読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

GPSウォッチ

こんにちは、皆様のはてなブログを拝見させて頂きながら他の人よりも多くのスターを付ける事をモットーとしている迷惑なダメリーマンです。はてなスターを付け過ぎて本とにすみません。カラースターとかイマイチ分かってない部分もあるので、今度勉強したいと思います。はてなスターの話はこの辺にして、今回は最近使い始めたGPSウォッチについて纏めてみました。

GPSウォッチ

今までダメリーマンはGPSウォッチたる物は使用していなかったのですが、去年からこのガーミンという商品を購入して現在使用しております。その前まではスマホアプリのランタスティックを使用していたのですが、毎回スマホを携帯しなければならない煩わしさから、ついにGPSウォッチの購入に至りました。この手の商品は様々なメーカーより販売されており、ひと昔前まではかなり高額な商品でした。ここ最近は値段も落ち着いてきており、自分も手が出せるようになったのも切っ掛けでございます。

ガーミン

ガーミンとなると若干時計のサイズが大きい感じがしますが、実際使用している時は特に気になる事もございません。この機種は様々な機能が搭載されており、めんどくさがり屋のダメリーマンは未だに使いこなす事が出来ておりません。そもそも自分が必要としている機能は、km毎のラップ・走行距離・走行マップぐらいで心拍数や細かい機能は殆ど使用していないのが現状です。

メリットしかない

ガーミンからパソコンやスマートフォンなどにデータを転送する事が出来ます。専用のソフトウェアやアプリをインストールすれば、全ての走行データを管理する事が出来ますので、これが最大のメリットになると思います。特にレース後は貴重なデータを収集する事が出来ますので、失速しているポイントや飛ばし過ぎているポイントが全てデータとして確認出来、次回のレースプランを組み立てる上でとても参考になります。これだけでも十分過ぎるメリットだと私は思います。機種によって出来る事、出来ない事がありますので自分が必要とする機能を良く確認した上で選んだ方がよろしいかと思います。当然多機能な機種は値段もそれなりに高額です。因みにダメリーマンが使用しているガーミンは、ForeAthlete235Jです。当時の価格は税込33,000円でした。

敢えてデメリット

デメリットを無理矢理上げるなら、場所によってGPSの感度が微妙な事ぐらいです。特に高層ビルに囲まれている場所や森林地帯などでは上手くGPSが拾えませんでしたが、実際データをスマートフォンに転送したら多少の誤差はありますが問題なく確認する事が出来ました。大会の時などはなるべく早めにGPSが拾えるように電源を前もって入れておくと感知し易いかと思います。因みに感度がイマイチだったポイントはシンガポールのオーチャード周辺と、香港のネイザンロード周辺でした。国内では北海道のJAL千歳ハーフの森林内が微妙な感じでした。

まとめ

ガーミンを使い出してから自分の走行ペースや弱点ポイントを的確に遠慮なく教えてくれます。日頃の練習内容の見直しであったりとか、弱点を克服する練習メニューなども考え易くなるのでとても便利なアイテムです。生活防水も対応しており雨の日の練習も可能です。バッテリーは10時間ぐらいは持ちますのでフルマラソンを走る分には十分だと思います。充電はUSBケーブルをパソコンに接続すれば自動的に始まりますので、データを転送する際と同時に充電も出来ます。 

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 235J BlackGreen 【日本正規品】 FA235J 37176K

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 235J BlackGreen 【日本正規品】 FA235J 37176K

 

 

 

【スポンサーリンク】