets:20170513131008j:plain

何故バブリー?そうなんです何故?ってなりますよね。ブルネイは天然資源が多く、天然ガスや石油が多く採掘されているのです。日本も沢山輸入しております。

そんなASEANでも比較的?かなり?目立たない国のフラッグキャリア「ロイヤルブルネイ航空」に乗る事になったダメリーマンの搭乗記にお付き合い下さい。

ブルネイダルサラーム旅行記は気が向いたら記事にしたいと思います。

ロイヤルブルネイ航空

首都バンダルスリブガワンを拠点として世界15都市を結ぶ路線で運航しております。残念ながら日本からの直行便はなく、アジア主要空港でのトランジットにてアクセスする事になります。去年より香港航空の成田発着便でのコードシェアが始まっており、香港経由になりますがロイヤルブルネイ航空のコードで行く事が可能となりました。大抵はシンガポールやバンコク経由で行かれる方も多いかと思います。

f:id:ichirokkets:20170513131050j:plain

ダメリーマンは、シンガポールから移動したのですが時間は大体2時間ぐらいで到着します。シンガポールとの時差はありません。日本との時差はー1時間です。

機材はA-320で小型の機材を使用しておりますが座席はLCCみたいに狭くはなく、いたって普通の座席です。搭乗中は何やら愉快な音楽が流れており、飛行機に入った瞬間別世界に連れて来られたかのようなワクワクする気持ちにさせてくれます。(←大袈裟かもしれません)ブルネイもイスラム圏の国でありますから女性キャビンクルーもヒジャブ(スカーフ)を身に纏っており、男性クルーも制服から紳士的オーラを醸し出しております。言語は英語で問題ありません。

f:id:ichirokkets:20170513131134j:plain

f:id:ichirokkets:20170513131155j:plain

飛行機の離陸前は、毎回お祈りの言葉が流れます。特に日本人がどうする事も出来ませんが、フライトの無事を祈れば良いかと思います。

f:id:ichirokkets:20170513131230j:plain

機内食はエコノミークラスでしたが、美味しく頂く事が出来ました。フライト時間が二時間と短い時間ですが十分に堪能出来ました。

帰りの便は、ブルネイからバンコクに移動して日本に帰国しました。

まとめ

ブルネイは日本人にとって馴染みの薄い国でもありますが、実は天然資源などの輸入も多くしており、古い歴史においても繋がりが深い国でもあります。太平洋戦争の話はあまりしたくはありませんが、当時はブルネイ県とまで言われていた時期もありました。その時に担当してた日本人はブルネイの開発に大きく貢献し、地元民からも信頼されており、今のブルネイがあるのは当時の日本人のお陰様ですとも言われております。

首都バンダルスリブガワンは人口約12万人の都市で所得税などの税金がは一切かかりません。人々も優しく大らかで温かみがあります。現代の日本社会のギスギスした感じとは無縁の世界観のあるブルネイダルサラーム。是非機会があれば一度覗いてみて下さい。

【スポンサーリンク】