読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

千歳JAL国際マラソン

f:id:ichirokkets:20170202081248j:plain

 第37回千歳JAL国際マラソン

今年開催される「千歳JAL国際マラソン」の案内がメールで届きました。開催日は2017年6月4日(日)です。毎年北海道千歳市で開催されているマラソン大会で、カテゴリーは、フルマラソン・ハーフマラソン・10km・3km・3km(ファミリーラン)があります。私は去年ハーフマラソンの部に参加してきました。今年の参加はまだ検討中ではありますが、5月に「ノーザンホースパークマラソン」の参加も控えておりますので、不参加になる方向性が高いと思います。今年参加される方の為に去年のレポートを覚えている限り記事にしてみたいと思います。

アクセス

アクセスは千歳市にある千歳市スポーツセンター・ダイナックス アリーナが会場になっており受付もこちらで行われております。最寄りの駅はJR線の千歳駅で新千歳空港駅より2つ目の駅で千歳駅より無料シャトルバスの運行もしております。電車は約8分でバスの乗車時間は約10分ぐらいです。

受付時間は、前日の3日(土)14時~17時。当日の4日(日)7時~8時30分になります。※10kmについては当日10時まで受付けております。

ちなみに10km参加なら弾丸エクストリームプランも可能です。

フライト

10km以外の参加者は1泊2日のプランになりますので、土曜日移動を視野に入れて頂ければと思います。北海道を観光も兼ねて行くのであれば早朝便、去年参加した私みたいに特に観光せずにマラソンだけ走る方は羽田発最終便でも良いかと思います。参考までに去年私が利用したフライトは以下の通りです。

・ANA(2016年のスケジュールです)

往路  6月4日(土)羽田ー新千歳 発20時40分 着22時15分

復路  6月5日(日)新千歳ー成田 発13時30分 着15時15分

宿泊場所

気になる宿泊場所ですが、JR千歳駅近辺にビジネスホテルもございますが去年はどこのホテルも満室で予約を取る事が出来ませんでした。そこで私が選択した宿泊先は新千歳空港内にある「新千歳空港温泉」という施設のリラックスルームに宿泊?しました。これは一種の共用休憩スペースみたいなもので、スーパー銭湯や万葉の湯みたいな施設と思ってもらえればと思います。フルフラットになるソファベットでテレビや漫画本など自由に見る事も出来ます。女性の方は女性専用ルームもございますので安心してご利用出来ます。金額はマル得セット入館料は1,500円で深夜1時以降は深夜料金プラス1,500円が掛かります。(入浴料・浴衣・バスタオル・ハブラシ・ソープ系・館内利用料すべてセットの料金です)食事するスペースやインターネットまで出来るのでとても満足する事が出来ました。当然温泉も最高でした。他の選択肢として新千歳空港内のホテルもありますが値段が高いです。

ハーフマラソンコース 

スタート時間は9時30分ですので新千歳空港駅を7時30分ぐらいの電車で向かえば十分間に合うと思います。コースの前半は新緑に囲まれた未舗装のコースを走り、後半はアスファルトになります。未舗装と言ってもデコボコして走りにくいコースではなく、固い土の上を走るイメージです。全体的にアップダウンもあり走りごたえのあるコース設定です。途中道路を横断する場所がありタイミングが悪いと一時止まる事もありますので、こちらは運次第です。6月前半時期の北海道は気候良く、とても走り易い環境です。特に新緑内の空気は抜群に美味しいので自然を堪能する事が出来ます。またスポンサーにJALが入っており、日本航空のスタッフもボランティアとしてお手伝いして頂いていたり、JALカードのブースではマイレージカードを持参するとマイルの付与もして頂けます。

まとめ

新千歳空港より近いのですが、当日の受け付け時間に間に合わない可能性がありますので1泊2日のプランにしました。多少時間に遅れても受付はしてくれるとは思いますが、やはりこの辺りはルールを守りたいものです。レース後のお土産も豊富に貰えてとても満足出来た大会でもございました。10kmのカテゴリーは朝一番の飛行機を利用すれば受付には間に合いますので、エクストリームしたい方はこちらのスケジュールをどうぞ。ANAの方が5分早いですね。

・JAL

往路 6月4日(日)羽田ー新千歳 発6時30分 着8時00分

・ANA

往路 6月4日(日)羽田ー新千歳 発6時25分 着7時55分

 

 

【スポンサーリンク】