読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

クアラルンプールマラソン2016

スタンダードチャータードKLマラソン 

以前紹介したシンガポールマラソンのクアラルンプール版なマラソン大会です。去年は2016年8月7日(日)に開催され私も参加してきました。一昨年の大会はヘイズ(野焼きによる公害)の為前日に中止の連絡が入り無念のDNSとなり、二年越しの大会参加となりました。過去にも何度か中止や日程変更などで中々まともに走る事の出来ないクアラルンプールマラソンとしても名が知れた大会でもございます。ちなみに今年の日程は2017年5月21日(日)に開催予定です。そんな奇跡的?に走る事が出来た大会を今後参加される方の参考になればと思いレポートを綴ってまいります。

フライト

・日本航空(JAL)

※往路の機材はマレーシア航空でJALとのコードシェア便になります。

往路 8月5日(金) 成田ークアラルンプール 発21:40ー着04:00

復路 8月7日(日) クアラルンプールー成田 発22:50-着07:05

2017年の日程で検索すると料金はエコノミークラス(燃油サーチャージ込み)¥66,180になります。※2017年2月9日現在。

参考までに、このプランは仕事終わりで成田に向かい、帰りは成田着後にエクストリーム出勤します。これなら土日の休みのみで海外遠征出来るプランです。

コースレイアウト

スタート地点とゴール地点は同じダタランメルデカになります。スタート時間は朝の4時スタートですので暑さも若干和らいではおりますが、基本東南アジアの気温なので暑さ対策は確り行いましょう。コース序盤はクアラルンプール市街地を走りながらペトロナスツインタワーの近くを通り高速道路のコースへ出ます。一度高速道路に入ると後半まで永遠と高速道路のアップダウンとなり、体力的はキツイ区間にもなります。後半は多少コースにも変化が出てきますので、気持ちをリセットする事が出来ますが、日も登りだしクアラルンプールの暑さにやられている頃ですのであまり無理が出来ない状態でした。全体的には単調なコース感は否めませんので景色を楽しむ事はあまり期待はしない方が良いかと思います。

エントリー 

エントリー方法はクアラルンプールマラソン公式サイトからエントリーするか、日本事務局からもエントリーする事が出来ます。英語サイトに抵抗がある方はエントリー代が多少高くはなりますが日本事務局からのエントリーをオススメします。

大会受付 

2017年の大会はまだ受付内容が発表になっておりません。昨年は「Kenanga Wholesale City」のショッピングモール内の最上階で、一昨年は「ダタランメルデカ」でした。当日受付は恐らく今年もないと思われます。

大会当日のアクセス 

大会当日は朝が早いのでスタート地点近辺のホテルを予約すると当日は楽に移動出来ます。公共交通機関は電車が臨時ダイヤを組んでおり、マラソン参加者は無料で乗車する事も出来ます。おススメのホテルは「Pacific Express Hotel Central Market」です。スタート地点まで徒歩5分も掛からない場所の立地です。

 まとめ

スタンダードチャータードバンクがスポンサーをつとめている事もあり世界各国からランナーも集まります。サブ3.5で走れる人はエントリーの時にサブ3.5以内で申告するとAブロックのゼッケンに割り当てられますので、遠慮せずにベストタイムで申告しましょう。ちなみにAブロックの人数はかなり少なくエリート枠のランナーと差ほど変わりません。またスタート地点の誘導もAブロック優先レーンで案内して頂けますのでスタート時間を気にせず準備も出来ます。エリート枠はケニア人の選手も多く、スタート前は皆さん一緒に写真を撮るなど楽しんでました。自分はほぼ先頭ブロックに近い場所でケニア人選手に囲まれながらのスタートでしたので擬似日本代表選手みたいな気持ちの中スタートする事も出来ました。(笑)結構感動的です。当然ケニア勢には一瞬で見えなくなるスピードでちぎられてます。日本人の参加者はシンガポールに比べると少ないですが、大会運営も確り出来ておりますので安心して参加出来る大会の一つでもあります。

【スポンサーリンク】