読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不真面目なダメリーマンの弾丸旅行計画

国内外問わずスポーツ観戦からマラソン大会まで縦横無尽に世界を駆け回るエクストリームなブログ

【スポンサーリンク】
MENU

ACL広州恒大アウェイ遠征シュミレーション

ACLグループステージ第3節 アウェイ

今年も早いもので20日が経過しようとしております。我らの川崎フロンターレは宮崎県綾町にてキャンプに入っております。中にはキャンプを見に行かれている方も多いとは思いますが、そろそろJリーグ禁断症状が出てきている方もいらっしゃると思います。そんな私も最近禁断症状が出てきており、プレステ3のウイニングイレブンをプレイする事により少し抑えられている気もします。

そんな事はさておきこのリーグオフ期間に我々のやるべき事というのは、今シーズンの計画です。Jリーグのスケジュールを今か今かと待ち望んでも恐らく今月末の発表だと思います。国内アウェイ遠征はリーグ予定が発表になってからでも遅くはないので、まずは現在日程と対戦相手が決まっている2017アジアチャンピオンズリーググループステージのアウェイ遠征シミュレーションをしてみます。

広州までどうやって行くの?

まずは広州までのアクセスについてお話します。色んなアクセス方法がございますが、当然ながら飛行機でのアクセスが一番早いし楽チンだと思います。後でフライトチケットの件はお話し致しますので、まずは広州白雲国際空港からスタジアムまでのアクセスです。今回は一番簡単であろう鉄道でのアクセスでご案内致します。空港から広州地下鉄3号線に乗り12駅目の林和西駅(乗車時間約30分)で下車しスタジアムまでは徒歩5分程。スタジアムはまだ発表になっておりませんが恐らく「天河体育中心体育場」

と予測してシミュレーションしております。

飛行機は何がいいの?

広州白雲空港までは、日本航空・全日空・中国東方航空・中国南方航空・中国国際航空・深セン航空・澳門航空がございます。それぞれダイヤが違いますので、一番良さそうなフライトでシミュレーションして見ます。

・全日空

往路 3月14日(火)羽田ー広州 9:25発 13:50着

復路 3月15日(水)広州ー羽田 15:05発 20:00着 

2017年1月19日現在のエコノミークラスの価格

¥66,960(燃油サーチャージ込み)

・日本航空

往路 3月14日(火)羽田ー広州 8:50発 13:05着

復路 3月15日(水)広州ー羽田 14:35発 19:30着

2017年1月19日現在のエコノミークラスの価格

¥98,660(燃油サーチャージ込み)

今回は1泊2日のプランで組んでいる為、価格が高額になっておりますがそれでもANAの価格は意外にもお手頃感がございます。2泊3日プランでシミュレーションすると以下の通りです。

・全日空

往路 3月14日(火)羽田ー広州 9:25発 13:50着

復路 3月16日(木)広州ー羽田 15:05発 20:00着 

2017年1月19日現在のエコノミークラスの価格

¥54,960(燃油サーチャージ込み)

・日本航空

往路 3月14日(火)羽田ー広州 8:50発 13:05着

復路 3月16日(木)広州ー羽田 14:35発 19:30着

2017年1月19日現在のエコノミークラスの価格

¥54,660(燃油サーチャージ込み)

※往路約5時間 復路約4時間 日本との時差は-1時間です。

 

全日空では14日出発便の安価なチケットが残り少なくなっておりますので、暫くすると価格が若干値上がる事も予測されます。

休暇を取れる方は2泊3日のプランで組む方がお得だと思います。その代わりホテル代が1泊分追加になるので、どちらが良いかは考え方次第だと思います。

何分まだキックオフの時間帯や詳細が分からないので、今からチケットを押さえるのも多少のリスクが生じますのであくまでも参考程度に考えて頂ければと思います。

また日本航空・全日空共に2月発券分より燃油サーチャージが加算されます。

川崎フロンターレ公式発表を待つべし

ここまで記事をアップしときながら言うのも何ですが広州恒大戦に関しては川崎フロンターレの公式発表を待ってから手配されるのが懸命かと思います。チケットの販売方法や当日のアクセスなど規制が非常に厳しい状況です。基本グループ団体行動でしか動けない事が予測されます。過去のFC東京・セレッソ大阪などのサイトで調べてみると、近場のホテルに集合してチケットはそこで当日販売。スタジアムまでは全員揃ってからバスで移動。試合終了後も団体でバスに乗りホテルで解散みたいな段取りです。なので当日スタジアムまでふらっと行って一人で入場する事が出来ないそうです。恐らく今年もそのような形になるかと思いますので、公式HPでの発表があり次第リライトしたいと思います。ここまで来るとツアーがいいんじゃない?みたいな流れになりそうですね。

ただ現地集合(ホテル)現地解散(ホテル)が出来るプランもあるかもしれません。

まとめ

アウェイ遠征場所によって様々なルールがございますので、我々日本の代表として確りルールを守り観戦したい物です。国際試合にもなると何か起これば良いニュース悪いニュースは全世界に即発信されます。良いニュースが発信されるとクラブ価値も大きく上がりますので、いちサポーターとしての心構えを持って参戦したいものです。

今後、第2節 イースタンSC戦 第5節 水原三星戦の情報に関しましても随時更新して参ります。香港も水原も何度か行った事のある土地なので、その辺りの情報も発信出来ればと思います。

【スポンサーリンク】