不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

ノーザンホースパークマラソン2017

国内マラソン遠征

年に1回ぐらいは国内でも遠征したいなぁ~と思い今年は北海道苫小牧市で開催される「ノーザンホースパークマラソン2017」に参加する事にしました。

開催日は5月14日(日)です。カテゴリーは、ハーフマラソン・トレイルラン(約7km)・ペアラン(2.5km)です。ハーフマラソン+トレイルランの組み合わせも可能です。今回も弾丸遠征を考えており、ハーフマラソンのみの場合はスタート時間が11時の為、羽田から朝一番の飛行機に乗れば間に合う事が判明しました。大会当日の受付もない為、比較的参加し易い大会だと思います。

新千歳空港からのアクセス

ノーザンホースパークのアクセスは地図上で見ると一見近そうに見えますが、新千歳空港から無料の送迎バスが運行されておりますのでこちらを利用しようと思います。くれぐれも徒歩で移動しようとか思わない方が良いかと思います。特にランナーの皆様は徒歩もしくは走って行けるでしょ的な感覚を持っている方が多いので・・・。(笑)

羽田からのフライト

今回は往復ともに日本航空(JAL)を利用します。今の内チケットも予約をしておけば比較的安いチケットを手に入れる事ができます。今回のフライトはこちら。

・日本航空(JAL)

往路 5月14日(日) 羽田ー新千歳 発6:30-着8:00

復路 5月14日(日) 新千歳ー羽田 発21:00-着22:35

朝は6時30分の便なので電車やモノレールのアクセスは無理なので車で向かいたいと思います。少し予算をケチって帰りの便は若干価格の安い夜便で羽田に帰ってきます。

これで北海道遠征日帰りプランの出来上がりです。エクストリーム感は少し欠けますがまぁ良しとします。

大会エントリー

各カテゴリー毎にエントリーフィーが若干高めの設定になっておりますが、大会当日は朝から夕方まで参加者には無料のビュッフェが提供されます。

※参加者以外は¥2,500円の費用が掛かります。

エントリーは先着順で1月28日現在募集は受付けており、締切日は3月31日。

まとめ

中々遠征って日帰りで出来ないようにも思われますが、交通アクセスが良く大会内容によっては北海道でも日帰り遠征が出来ますね。過去に北海道マラソンや洞爺湖マラソンにも参加はしましたが、こちらは日帰りプランを組む事が出来ませんでした。特に参加者受付が前日のみの大会の場合は確実に前日入りする必要がある為です。今後も弾丸日帰り遠征が出来るマラソン大会を見つけてはエントリーして、このブログでも紹介して行きたいと思います。

 

【スポンサーリンク】