読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

3/1川崎フロンターレACLアウェイ・イースタンSC戦 チケット情報

ACLアウェイチケット情報

昨夜2月13日川崎フロンターレ公式ホームページよりAFCチャンピオンズリーグ第2節イースタンSC戦のチケット入手方法が発表になりました。今回チケット販売を取り仕切るのは、香港のチケットセンター「Ctiy Line」になりました。既にチケットは本日の日本時間午前11時より発売となっており、既にイースタンSCホーム側のチケットは完売となっております。先程確認した所、アウェイ川崎フロンターレ側はまだ発売中になっておりました。ただCity Lineが取り扱う座席数が約350枚となっておりますので、アウェイ遠征を考えている方は早めに購入した方が良さそうです。当日券の販売も行うようですが事前に完売になった場合は当日券の販売はしないそうです。ちなみに西鉄旅行さんではチケットのみの販売は行わないのでツアーではなく個人手配で参戦される方はCtiy Lineでしか購入出来ません。※西鉄旅行さんには確認済みです。

以下Ctiy Lineのホームページです。

購票通 | 票務

今回の遠征フライトプランについての過去の記事もご参考までに。

 

www.danganensei.com

チケット価格

大人180HKD  子供80HKDです。日本円で大人約2,630円子供約1,170円です。

※インターネット経由での発券手数料がプラス8HKD掛かります。

チケット購入方法

Ctiy Lineの会員にならなくてもチケットは購入出来ますが、会員登録は無料なので私は登録致しました。チケットサイトは英語か中国語になりますのでご注意下さい。英語が苦手な方は翻訳機能を使用すれば大体分かるようになってますので活用してみて下さい。Ctiy Lineのホームページにアクセスするとトップページに大きくイースタンSCのチケットリンクの写真がありますのでクリックして下さい。観戦したい試合を選ぶ項目がありますので、当然vs kawasakiの欄を選びます。チケット枚数を選びます。※同時に2枚までしか購入できません。席種はaway fan zoneを選び決済画面に進みます。チケットの受け取り方法を選ぶ項目は一つしかありませんのでデフォルトのままで構いません。決済方法はクレジットカードになりますのでカード番号を入力して再度確認の為に下の欄にも同じカード番号を入力して下さい。その下にセキュリティコードの入力する欄がございますのでカードの裏面のセキュリティコードを入力して下さい。全ての入力が確認出来たら確認ボタンを押して完了です。正常に決済が完了されていればバーコード付きのバウチャー画面になりますのでプリントアウトして下さい。同じ内容の物が数分後に登録してあるメールアドレスにCityline:Confirmation のタイトルで確認メールが届きますのでメールのTOPの部分で以下のメッセージでメールが届いていれば問題なく購入出来ております。

Thank you. Your transaction has been completed successfully.

(お客様のお取引は正常に完了致しました。有難うございます)

メールの最後にバーコードと予約確認番号などの詳細がございますので、プリントアウトして当日必ず持参して下さい。紛失してしまった場合の事も考えてスマホでのスクリーンショットを保存しておく事をお勧めします。このメールはチケットではないので、香港市内のチケットオフィスや端末が設置してある店舗などでチケットを引き換えて下さい。

チケット引き換え場所

チケット引き換え場所は香港市内のチケットオフィスや端末が設置してある店舗で引き換えが可能です。以下のサイトで確認お願い致します。サイト内の住所をコピーしてグーグルマップの検索枠にペーストすると地図上で場所の確認も出来ます。各チケットオフィスの営業時間も疎らですので確認の上行動して下さい。ちなみに香港国際空港内でも発券出来る場所がございますので、到着したその足で発券してしまうのも時間の短縮になります。

端末が設置してある場所はこちらのURLで確認が出来ます。

Cityline - Cityline UTDM Network

チケットオフィスの場所はこちらのURLで確認が出来ます。

Cityline - Location of Cityline Ticketing Outlets

最後に...

大変申し訳ない事にこの記事を書いている途中でアウェイ側の大人席が完売となってしまいました。一応英語ではシニア&スチューデントの券種はまだ残っておりますので、対象になる方は早めに確保した方が良いかもしれません。今後、何らかの形で発売される可能性もあるかもしれませんので情報が入り次第お知らせ致します。

 

※チケットの購入や航空券の手配は全て自己責任の上で行って下さい。チケット及び航空券の購入に関して如何なる損害も当サイトでは一切責任を負いませんのでご理解下さい。

更新情報2017年2月14日現在

 

【スポンサーリンク】