不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

シューズ インプレッションランキング

こんにちは、前回無類のマック好きをアピールしたダメリーマンですが、最近ではジョリビーを食べている頻度の方が高いんじゃないかと思うこの頃。ジョリビーって何ぞや?と思われる方もいらっしゃると思いますので、軽く説明しておきます。(今度詳しく記事書きます)ジョリビーとは(Jollibee)東南アジアでファストフードとして店舗を展開しているフィリピンの会社です。フィリピン国民にこよなく愛されている国民的ファストフードです。ちなみにフィリピン国内ではマクドナルドよりもジョリビーの方が店舗数も多く、他のファストフードを寄せ付けない程の人気の高さです。ジョリビーの話をしだしたら止まらなくなるので、この辺にしておきます。さてさて今回は現在現役で使用しているシューズのインプレッションをランキング形式で紹介します。

第一位 アシックス ターサージール4

f:id:ichirokkets:20170408220003j:plain

以前にも記事で書きましたが、ターサージールは文句なしの第一位です。少し大袈裟かもしれませんが履くだけでタイムが上がります。軽く走ってみるだけでも、シューズの軽さを体感でき、軽快に走る事が出来ます。マラソンの後半でスピードが落ちてくるポイントでも強引に引っ張って行ってくれる感じが気に入ってます。デメリットはソールが薄いので使い方を間違えると怪我の原因にもなります。また寿命も早く一般的には200km前後と言われておりますが、個人的には400km以上は行ける気がします。寿命がきたターサーの使い道として富士登山競走用として使うのもアリです。当然その日限りでご臨終です。

第二位 メレル ベアアクセス3

f:id:ichirokkets:20170408220038j:plain

いち早くフォアフットシューズを販売しているメーカーのメレル。踵のクッション性は無いものの爪先着地を目的としたシューズです。練習の時のメインシューズではございますが、本番レースでも高いポテンシャルを発揮してくれます。ターサージールと比べても劣らない程のシューズだと個人的には思います。デメリットとしては、身体に馴染むまでに1年ぐらい掛かりますので、気長に練習で使って行ける方にはオススメのシューズです。何れはターサージールを超えるシューズになるのではないかと思っております。

第三位 ミズノ

f:id:ichirokkets:20170408220108j:plain

こちらも普段の練習履きのシューズです。ワイド(足の幅)が広い為、ゆとり感があります。疲労が蓄積している時などの疲労抜き練習の時に良く履いております。またウルトラマラソン用のシューズとしても使用しております。踵のクッション性が高く長距離に適した設計となっております。このシューズで小江戸大江戸203Kを二年連続で完走している相棒とも言えるシューズです。ダメリーマンはウルトラ用や練習用のシューズとして使用しておりますが、このモデルはフルマラソンを5時間前後で完走するランナー向けのシューズです。デメリットはスプリントレースやスピード向きではない事ぐらいで、トータルバランスを考えて設計されています。

第四位 ???

f:id:ichirokkets:20170408220128j:plain

もうこれなしでは生きられない?企業戦士の味方とも言える一足です。上記に上げたシューズよりも履いている時間から歩行距離まで全てを凌駕しております。デメリットを上げると切りがありませんが、靴の裏の滑り止めは微妙で雨の日に大理石っぽい床を歩く時は要注意です。この靴で走ると確実に怪我します。そして壊れます。新品おろしたての時は必ずと言っていい程、靴擦れします。唯一のメリットはスーツに合う事ぐらいと、結構稼いでくれてます。

まとめ

数年このランキングで落ち着いており暫くは揺るがないと思います。様々なシチュエーションで使うシューズを選び怪我なく過ごす事を目指して行きたいものですが、現在軽く治療中です。練習やレースではなくサッカーの応援で怪我したなんて本と情けない限りです。お陰で普段やらない体幹トレーニングが出来ておりますので、まぁ気長にやって行きたいと思います。

【スポンサーリンク】