読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

隙間時間を練習に

こんにちは、ドミノピザLサイズを一人で平らげてしまうダメリーマンです。

今回は日頃マラソン練習する上で隙間時間や移動時間を有効的に使った練習方法を紹介したいと思います。良く巷で聞くお話は通勤ランや隙間時間での筋トレなどで、これを上手く実践されている方もいらっしゃるかと思いますが、ストイックに練習する事が出来ないダメリーマンの場合は自分の趣味とコラボレーションした練習方法です。

Jリーグアウェイ遠征とマラソン練習

例えばJリーグアウェイの試合を観戦する場合、普通に考えればその日一日はサッカーモードでマラソン練習は出来ないなぁ〜なんて思っていた時期もございましたが、最近では地図で距離を確認してスタジアムまでの移動を走って練習にしてしまおうと、ここ最近は良く走ってます。ただスタジアムまでの距離が余りにも遠い場合は電車などである程度近くまで来たら、途中駅で降りてそこから走ったりもしています。

実際に走ってアクセスしてみた

去年、ガンバ大阪戦のアウェイ遠征時には伊丹空港から市立吹田スタジアムまで走りました。地図はグーグルマップで確認しなが走れますので迷う事はありませんでした。ルートも大阪モノレール沿いを走れば、その内、万博記念公園駅に着きます。距離にして約10kmですので意外と近いですね。途中アップダウンがありますので良い練習になります。流石に帰りはサッカー応援後で疲れているのでモノレールで伊丹空港まで向かいました。体力に自信がある方は帰りも走れば往復で20kmの練習をする事が出来ます。

走ってアクセスする為に用意した物

まずは荷物を入れる為のバックパックです。着替え・応援グッズ・スマホ・財布などが入る程度の物で良いかと思います。伊丹空港のお手洗いをお借りしてランニングスタイルに変身します。持参しておくと良いアイテムはギャッツビーから販売されております「デオドラントボティーシート」を持っていると練習後の臭いも気になりません。シューズは自宅からそのまま履いて行きますので別途用意はしておりません。帰りは来た時に着用しておりました服に着替えて帰宅です。

まとめ

今後もJリーグアウェイ遠征時には、時間を有効的に活用してマラソンの練習に企てたいと思っております。このような形で趣味と趣味をコラボレーションする事により、時間を一石二鳥で使える練習方法はお得ですね。ただ荷物が若干多くなりますので、もう少しスマートに走れる方法を編み出して行ければと思います。

【スポンサーリンク】