不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

ランニングソックス

こんにちは、新しいノートパソコンが届き早速ブログ記事を更新するダメリーマンです。これでiPhone6で記事を書く事が無くなるわけではなく、自宅で仕上げ作業やサイトのカスタマイズを考えております。やはり通勤時間のスキマ時間を利用して今まで通りチマチマと記事を書いて行くつもりです。

さて今回は「ランニングソックス」について何となく思っている事を記事にしようかと思います。

ランニングソックス

走り始めた頃はあまり深く考えた事がなかったランニングソックスも走る距離が長くなるにつれ、徐々に拘りが出てきました。どんなソックスでも擦れて穴が開く事が多く、酷い時にはフルマラソン1本走ると穴が開く時期もございました。始めの内は穴が開いたら即交換していたのですが、皆様もご存じの通り1足辺りの値段って意外と高いんですよね。なので最近では穴が多少開こうとも普通に使用しております。こちらが現在使用しているランニングソックスです。

f:id:ichirokkets:20170223191429j:plain

使い始めてから既に一年以上は経過しており、フルマラソンに限っては8本分も一緒にお供してしてくれたソックスです。所々穴も開いておりますが靴擦れする事もなく現在普通に使えております。とは言うもののそろそろ限界も感じておりますので、新調するつもりです。

ランニングソックスの拘り

結局拘りって個人のランニングスタイルによっても全然違いますし、これが良い!と言う物も断言出来ないんですよね。今まで使ってきた中で、こんな感じの?ランニングソックスが良かった個人的な意見として聞いて頂ければと思います。

f:id:ichirokkets:20170223191554j:plain

ダメリーマンは特にメーカーに拘る事はなく、ソックスのソールの部分に滑り止めが施されている商品を好んで履いております。写真で見て頂くと分かりますが、このようなゴムっぽい感じの物が滑り止めです。ソックス全体に施されているのではなく、指先から付け根ぐらいまでの位置がお気に入りです。また出来れば左用・右用と使い方が別れていれば言う事ありません。(ソックスにL・Rと表記されてます)

ボロボロで汚いソックスですみません。これでも洗濯後です。

滑り止めの効果

以前滑り止めが付いていないソックスを使用していた時はレース後必ず足の親指の付け根に大きな水膨れが出来ておりました。また足の裏が擦れて皮が剥けて歩くのに苦労した経験がある事から、色々なアドバイスや情報収集の上このようなランニングソックスに出会う事が出来ました。今では殆ど水膨れや皮が剥ける事もなくレース後も安心して移動が出来ます。

ランニングシューズを選ぶ時って良く言われている事が、普通のシューズのサイズより1cmぐらい大きめのサイズを選びましょう的な文言って良く見かけますよね。多少余裕のあるシューズって中で足が微妙な擦れの現象により水膨れや皮が剥ける原因になるのかな?と素人なりに思った次第です。その微妙な擦れの原因を滑り止めで緩和させる事により防げているのではないかと思います。

まとめ

人によって足の裏の形は個人差もあり、今回の記事が参考になるかどうかは正直疑問にも思えますが、マラソン中の足の裏の悩みや不安の解消に繋がれば幸いです。また多少穴が開いても使えますが、少し間違えると靴擦れの原因を作ってしまう事もありますので注意したい所です。

 

 

【スポンサーリンク】